スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月30日〜31日鑑賞記録

頭痛がひどくまたも更新できず。
簡単に先週末に見に行った展覧会のみ記録。

広島市現代美術館「ふぞろいなハーモニー」
台湾のチェ・ジョンファ作の2010年映像『西方公司』70分の長編が印象深い。モノクロで戦後台湾とCIAが立ち上げた『西方公司』をめぐる映像。フィクションとノンフィクションの境界上にある作品。本展は戦前戦後を扱うテーマの作品がほとんどでとにかく重かった。映像作品多く疲れた。

和歌山県立近代美術館「村井正誠」展
初期から晩年まで個人蔵と館蔵品による油彩と版画作品を紹介。図録はないが、出展作品画像を掲載した小冊子を無料で配布。これまで見て来たのが戦後作品ばかりであり、戦後は戦前ほとんど使用していなかった黒を主体とした作品に変化。戦中作品は出展されていないが、過去の図録を見ると戦中とは思えない《花》など明るい色調の穏やかな作品を描いている事に驚いた。抽象化に至るまでの経過は非常に面白い。オススメの展覧会。常設も村井正誠ゆかりの作家の作品を中心に構成。常設特集「光」も面白かった。

国立国際美術館 竹岡雄二展
本展は埼玉近美と遠山記念館に巡回。図録を見る限り埼玉メインの企画展のよう。大阪では展示されていない作品が数点図録に掲載されていた。埼玉で再訪。これも良かった。常設料金で鑑賞可能で今回は東近美のパスポートで無料。

yoshimi arts 興梠優護 pond
奥にあった2点が良かった。特にDMに使われていた作品はこれまでにない試みとテクニックが使われていて新境地を切開いた感あり。やはり大画面の方がこの作家には適している、小品は出さない方が良いのではと思った。

旧名村造船所 クロニクル・クロニクル
広大かつ強い空間を活かしきりキュレーションの行き届いた展示。京都造形芸術大学副学長の大野木啓人氏による「マネキンについてのトークイベント」は非常に面白かった。クロニクル・クロニクルで展示されているのは今ではこれだけしか残っていない貴重な1950年代60年代の職人仕事のマネキン達(京都の株式会社七彩にて制作)。大野木氏曰く、顔を見れば(身体でも分かるが)すぐに誰の制作したマネキンか分かる!というから恐れ入る。マネキンの需要が高まり大量生産が必要になると高度な技術を使ったマネキンのニーズはなくなり、現代では50年代〜60年代に制作されたマネキンと同じものを作ることができないという。それだけの技術を持った職人が現代にはいないからだ。マネキンの制作方法や大正時代に日本初のマネキンが制作されたなどマネキンの歴史も興味深く、大野氏の言葉「マネキンは時代を、ファッションを象徴する存在」が印象的。後日、マネキンについて調べていたら、神戸市立ファッション美術館では美術館独自で制作したオリジナルのマネキン70体を所有しているとのこと。まさに大野氏の言葉を裏付けるような事実を知る。
これらのマネキンと清水久兵衛の彫刻、そしてその上の階に展開されていた谷中佑輔の彫刻と鈴木崇の新作(写真と映像)が個人的には良かった。こちらもオススメ、こんな面白い空間と展示はなかなか見ることはできない。本展は2年にわたり企画されている。第1期は本年2月21日まで。次回は来年の1月23日〜2月19日が会期。何がどう繰り返されるのか。

京都市美術館 琳派降臨-近世・近代・現代の「琳派コード」を巡って
神坂雪佳の能に関する日本画が目をひいた。「雪佳と能楽」と題した講演会があったくらいなので、雪佳が能好きであったことは間違いない。福田平八郎の大作も琳派を継承した見事な大作であった。現代作品はどれも。。。

京都国立近代美術館 写真の〈原点〉再考―ヘンリー・F・トルボット『自然の鉛筆』か
トルボットの写真もさることながら、やっぱり畠山直哉の被災地を撮影した写真は見るたびに不思議な気持ちにさらされる。東京都写真美術館で見たスナップと額におさまった写真、時間の経過とともに写真家の心境の変化が写真に投影されている。しかし、どの写真も水平線がぴたりと縦の中心にある。ATOMOSシリーズも出展されていた。ダヤニータ・シンが去年表参道のギャラリーで販売した写真集兼写真(個人蔵)が展示されていたのでちょっと驚いた。3月にシンポジウムあり。赤々舎の『自然の鉛筆』もミュージアムショップで販売されていたのでざっと目を通す。

この後、強い頭痛が始まって予定を繰り上げて帰名。

更新がないときは頭痛で寝てるか旅に出てるかのどちらかです。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。