スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都経由金沢・富山美術館巡り

金曜日にお休みをいただき、1泊2日で京都→金沢→富山へ行って参りました。

先週の東京レポートも書き終えていないうちに、インプットを重ねています。とりあえず寸評と共に道程をまとめました。

(1日目)10/19(金)
京都着午前10時過ぎ。

1.京都国立博物館にて16日より開催中の「狩野永徳」展へ直行。

当日は雨足が強く生憎のお天気だったためか、入口入ってすぐに展示されている国宝の水墨障壁画2点のあたりと同じく国宝「洛中洛外図屏風」はかなりの人だかりでした。
京博は東博に比べ展示室が狭目なので、混雑しやすいように思います。
展示室を進んで行くにつれ、人はまばらになり人の頭越しに作品を見るようなことはありませんでした。
「唐獅子図屏風」や「檜図屏風」がある最後の展示室など空き空きで、
皆さん洛中洛外図屏風を見てさ~っと帰られてしまうのか、ちょうど12時過ぎたあたりから人が減り始めたように思います。

土日はやはり混雑必至かと思います。ねらい目は12時頃入館かな。

肝心の作品ですが「洛中洛外図屏風」と「唐獅子図屏風」はド迫力でした。やはり本物の力は偉大です。
「檜図屏風」は見ていて悲しくなります。

この3点だけでも行った甲斐はありますが、私は奈良博の「院政期の絵画」展の方が面白かったです(狩野派と院政期絵画を比較することはどうかと思いますが・・・)。


2.京都国立近美の常設展。ランチは近美のカフェにて。
常設より1階に3点だけ展示されていた特別展作家の「カルロ・ザウリ」の陶彫にひかれました。常設にも1点彼の作品を見ることができましたが、特別展を見たかったです。時間がなく諦めたのが今回の心残り。

3.細見美術館で開催中の「琳派展X 神坂雪佳 京琳派ルネサンス」。
これは良かったです。
神坂雪佳の作品をやっとまとめて見ることができました。

4.京都市立美術館「京都と近代日本画」。
ぐるっとパスのスタンプ欲しさに入館。駆け足で流して見ましたが、印象に残ったのは上村松園2点と中村大三郎「ピアノ」など。
良質で大作が多く、駆け足で見た割には充実感がありました。無理にでも入って良かったと思います。

ここで、時間を読み誤り予定していた金沢行きの特急に間に合わないことが判明し、次の列車まで高島屋で開催中の「北斎展」へ。
たまたま同じ階で開催していた「大北海道物産展」の影響か平日にもかかわらず場内は混雑。
先日のミネアポリス蔵の浮世絵と同じ図柄の作品が何点もありましたが、同じものとは思えないと言いますかこれが今まで私の見てきた浮世絵で、ミネアポリスの浮世絵がいかに素晴らしいかを改めて痛感しました。松濤に戻りたくなります。
ただし、高島屋では北斎の肉筆画や北斎漫画も展示されているので、それなりに楽しめます。

サンダーバードに乗って一路金沢へ。
宿泊は金沢白鳥路ホテル。このホテル一推しです。
ホテルなのに弱アルカリ性の炭酸水素天然温泉大浴場があり、浴場行き専用エレベーターがあるため、お部屋から大浴場までバスローブや部屋着+スリッパOK。


(2日目)10/20(土)

1.金沢21世紀美術館「パッション・コンプレックス オルブライト・ノックス美術館コレクションより」、「コレクション展」など。

オルブライト・ノックス美術館コレクションより同館所蔵フィルム作品
「悔恨のミュージック」(ローリー・シモンズ作)が最高。
44分もの長丁場を飽きさせない素晴らしい内容です。

コレクション展では大好きな木村太陽の「牛乳パック」と森村泰昌の新作が楽しめました。


2.富山県立近代美術館常設展。
この美術館初めて行きましたが、常設展の充実度は群を抜いてます。
特に瀧口修三のコレクションルームはもっと時間をかけて見たかったです。
3階にはピカソの作品をはじめ、主要な20世紀以後の美術の流れが分かるような展示構成。
ここで思いがけずアンリ・ミショーの水彩画と巡り合いました。


3.「東京富士美術館所蔵 珠玉の日本美術名宝展」富山県水墨画美術館。

鈴木其一「風神雷神図襖」と曽我蕭白「鶴図屏風」、歌川豊国の浮世絵等、日本美術で未見の作品ばかりでした。
上記特別展だけでなく常設の水墨画で菱田春草や前田青邨らで好みの作品を堪能。


再び富山駅へ戻り入善へ。

4.「内藤 礼 母型」 入善町 下山芸術の森 発電所美術館

旅の最後を飾るにふさわしい内容。
シンプルであるが故に、いろいろ考えさせられました。
ここでは観客が途中私1人きりになり。
室内は靴を脱いで観覧する必要があったため足が冷え込んでくるのに耐えつつ小1時間過ごしました。
内藤礼も「場」を作る名手です。


いつにも増して強行なスケジュールでしたが、楽しい旅となりました。
旅先で出会った皆様に感謝いたします。


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。