スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シバナンダヨガWS by muku yoga in Nagoya

今日は、Nayogaのイベント「mukuyogaのシバナンダヨガWS」に参加しました。
久々のシバナンダヨガです。
会場は中区スポーツセンターで、AM9:30~11:30。

会場に到着すると、makikoさんの姿が見え早速ご挨拶。
そして、yoggyからはmare先生、koni先生も参加されていました。

程なくWS開始です。
makikoさんの「オーム」で始まり、いつものように呼吸法からです。
まずは、カパラバーティ。
続いて、アヌローマ・ヴィローマ。
呼吸法も普段スタジオの朝ヨガではじっくりできないので、こちらも懐かしさすら感じてしまいました。
アヌローマ・ヴィローマの後、身体から悪いものが抜け出たようなすっきり感があり、呼吸法の重要さを再認識。

呼吸法の後は、いよいよアーサナへ。
いつものようにシバナンダの基本ポーズをやるのかなと思いきや、今日は違っていました!
太陽礼拝と足上げで身体を温めた後、もちろん、最初のアーサナはやはり「ヘッドスタンド」。
ドルフィンポーズで馴らした後、2人1組になってヘッドスタンドの練習です。
私と組んで下さった方は、とても勘の良い方で、こちらの二言くらいのアドバイスで、見事3回目にヘッドスタンドが出来てしまったので、こちらも嬉しくなりました♪
ご本人も「コツがつかめました~」とおっしゃっていたので本当に良かったです。
私の方は、初めてヘッドスタンドから足を横に開脚する所までチャレンジしてみました。
開脚はできましたが、元に戻るのが難しく降りてしまいました。
でも、ちょっとした進歩です。

次のアーサナもお馴染み「ショルダースタンド」と「ハラアーサナ」。
こちらもポーズの進化形を教えていただけ、私はこれが一番今日嬉しかったです。
ハラアーサナで、足を床に着けた後、両手で足指をつかみ、そのまま開脚。
これ、と~っても気持ち良いです。
その後、合掌と言われたのですが、どうすれば良いのか分からず、かといってハラアーサナした状態で周囲を見まわす訳にもいかず、適当に合掌してました。

シールシャアーサナで、じっくり身体を伸ばした後、これまた久々にパリガアーサナ(門のポーズ)に入りました。
私、このポーズ大好きです♪
側筋を気持ちよく伸ばせて、身体が嬉しそうでした。
ラクダのポーズ、魚のポーズ、最後に鶴のポーズ(バランス)で締めて、シャバアサナへ。

やっぱり、シバナンダは気持ち良いですね。
makikoさんの朗々とした声で、お祈りがあって最後は全員で「オウム」です。

今回のWSで、私の斜め前(最前列)にmare先生がいらっしゃいました。
呼吸法で安楽座(先生は蓮華座でした)になった時から、既に他の方とは違っていました。
姿勢が、とてもとても美しいのです。
すっきり伸びた腰から背中、そして首。
頭も背骨の上にきちんと乗っていて、当たり前のことですが、難しい。
私もそうですが、どこか背中が丸まっていたり腰がまっすぐ伸びていなかったり頭が前に倒れていたりするものです。
これは山のポーズでも同じでした。
先生の立ちポーズはとても美しいのです。

ということで、後ろから熱い視線を送ってしまいました。
私もあんな風になりたいです。

コメントの投稿

非公開コメント

凛花さん

本当に、マントラって不思議な力があります。
意味は分からなくても落ち着くのです。

まるで、歌のよう。

私も以前、Makiko先生のシヴァナンダレッスンを受けたとき
と~っても気持ちよかったという感覚を覚えています。
できないアサナが多いにも関わらず、すっごく気持ちよかったなぁ。
Makiko先生の声がリラックスするのかな?
マントラは何度聞いてもいいですね。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。