スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「木版画東西対決 -仏教版画から現代版画までー」展 町田市立国際版画美術館

hanga

エドヴァルド・ムンク 桟橋の少女たち 群馬県立近代美術館蔵

展覧会のタイトルに惹かれて、町田市まで足を伸ばしてみました。
版画専門の美術館・・・初めて訪れます。
町田駅からてくてく歩いて約15分。噴水にある大きな水を使ったオブジェが印象的な公園を抜けると美術館が見えてきました。

当日は文化の日であったため、特別展覧会の入場料無料!

今回の展覧会は木版画の代表的な作品により、東西の木版画の歴史をたどるとともに、両者の表現の違いと相互的な影響を考えるものです。

少し前に名古屋ボストン美術館でレンブラントの版画を見て、その後浮世絵を見、西洋と東洋の版画の違いに関心をもちました。
版画の中でも技法を木版に絞っての東西対決、なかなか面白かったです。

展示内容は以下の通りです。
プロローグ 日本の木版画、西洋の木版画
第1ラウンド モノトーン対決
第2ラウンド 多色刷り対決
第3ラウンド 木口木版対決
第4ラウンド 現代版画対決―新しい表現へ


西の作品ではケーテ・コルヴィッツの「未亡人」が一番印象的でした。
女性の夫を失った悲しみがシンプルな表現によって一層強く、見ている側に伝わってきます。

第3ラウンドの木口木版は、本の挿絵に使われることが多い技法だったそうですが、木口木版作品の緻密さには驚きました。こんな細かいものをどうやって彫ったのか・・・。

東の作品では、プロローグにあった仏版画2つが強烈でした。
特に室町時代の「十二天図」は迫力があります。
もう一つは橋口五葉の「髪すける女」(多色木版)。
新版画運動に参加していた橋口の作品はちょうど見たいと思っていたのでラッキーでした。
頬の赤みが自然で、繊細でまさに日本的美人画です。

最後に観客は①東西どちらが良かったか、②ベスト作品 を投票します。私ももちろん投票して来ました。
残念というか予想していたのと違っていたのが、比較的時代の新しい作品が多かったことです。
個人的には古い木版画の東西対決を期待して行ったので、ちょっと肩すかしな感はありました。


次に常設展にまわりましたが、こちらはデューラー、ルオーをはじめ有名画家による木版画以外の技法作品を楽しめます。


*特別展は11月25日(日)まで開催中です。
特別展観覧料は一般800円、無料ではありませんのでご注意下さい。

コメントの投稿

非公開コメント

@oki様
こんばんは。
バルラッハは芸大回顧展で初めて接したのですが、
印象的な作風でその後もあちこちで見かけるたびに
意識しています。
1点の版画作品しか見ていないのですが、やはり
版画より彫刻の方がバルラッハの良さを感じます。

その点コルヴィッツは平面でも力を発揮しているように
感じました。


@とら様
こんな拙い記事でもお出かけのきっかけになり、大変
嬉しいです。

木口木版のコーナーに出ていた作家は知らない名前
ばかりで新鮮でもあり、まだまだ修業?が足りないことを痛感した次第。

私は一番見たかった橋口五葉に一票を投じました。

東西対抗

この記事をみていってきました。なかなかよかったと思います。とくにブリュッケの画家の版画は初めてでした。表現主義絵画も木版画となると大分柔和になると感じました。マイベストの投票はドレにしました。

僕が行った時は東西対決、東の圧倒的優勢だったのですが今はどうでしょう?
文化の日で無料とはタイムリーでしたね。
この博物館でケーテ・コルヴィッツの回顧展も観た僕ですがコルヴィッツはバルラッハの影響を受けたんですよね、藝大美術館のバルラッハ回顧展を見逃して惜しかったなー。

あべまつ様

こんばんは。
以前あべまつ様のブログで「近頃、国粋主義に走っている云々」というコメントがございましたが、私もまさに同じ状況となっている今日この頃。

町田の版画美術館は東西両方の版画美を味わえます、西洋の版画もなかなかやるなという感じで、国粋主義から少し脱却できるかもしれませんよ。

版画の魅力

こんにちは。
memeさんが浮き世にはまり、その結果印刷、版画が気になる図式を私も追っかけている所です。
こちらの町田にも行きたいと思っていた所でした。
国立西洋美のムンク繋がりもあるし。
版画に魅力があるのは、
その絵に向かう時間と人出という工程の多さなのかも知れません。
タイムリーなレポートありがとうございます。
さて、こちらに、いつ行きましょう?
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。