スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼頭健吾 「Luminary」 ケンジタキギャラリー名古屋

鬼頭


会期ぎりぎり閉廊時間間際に駆け込みで行って来ました。

鬼頭健吾の新作展です。
会場はギャラリーの2階を使用しています。
階段を上がる途中から、カラフルな光が見えて来ました。

目にしたのは巨大カラフル電飾扇風機(床置き型)。
勝手に命名しましたが、作品タイトルは違います(メモするの忘れて不明)。

長椅子が置かれていたので、くるくると元気良く回る扇風機をしばし座って眺めていました。微妙にまわる速度が違うものがありましたが、作家はまわる速度など意識していないでしょう、おそらく。
近づいてよく見てみたら、電球にパチンコ玉と思しき小さな金属球が周囲に貼り付けられてました。
鬼頭氏は、名古屋在住。
名古屋と言えばパチンコ発祥の地。
やはり、あれはパチンコ玉なんでしょうか。。。。


ここ最近の鬼頭健吾の作品は色を意識したものが多いようです。
今回の作品も過去に豊田市美やギャラリー小柳で見た作品と発想は似ていますが、多色使いになったことが大きく異なります。

奥の空間には、絵画作品が6点ほど。
例のぐるぐるとした縄模様です。
画面全体にラメのようなものが散りばめられキラキラしていますが、さながら現代の料紙における雲母のよう。

ギャラリーに鬼頭氏ご自身がいらっしゃったようです。
私の前を通り過ぎた方がそっくりでした。

あとは、森美術館で開催中のクロッシング展と豊田市美にも鬼頭作品が出ているようなので、こちらも楽しみです。

*本展は11/10に終了しています。ご注意ください。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。