スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「茶の湯 内田繁の世界」 為三郎記念館

名古屋市千種区にある「為三郎記念館」で開催中の「茶の湯 内田繁の世界」に行って来ました。
内田繁が世界的に有名なデザイナーであることは今更申し上げる必要もないでしょう。
本年度春、内田氏はインテリアデザイナー初の紫綬褒章を受章しました。

その内田氏が為三郎記念館の数奇屋空間を利用し、どんな茶の湯の世界を見せてくれるのかが、本展最大の見所です。

まず入口入ってすぐ玄関にあたるところにあったのが内田デザインによるガラス製花器。
花竹

かなりの存在感。
スポットライトで妖しげに光っています。
夜間であれば、尚更そのガラスの魅力が光り輝く筈。

そして、数奇屋の中のそれぞれのお部屋を使用して、内田版現代茶の湯世界が次々と繰り広げられていました。

茶の湯空間として私が一番感心したのは、立礼席です(以下)。
立礼

一番大きなお座敷を白で統一。
椅子にも全て白い布がかけられ、床も白。
周囲は透明のビニールシートで囲われていますが、そのビニールには一輪挿しの花瓶が均等にあしらわれており、お花畑にいるような感じ(作品名:フラワーシート)。
毎日、お花は取り替えるのかなぁなどと現実的なことも考えましたが、ともあれ面白いアイデアです。

立礼席の机はもちろん、内田デザインによる茶道具の取り合わせはお見事。
中でも黒田泰蔵さんの白磁は、大好きなだけにことのほか気に入りました。
あの白と磁器の質感はたまりません。

そしてもう1人、ここで気になるアーティストさんを見つけました。
銀の茶入れを作っていた金子透(金工家)。
この茶入れだけでなく、銅製の建水も別のお部屋で出展されていました。
金工がメインのようですが、陶器もてがけられることがあるようです。
何を作っても良いものは良い。


もう1つ圧巻な空間が。
このお部屋は茶の湯世界とは別ですが、これまた普段は和室のお部屋を真っ白にし、天井と壁のいくつかの部分には田村能里子の赤の絵画(これは常設だと思う)が配されています。
部屋には「ムー」という白い毛むくじゃらの羊のような椅子が沢山。
奥には「dancing water」→長方形のステンレス盥に水を張り、定期的に3箇所に取り付けられたスクリューがそれぞれ水をかき回す。
観客はスポットライトに照らされた水紋を楽しむ趣向です。
ムー

これらは07年のミラノサローネに出品されたインスタレーション。
こんな楽しいインスタレーションが妙に数奇屋空間にマッチしているのが不思議です。
しばらく「ムー」に座ってぼ~っとしていました。
ちなみに「ムー」は全て形・動きが違います。
お好きな「ムー」を選んで座るのがまた愉快。

これら以外にも「見立て」の茶の湯やら様々なアレンジを見せています。


さて、為三郎記念館では好きな場所でお抹茶セットかコーヒーセット(プチガトー付)をいただくことができます。
通常700円ですが併設の古川美術館へ行くと200円の割引券を貰えるので500円也。

今回は迷った末、邸内唯一の寄棟作の洋間「浮観の間」を選択。
内田デザインの赤い椅子が配置され、低くジャズが流れる小部屋と変貌し、ちょっとしたバーのような雰囲気。
でも外に目をやると立派な日本庭園が。
このギャップが最高でした。

お庭に出ると期間限定で内田作茶室「受庵」が展示されています。
中に入ることも可能。
受庵

今回の展覧会は大変良かったです。
夜間にはまた違った魅力がありそう。

大人のデートスポットに最適!オススメします。

注:館内は撮影禁止です。

*12/16まで開催中。受庵は12/7~9日好天時のみの展示です。ご注意ください。

コメントの投稿

非公開コメント

あべまつ様

こんばんは。

受庵は竹で編まれているようです。
以下HPに詳しい材料とサイズが掲載されていました。
作品リストもいただいたのですが、それより詳しいので
ちょっとのぞいてみていただければと思います。
http://www.caina.jp/commodity_detail/30014585/

古式ゆかしいお茶もよし、内田式現代版茶の湯、
いずれも良さがあります。

私は膝が悪く長時間の正座ができないため、今回の
内田式立礼茶席は心底普及しないかな~と思いました。

受庵

こんばんは。
この内田氏作の「受庵」は、ジュラルミン?ステンレス?のパンチングネットのようなパネルで組まれたものじゃなかったでしょうか?

六本木のミタテというギャラリーで友人と見たものに似ています。
新しいお茶を提案していることに興味を持ちましたが、
この斬新な道具立てではたして
遊べる人がどのくらいいるんだろうかという不安がありました。

でも、チャレンジ精神溢れる道具達にとても元気を貰いました。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。