スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1泊2日 駆け足東京美術館めぐり

22日、23日の1泊2日で東京へ。
まわりにまわった美術館と行程は以下の通りです。
毎度のことですが、行った展覧会が増えれば増えるほど、記事にアップできないというジレンマに陥っています。ボチボチ、気になった展覧会から取り上げて行こうと思う次第。

22日(土) AM7:09名古屋発 のぞみで新横浜へ

綱島で所用をすませ、

<11時>
松濤美術館「上海の美術」を見る+ブランチにお気に入りのクロックムッシュをいただく。
<12時>
松濤から道に迷い、漸くたどりついた「たばこと塩の博物館」で「幕末Nippon!」展を見る。
詳細な解説と写真や浮世絵で展観する幕末期の様子は大変興味深く、思ったより時間をとられる。

<13:45> 渋谷から上野へ
東博平常展を見る。お目当ては渡辺崋山の「佐藤一斎像」。TV日曜美術館でこの絵を見た時から気になって仕方がなかった。よもや本物とこんなにも早く対面できるとは感動~。
他、浮世絵や洛中洛外図(舟木本)、誰が誰を描いたのかはっきりしないBigサイズの国宝肖像画「藤原光能像」を鑑賞。

<14:45> 国立西洋美術館常設展を池上英洋先生の解説により鑑賞させていただく。
スペシャルな体験であったことは申し上げるまでもなく、本物を前に宗教絵画をはじめ西洋絵画の見方を学んだ。詳細は、一緒に参加されていたとら様がご自身のブログ上でまとめていらっしゃるので当方では割愛いたします。実はとてもまとめられない・・・。

一番嬉しかったのは、クールベを解説していただけたこと。
今年はフィラデルフィア美術館展、村内美術館をはじめ、クールベ作品を見る機会に恵まれたが、見れば見るほど興味深い画家であり、その先進性には目を見張るばかりであった。池上先生によりクールベの性格や生涯等の知識を得ることができたのは私にとって大きなクリスマスプレゼントになった。

この後、上記鑑賞会に参加された皆様と二次会へ。初対面の方ばかりでかなり緊張する。
三次会に行くつもりが、気が付いたら二次会で帰る組に入っていて、朝が早かったこともありそのまま宿へ。


23日(日)
前日にたばこと塩の博物館で購入した「展覧会ガイド<首都圏版>」(300円)で気になった展覧会をめぐる。

<9時半>
芝公園にあるホテルを出て、逓信博物館にて「ふみをかざるひとひらの美」を見る。
日本郵政グループ発足記念展第三部「切手原画展」であったが正直期待はずれ。田渕俊夫の作品が目に付く。第一部「郵便錦絵展」を見たかったな。
 
それにしても大手町駅にはいつも閉口する。もぐらになった気持ちがするのは私だけでしょうか。

<11時> 三井記念美術館で初日の「国宝雪松図と近世絵画」展を見る。
今回一番印象的だった展覧会。目玉の雪松図でなく抱一の初公開「観音像」は必見かと。
こちらのカフェで遅めの朝食に「ぜんざい」をいただく。

<12時半>  国立近代美術館常設展を久々に見る。
見たいと思っていた和田三造の「南風」をじっくりと堪能。毎度のことながら名画がずらり。充実した内容に常設だけでおなか一杯。新しいものではジュリアン・オピーの作品が気に入った。
昼食は近美のクイーンアリスにて。

<14時半> 近代美術館工芸館にて「工芸の力-21世紀の展望」を見る。
先に行った近美常設は、この工芸館で開催されている30周年記念展のおまけで、実はこちらが本命。須田悦弘が出品作家に並んでいるので見逃せない。

<15:45> 目黒区美術館で「目黒の新進作家-七人の作家、七つの表現」展にすべりこむ。
鈴木康広のインスタレーションで思い切り遊ぶ。この作品面白いです。

一旦ホテルに戻り荷物をピックアップ+お茶をしてエネルギー充電。

新宿にて所用の後、

<19時半> 森美術館「六本木クロッシング2007-未来への脈動」展を体感。
ここでセレンティピティが私にも起こる。宇川直宏による人工台風作品「A Series of Interpreted Catharsis episode1- typhoon」で、人口台風の中で六本木の夜景に向かいお札を巻き上げるという一生に一度の経験をし、最高の気分になる!

<21:07> N700系新型のぞみにて品川より名古屋へ。エクスプレスカードのポイントで初グリーン席で夢見心地。

長くなってしまいました。読んでいるだけで疲れてしまいますが、やってる本人も2日目は相当疲れました。健康を損なうような美術鑑賞は極力避けようと思います。反省。      

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

池上英洋先生のギャラリートーク @国立西洋美術館常設展

 久し振りに池上先生の話を聴いた。時間の制限のあるなか、どの画を選ばれるかも興味のあるところであった。以下はちょっとしたメモ。 ■カルポー《ナポリの漁師の少年》・・フランスに送るために作成した作品。古典派とロダンを繋ぐ。 ■マリオット・ディ・ナルド《...

コメントの投稿

非公開コメント

mizdesign様

こんばんは。
ご訪問ありがとうございます!

台風マシーン体験者だったのですね。
後ほど、その時の記事がないかmizdesign様のところへお邪魔します。

「台風になると気持ちが高揚した」とご本人が語られているのに共感です。
疑似体験+夜景の相乗効果でハイテンションになりました。

こちらこそ、今後とも宜しくお願い致します。

ありがとうございました

こんにちは。
先日はありがとうございました。

三井記念美術館、良かったみたいですね。
三が日リストに加えます。

六本木クロッシングの台風マシーンは、僕も体験しました。
お札と風船の舞う中から望む夜景は素晴らしいですね。

よろしくお願いします!

@Tak様
こんばんは。
きちんとしたお礼は落ち着いたらと思っています。

Tak様の参考になるような記事は書けないかも
しれませんが、素人なりの感想にお付き合い
いただければ幸いです。

@一村雨さま
こんばんは。
三次会に参加しなかったため、一村雨さまと
はろるど様にご挨拶できなかったのが、心残りです。

次回上京の折には、ぜひお会いできればと
思っております。




ご挨拶

こんばんは。
あの会、私は3次会から参加してましたので、
お目にかかれずに残念でした。
奈良の行基像の前ではお話できなかったもので~

こんばんは。

先日はどうもありがとうございました。
こんなにハードなスケジュールこなされたのですか!
びっくり仰天です。
さぞかしお疲れのことでしょう。
ごゆるりとお休み下さい。

memeさんの記事参考にしてこれから
年末に観てまわる場所決めたいと思います。

@とら様
こんばんは。我ながら無茶をしたものです。
日曜は午後から陽気も良くなり、美術館めぐりには
最適でした。

@あべまつ様
こんばんは。
逓信博物館は切手マニアには楽しめると思います。
入場料110円ですし。
中では、やはり三井が一推し。
明日記事はアップしますのでご覧いただければ幸いです。

こんばんは。
松涛の記事がアップされていたので、
お???っと思いました。
なんとご上京されたのですね。
アタシは、23日に谷中上野を散歩していました。
松涛も、三井も、逓信博物館も工芸館も
年初回りとなりそうです。
食欲と同じで?いっぺんに食べられる量が
激減してきたようです。
見納めに東博行ったのですが、
1階は閉扉していましたが、実に良かったです。
画像アップに努めます。
お疲れの出ませんように~~

東京美術散歩

先日はありがとうございました。
それにしても良く動かれましたね。
オドロキです。
今後とも宜しくお願いします。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。