スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年 私が観た展覧会 ベスト10

おこがましくも、今年私が観た展覧会のベスト10を挙げてみようと思います。

<選定基準>
・その後の私の美術鑑賞に与えた影響の大きさ。
・純粋に感動した展示内容であったこと。

1.「美麗 院政期の絵画」 奈良国立博物館

2.「若冲展」 相国寺承天閣美術館

3.「Great Ukiyoe Masters - ミネアポリス美術館コレクション 」 松濤美術館

4.「BIOMBO/屏風 日本の美」 大阪市立美術館

5.「マルレーネ・デュマス-ブロークン・ホワイト」 東京都現代美術館

6.「青山二郎の眼」 世田谷美術館

7.「レンブラント版画展」 名古屋ボストン美術館

8.「鈴木理策 熊野 雪 桜」 東京都写真美術館

9.「シュルレアリスムー謎をめぐる不思議な旅」 岡崎市美術博物館

10.候補があり過ぎて、決められませんでした。。。

4位までは、すらすらと決まりましたがその後が苦しかったです。断トツ1位は「院政期の絵画」展で、これほど国宝・重文をかき集めたにもかかわらず、観客が少なくゆっくりと鑑賞できたのは殊のほか幸せでした。できることなら、前期も行きたかったです。2位の若冲展は作品というより、私にとって記念碑的な意味がありました。こうしてブログを続けられるのも、この若冲展のおかげです。3位のミネアポリス所蔵浮世絵展も、これまで全く関心がなかった浮世絵に突如目覚めさせてくれた大変意義深い展覧会でした。今にして思えば、ギメ美術館所蔵浮世絵展を見逃したのは大きかったです。

後日、選外で印象に残った展覧会を記事にするかも。


次に、2007年印象に残った作品ベスト10を。

1.「子島曼荼羅 金剛界」 小嶋寺蔵/京博 「藤原道長展」

2.「唐獅子図屏風」 狩野永徳 三の丸尚蔵館蔵/京博 「狩野永徳展」

3.「馬頭観音像」 ボストン美術館蔵/奈良博 「院政期の絵画展」 

4.平家納経/奈良博 「院政期の絵画展」

5.沙門地獄草紙/奈良博 「院政期の絵画展」 

6.華厳宗祖師絵伝/奈良博 「院政期の絵画展」

7.粉河寺縁起絵巻/奈良博 「院政期の絵画展」
 
8.水売り 鈴木春信 ミネアポリス美術館蔵/松濤美術館 「Great Ukiyoe Masters」

9.三本の木 レンブラント・ファン・レイン ボストン美術館蔵/名古屋ボストン美「レンブラント版画展」

10.やっぱり決められませんが。。。キスリングの作品かクールベの「スペインの女」。

大変に偏りのある内容(日本古美術ばかり)ですが、院政期の絵画展が私にもたらした影響は言葉に尽くせない程大きかったです。苦手の絵巻物まで大好きになった上に、仏画の素晴らしさを再認識できました。現代アートでは、兵庫で見た河口龍夫作品、森美・金沢・横須賀で観た木村太陽作品群が良かったです。

今年も残すところ、数時間となりました。
更新を怠りがちなブログをここまで何とか続けてこれたのも、コメントやTBを残して下さる皆様のおかげで、本当に有難うございます。
来年も拙いブログですが、どうか宜しくお願いいたします。

それでは、皆様良いお年を!

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プレイバック 2007 (美術篇)

というわけで今年も納めます... いつものように、はじめはいろんな切り口から... ギャラリー系 1. 畠山直哉展 『Slow Glass』 (高橋コレクション) 2. 薄久保香展 Wandering Season (TARO NASU) 3. 阪本トクロウ展『daily life』 (ギャラリーイノセント) 他、SCAI THE BA...

413 2007年の振り返り

親子共々風邪をひかないようにと細心の注意を払った12月の日々でしたが、一昨日最後の製作物を完了、昨日はやっと年賀状が完了と、ようやく一区切りつけることができました。 例年のごとくブログにおいての今年の振り返りをしてみます。 まずは今年印象に残った展覧会...

今年の美術鑑賞ランキング★

年内に後どのくらいアートに触れる事ができるかわからないけれど、 とりあえず、今年一年を振り返ってみた。なかなか充実した一年だったことが実感できる、嬉しい結果となった。

2007年のベスト展

押し詰まってきましたね。 2007年は今月のぞいて実に多くの展覧会を見、建物を見学して廻りました。 展覧会も特別展と企画展とを分類してデータベース化してるので、数は多いです...

2007年 私が観た美術展 ベスト10

この企画も今年で4回目です。「美術展ベスト10」を挙げてみます。 「2007年 私が観た美術展 ベスト10」 1 「特別展覧会 狩野永徳」    京都国立博物館 10/16-11/18 2 「BIOMBO/屏風 日本の美」    サントリー美術館 9/1-10/21 3 「ル・コルビュジエ展 - ...

2007年 私のお気に入り アート

■アート 今年は何しろアート・ツアーを重ねた1年だった。旅先で体験したアートはやはり印象に強く残る。順位はつけがたいので、鑑賞した順に記憶に残るアート体験を挙げていく。 ・イサムノグチ庭園美術館(香川) かつて藤森照信が著書「美術館三昧」で...

2007年-思い出に残る展覧会ベスト10-

1 ミネアポリス美蔵浮世絵コレクション展 ― 松涛美術館  今年は、とにかく浮世絵を学ぼうということで、浮世絵の展覧会や、浮世絵専門の美術館、東博の常設展など、重点的に見て回りました。特にここで見た春信の「色」の美しさは忘れられません。はろるどさんと偶...

2007年の「美術展ベストテン」

 今年は浮世絵展が大健闘でした。国内美術104+海外美術84=合計188のホームページ記事の中でベストテンですから迷いました。参考:最近4年間のベストテン1. パルマ 07.5 2. 鳥居清長 07.5 3. 狩野永徳 07.10 4. ミネアポリス浮世絵 07.9 5. モ ネ 07.4 6....

印象に残った美術展2007

印象に残った10の美術展を選んでみた。1年を通して出かけたのは今年が初めてだったけど、美術展をめぐるという楽しみを見つけて喜々としてあれこれ出かけた昨年よりは、ややペースが落ちたかもしれない。行きたいと思いながら結局行かなかった展覧会も結構あった。 とに...

2007年 展覧会ベスト10

亥年も残すところあと三日。 この年末の慌ただしく忙しい時に、自宅のパソコンが調子悪くなり駄々をこねる始末。ハードディスクがどうも不安定。増設したりして騙し騙し使ってきましたがそれそろ限界。よくよく考えればもう随分と使っているのでそろそろ買い時かと...

2007年のベスト展覧会

今年は今までより積極的に展覧会巡りをして、およそ80回ほどになる。初めて訪れたところも多く、来年も引き続き新規開発をしようかと思っている。今年見てまわった展覧会のベストと言うことを考えてみると、結局は客観的に見た秀逸さより、個人的な好みのほうが大きい....

コメントの投稿

非公開コメント

@lysander様

こんばんは。
私は、はっきりと川俣正展とっても楽しみにしてます。
あと。森美の次回展も。
今年は、ぜひ豊田市美に足を伸ばされてはいかがでしょう。
08度の展覧会予定は不明ですが、ギュウとチュウは見ものでしたよ。

No title

memeさん
TBありがとうございました。

昨年は広島、京都、金沢とあちこち遠征に出向きました。

本当は藤本由紀夫さんの関西での展示を観たかったのですが...
藤本さんの作品は展示の仕方で印象ががらっと変わりそうですね。
そういう意味で、広島の展示はとてもよかったと思います。

あと、今年はMOTで開催される川俣正展を密かな楽しみにしています...

No title

@あべまつ様
改めましてあけまして、おめでとうございます。
青山二郎の展覧会を観なければ、安宅コレクションを目にすることは
なかったでしょう。
私の目を陶芸に向けさせたのは、この展覧会でした。
名古屋ボストン美と徳川美、愛知県美のセットでまわられるのが良いかもしれません。
ご来名お待ちしています。

アイレ様
あけまして、おめでとうございます。
ベスト10作品の中に、伴大納言絵巻を入れるのを失念しました。
昨日NHKHiビジョンでこの絵巻の特集があって、とても面白かったです。
元々絵自体は好きだったのですが、話の内容が分かったら尚更好きになりました。
奈良博は今年も注目ですよね!図録安いですし。
アイレ様のブログを今年も楽しみにしています。どうぞよろしく。

あおひー様
あけまして、おめでとうございます。
私もまだまだ都内に行っていない美術館がたくさんあります。
今年も少しずつ、初訪の美術館に行ってみるつもりです。
こちらこそ、本年もよろしくお願いいたします。

No title

あけましておめでとうございます。
こちらのランキングを見て、奈良博に行きたくなりました。
今年も出来る限りいろんなところに足を伸ばし、いろいろなものを見てこようと思います。
本年もよろしくお願いいたします。

あけましておめでとうございます

memeさん、あけましておめでとうございます。
見事に1位が一緒になりました。
本当に素晴らしい展覧会に行けてLuckyだったと今さらながら思いました。
その後、この展覧会の図録を入手できたのはmemeさんのコメントが
あればこそでした。ありがとうございました。
今年も色々な展覧会がありますが、クオリティの高いものに出会えるように
なるといいですね。
では、今年もどうぞよろしくお願いします。

明けましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
ベストテン、なかなか素敵で、青山二郎が入ってくれたのが嬉しいです。
ミネアポリスも屏風もガツンでした。
個人的には何年かぶりの奈良博も良かったです。
丁度夏休みで、簫白の群仙図屏風があって、卒倒しました。
名古屋のボストン美術館、徳川美術館など気になるところがあって、
足を伸ばせたら、と願っています。
今年もmemeのフットワークのいい鑑賞ブログを楽しみに
させて頂きます。

2007年私が観た展覧会ベスト10へのお返事

@ogawama様
こちらこそ昨年後半より、やりとりさせていただき有難うございます。
名古屋にお越しの際は事前にご一報くださいませ。
今年は一度お目にかかりたいと思っております。

@かよこ様
はじめまして。ご訪問とコメントを有難うございます。
先程そちらのブログにお邪魔しました。辛口な内容で驚きました。
後ほどコメント入れさせていただきます。
今後もよろしくお願いします。

@Hokurajin様
「美麗 院政期の絵画」展はタイトルが地味過ぎたのではないかと。
能ある鷹は爪を隠すという諺が、喩えに相応しいかどうか怪しいですが、
内容的には本当に素晴らしかったと思います。
今年も、よろしくお願いします。

@とら様
とら様は名品のほとんどをご覧になっていらっしゃるので、私の拙い感想は
恥ずかしいです。
仰るとおり、皆さんそれぞれ個性的なベスト10選定で参考になりました。
こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。

@キリル様
もっと北上したいのは山々ですが、金銭面と時間面等でなかなか難しいものがあります。
まずは、都内で未訪の美術館をひとつひとつ巡ってみたいと思っています。
選定基準はMinnet様のブログを参考にさせていただきました。

@一村雨さま
私も小学生の子供たち同様、地獄草紙を前にして究極の選択に頭を悩ませました。
個人的には、糞尿地獄だけは嫌だと思った記憶があります。
一村雨様のご選択は如何?

@Minnet様
こちらこそ、今年はブログを通じて大変お世話になりました。
島根の足立美術館はMinnet様のご推薦がなければ
訪れることはなかったと思っています。
おかげで、3つの無我を1年で観ることがかないました。
奈良博は今年も目が話せません。
それでは、今年もよろしくお願いいたします。

@はろるど様
神仏習合展はベスト10に入れようか最後まで迷いましたが、あまりに古美術に
偏り過ぎるのもどうかと思って、とどまりました。
神仏習合展での魅力は展覧会のテーマと展示物の取り合わせ中でも最初にあった須弥山石は忘れられません。

デュマスと鈴木理策いずれもギャラリー小柳がらみで、ランクインさせるのを僅かに
躊躇しましたが、やはり感動の大きさを考えると外せませんでした。
白い空間の使い方が絶妙で、展示方法の重要性を痛感しました。
理策展にはそれを観るためだけに行ったので、本当に観ることができて良かったです。
それもこれもはろるど様のご紹介記事のおかげ。
こちらこそ、本年もよろしくお願いいたします。

@遊行七恵さま
馬頭観音はカウンターパンチ的衝撃でした。
日本画展を1つもランク入りさせませんでしたが、長野の水野美術館所蔵名品展は
思い出深いです。

今年は名古屋におでましされますか。
ぜひ、古川美術館あたりで、ご一緒させていただきたいものです。

No title

おめでとうございます。
やっぱり美麗 院政期の絵画はすばらしかったですね。
わたしも馬頭観音には惹かれました。

やっぱり'07は日本美術の年でしたね。
'08はどんな年になるのか。
ミネアポリスは奈良に来るのを待っています。
今年は名古屋にも久しぶりに出かけます~

あけましておめでとうございます

院政期の絵画は記事でも絶賛されておられましたよね。
拝見して「これは!」とは思ったのですが、なかなか機会がなくて行くことが出来ませんでした。私が観た範疇の中での奈良博は、神仏習合の大変に充実した展示がとても印象に残っています。

MOTのデュマスを挙げられているのがまた素晴らしいですね。
広い会場をうまく利用して、デュマス一色に染まった会場の空気もまた魅力的でした。それに理策もやはり入りますよね。写真をどう美しく見せるかという展示方法自体にも感服しました。

今年の「美術初め」はどちらからでしょう。本年も宜しくお願いします。

No title

memeさん、こんばんは。
今年は大変お世話になりました。
ありがとうございました。
ベスト10の展覧会を拝見すると、ジャンルの幅が広くて、感服いたしました。
私は「院政期の絵画展」は都合がつかず、行けなかったのが残念でした。
私は国宝巡りがそもそものきっかけで博物館巡り、その後美術館巡りを始めたので、国宝の名品が列挙されているのには、大変共感しております。
それでは、良いお年をお迎えください。

沙門地獄草紙

うんうん、美麗 院政期の絵画がトップですか。
奈良博で見た沙門地獄草紙,思い出しました。
小学生にあの地獄の話をしたら、とても受けました。
究極の選択でどの地獄を選ぶかという話で
盛り上がったのです。

もっと東へ

こんばんは。

いろいろ足を伸ばしておられるので、みる場所によっても印象が変わってくるでしょうね。その展示が自分にとってどういう意味があったのか、私も考えてみたいと思います。
来年も身軽なフットワークをみせてください。もっと東へ?

ベストテン

唐獅子図屏風、平家納経、華厳宗祖師絵伝、水売り、三本の木・・・大好きな作品たちです。
ベストテンはおっしゃるように選定基準によるわけですから、それぞれのベストテンですね。
でも年末にこの話題が飛びかうのはブログのおかげです。良いお年を。そして明年もよろしく。

re:2007年 私が観た展覧会 ベスト10

なんだか共通点がありますね。
「院政期の絵画展」、地味な感じがしながら、なかなか感動ものでしたね。
「若冲展」、見損ねたのが今もって残念でなりません。

はじめまして

はじめまして
かよこと申しますv-7

多くの美術館に行って、
多くの展覧会をご覧になってるんですね。

私もアートが好きで、
アートに関する疑問や意見、不満などを書いてみようと、
先日ブログを始めましたv-42

よかったら遊びに来て下さいね。

お世話になりました

こんばんは~
2・3位一緒です、レンブラント版画展は11位くらいでした。
《三本の木》、ファウストなんかが良かったです。また観たい...。
来年も名古屋の展覧会色々ご紹介ください。
よいお年を!
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。