スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金刀比羅宮への旅(3) これから金刀比羅宮へ行かれる方のために 

漸く、図録類一式が本日到着しました。が、ここで1つ入口でいただいたチラシをどこかに忘れて来たようで、中に入っていませんでした。あのチラシが欲しい~っ。

今日は、これから金刀比羅宮へ行く予定のある方、行こうかどうしようか迷っていらっしゃる方のために何か参考となることをご案内しようと思います。

1.持参した方が良いもの
(1)双眼鏡  
単眼鏡も良いのですが、今回の展示では主要作品「花丸図」や応挙の障壁画等は少し距離があるため、細部まで見たいと思われる方は持参された方が良いです。
ちなみに私は昨年購入したPENTAXの「Papilio」が今回も大活躍でした。「Papilio」は近くも遠くも見られてすこぶる便利。

(2)厚手のソックス
これは特に冷えの気になる方へのアドバイスです。書院は靴を脱いでの拝観となります。長時間の鑑賞だと、やはり足が冷えてきますので寒いのは嫌!と思われる方は是非。

2.飲食、休憩
大門をくぐると、食事可能な場所は「神椿」だけです。カフェにはHPをご覧いただいても分かるように、カレーライスかミートソーススパなどしかありません。私は神椿サンドウィッチをいただきましたが、少量で昼食としては不足感がありました。
ここで、食事をと考えていらっしゃる方はB1Fのレストランを予約された方が良いでしょう。
2500円からお食事できるので、カフェのカレーで900円出すなら、こちらの方がお得感、プチセレブ感が味わえるような気がします。
ただし、レストランは2名以上からで、お一人様はお断りのようです。交渉したらどうなるんでしょうか。。。

他には、由一館入口横が休憩コーナーになっています。

大門を出れば、うどん店、お土産屋さん、何でもありますのでご安心下さい。

3.図録、絵葉書、お守り等
中身を見ないで買った図録ですが、東京芸大で販売されていたものとは異なるようです。
東京会場販売版を先程確認したら、ページ数、表紙絵、執筆者等も違っていました。
この図録、2300円とは思えない素晴らしい出来栄えで、由一の作品27点全て掲載されています。
私はこれを知らずに、由一館で由一作品だけの図録(800円)を買ってしまいました。
展覧会図録等は、書院と由一館で販売されていますが、由一の絵葉書は由一館だけだったような記憶がありますが不確かです。。。

お守りは本宮だけでなく書院横でも販売されていたので、買い忘れた方などはこちらで買っても良いかもしれません。1つ800円です。


これから行かれる皆様が、本展を心ゆくまで楽しまれますように願っております。

コメントの投稿

非公開コメント

kupeco様

はじめまして。
ご訪問とコメント有難うございます。
「靴下の上から履く靴下の親分」って楽しい表現ですね。
確かにフリース製の親分とか冷え対策に最適かと。
のちほど、そちらにうかがわせていただきます。

No title

はじめまして。こんぴらさんに行ってきました。この記事参考にさせていただきました。靴下の話は本当に助かりました!ありがとうございました。靴下の上から履く「靴下の親分」みたいなやつを持っていくと良いです。

ogawama様

こんばんは。
もう、是非是非行ってみてください。
その暁にはチラシを是非。
普段は私も捨ててしまうのですが、この展覧会のものは
図録と一緒に保存したくなる内容でしたので。

参考にさせていただきます

なるほどなるほどー。厚い靴下が重要と見ました。
あ、まだ行くと決まったわけではないのですが。でも、「もし」行ったらチラシ差し上げますよ。私はチラシやチケットは捨ててしまうので。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。