スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「天才絵師 河鍋暁斎」 成田山霊光館

前回の続き。
同じ成田山新勝寺境内 平和大塔裏手に霊光館はあります。書道美術館からは徒歩5分程度でしょうか。

こちらでも、書道美術館同様に河鍋暁斎記念美術館所蔵作品中心に「天才 河鍋暁斎」と題した展覧会を開催中です。
書道美術館の展示と比較すると、霊光館で展示されていた作品の方は仏画や本格的な水墨画、日本画が多くわずか32点と作品数は少ないものの、大変見応えがありました。
私は、むしろこちらの展示の方が良かったと思います。

以下印象に残った作品。
・「風神雷神図」
暁斎の風神雷神は彼らしさが溢れており、躍動感があります。

・「日課観音図」
晩年、暁斎は信仰心厚くどんなに酔っていても観音図を描くことを日課としていたとのこと。
晩年の彼の心中はいかなるものだったのでしょう。
「百衣観音図」もそうですが、暁斎の描く観音が私は好きです。

・「霊山群仙図」
娘の暁翠との合作。暁翠の作品は、後半に6点ほど並んでいましたが、「百福図」など微笑ましい作品もあり、北斎の娘応為同様、偉大な父の背中を追いつつ絵筆をとった姿が浮かびました。

・「大森彦七鬼女と争うの図」 成田山霊光館蔵
霊光館には、多くの画家が絵馬を奉納しています。暁斎の傑作と言える絵で、相変わらずの着物のひだのゆらめきと紋様の美、力強く踏み出した右足、こぶしを握った左手・・・どこをとっても素晴らしい。左上端に描かれた薄雲のかかった月夜に浮かぶ武者はまさにヒーローです。


別室では、成田山の由来などが紹介されていますが、ここでは国芳が描いた絵馬「火消千組の図」(本物)を見ることがでます。まさか翌日江戸博でこの絵馬の摸品を見ることになったのは予想外のこと。。。
国芳以外に歌川国貞、鳥居派の浮世絵師による歌舞伎の所作を画題にした絵馬が何点か展示されており、こちらも楽しめます。
絵馬堂にこれらの絵馬が実際に納められていた様子はさぞかし壮観であったろうと当時が偲ばれます。

霊光館の入場料は300円。ご参拝の後にちょっと立ち寄れる気楽さです。
なお、書道美術館と併せて入館すると書道ハガキ3枚をプレゼント。期間限定かも?美術館霊宝館いずれも作品リストが準備されており、好印象でした。

*2月11日(日)まで開催中。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こちらもTBさせていただきました。
暁翠の作品は初めてみたのですが、なかなかよかったですね。暁斎との共作の霊山群仙図はすごく好きです。
たった300円でこれだけ見せてもらえて大満足でした。

No title

@あべまつ様
こんばんは。
今マイブームは幕末~明治期の画家(高橋由一や暁斎)です。
建築家のコンドルが弟子入りしたって、凄いですよね。
本画を見ていると、やはり絵の上手さ・センスは抜群。
羽は私でなく、私が所有していたお札についているのです。(笑)

@はろるど様
行って良かったというご感想を拝見し、胸をなでおろしています。
成田山の雰囲気も独特で、梅の季節はさぞかしお庭が素晴らしいことでしょう。
仰るとおり、平常展でも予想外の作品がいくつかあって狭いけれど見応えが
ありました。
先に国芳の本物見ることができて本当に良かったとく思います。
(江戸博のを本物と思ったかもしれない・・・)

No title

こんばんは。ご推薦の展覧会、早速先日行って参りました。
まだこちらの霊光館の感想しか書けていないのですが、
二つ合わせて見ると相当の分量がありますよね。わざわざ成田まで足を運ぶ価値が十分にあったなと思います。(行って良かったです!)

国芳の絵馬、江戸博が模品でしたか。平常展にも芳年、文晁と、名の知れた画家の作品があって嬉しかったです。

No title

こんばんは。
昨日、近美で暁斎のチラシが目に入ったので、もらってみたら、京博での企画。
あちゃ~京都までは行かれないやぁ~と嘆きつつ、どんな展覧になるのだろうと、
興味そそられました。ジョサイア・コンドル氏が弟子入りした暁斎の溢れる魅力、
引き込まれます。
memeさんみたいな羽根が欲しいです。

遊行七恵さま

こんばんは。
書画会=コミケ 確かに!似ています。
書画会の模様を描いた作品が沢山あったのですが、
仰るとおり、雰囲気近いと思います。
春の京博特別展とあわせて、同じ京都の漫画ミュージアムで
暁斎の戯画展があるので、どちらも楽しみですね。

No title

こんばんは
行きたかったのですが予定も飛行機も取れず、諦めました。
春には京博で展覧会があるから、そちらで間に合わせようかと。
おばけの引き幕、大好きです。
これまで二度ばかり見ましたが、面白いですよね。

書画会ってなんとなくコミケの熱気を髣髴とさせる処のような気がします。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。