スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琵琶湖文化館を守りたい!

拝見させていただいているブログ「見もの読みもの日記」にて、滋賀県の琵琶湖文化館が本年3月31日をもって休館するという方針が先日発表されたとというニュースを知った。正式決議は2月の県議会になるそうだが、これには驚いた。

実のところ、私は琵琶湖文化館には、まだ一度も訪れたことがない。そんな分際で文化館の存続を求めるのはおこがましいかもしれない。けれど、滋賀県内でもっとも訪れてみたいと思っていた博物館であったことは間違いない。

滋賀県は、奈良・京都に次ぐ仏教美術の宝庫である。にも関わらず、休館後の所蔵品の行き先なども決まっておらず、寄託先寺社等に返還されるなど散逸の危機が生じている。
地方美術館、博物館の予算はどこも厳しいと聞いているが、本当に存続の道はないのだろうか?

私個人ができることはたかが知れているかもしれない。それでも何かせずにはいられない、このもどかしさ。
まずは、行ってみることから始めよう。それから知事への嘆願書を書くなり次に続く行動に移せば良い。

現在、琵琶湖文化館では、総力を結集して収蔵品による「近江の美術 花鳥風月」という企画展を開催中。この記事に関心を持たれた方は、是非足をお運びいただければと思う次第です。

琵琶湖文化館HP
http://www2.ocn.ne.jp/~biwa-bun/

以下の方のブログでも本件に関する記事がアップされています。是非ご一読ください。
http://blog.livedoor.jp/yamaharasakura/archives/2008-01.html#20080128
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/blog-entry-11.html
http://metacequoi.exblog.jp/d2008-01-20 *1月29日追加

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

琵琶湖文化館 休館

 日々、迅速かつ精確な展覧会・文化財公開情報を紹介されているサイト「観仏三昧」にあるblog「観仏三昧的生活」1月5日の記事において、琵琶湖文化館が3月31日をもって休館になることを知る。  急ぎ、琵琶湖文化館HPを見ると確かに公開の中止、事実上の休館の告知...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ご連絡ありがとうございます。
ブログ上だけでのやりとりでしたが、
謹んでご冥福をお祈りいたします。

No title

  あるYoginiの日常 様


 aoyamaは先月某日、交通事故により逝去致しましたこと、

 謹んでお報せ致します。

 (一部地方版には氏名未発表・居住区および年齢のみ公表

 で1段記事が出たようです。)

 故人の意向により、納骨後のお報せとなりましたことを

 お詫び申し上げますとともに、

 生前中は厚い御交誼賜りましたこと、深く御礼申し上げます。

 

 

aoyama様

こんばんは。
大河内様の議事録メモ拝見しました。
学芸員の方による研究機能の確保は保たれるようで
ほっとしました。
あの空調では、お客さんが減っても仕方ないかもしれません。
展示や講座の質は本当に素晴らしいのにインフラ整備の遅れが
致命傷になってしまったのですね。
私は今月中に必ず行こうと思っています。

残念です

こんにちは。

琵琶湖文化館休館が本日の県議会で正式に決定。
大河内さんのblogに掲載されました。
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/blog-entry-25.html
残念です。
何とか今月中に行きたいと思ってはいるのですが・・・

No title

@Tak様
本当に嘆かわしく悲しいニュースです。
Tak様のブログでも是非とりあげていただけたらと
思います。
小さな声も沢山集めて、大きな声にしたいのです。

@aoyama様
はじめまして。
同じ地方でも、新たに美術館をオープンする所(十和田市など)
もあれば、休館する所もある、これが私には一番謎です。
財政が厳しいのは大都市圏を除けばどこも似たり寄ったりではないかと。
少なくとも休館決定の前に、今後の研究、展示方針を明確に
していただきたいと思います。

No title

はじめまして。

琵琶湖文化館休館、やはり異議を唱える方が増えてきたようですね。
過日のシンポジウムでも来場者からは存続の要望が大きかったように聞いています。
ただ、文化館HPのtopには未だシンポジウムの概要がupされていません。
クリックはできるのですが。

この動きが他県に波及することが一番心配です。
休館前に一度御訪問されることをお薦めします。
http://metacequoi.exblog.jp/d2008-01-20

No title

情けない話ですね。
道路を作るお金を削ってでも
たとえ赤字であっても文化を
発信し続けてこそ行政。

私もブログで取り上げてみようかな。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。