スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

興福寺 北円堂の仏像様

奈良博へ向かう途中、興福寺の前を通り過ぎると「北円堂」の特別公開の案内が。
おぉ、何とGWが特別拝観時期だったとは露知らず。秋にあれだけ見に行きたいと思っていたのに、都合がつかず諦めたのに、タイミングってあるものです。

北円堂には、鎌倉時代の仏像彫刻として名高い無著・世親立像が安置されています。以前、NHKで作家の柴門ふみさん(仏像好きで名高い)の「私が選ぶ仏像この1点」で無著像について、語っておられ、一度実際にお目にかかってみたいと思っていました。

北円堂には全部で9体(5/9修正)の仏像がいらっしゃいます。
中央に「弥勒如来座像」、その脇侍ニ菩薩として「法苑林・大妙相菩薩半跏像」、東西南北に「四天王立像」そして、弥勒如来座像の左右後方に「無著像」「世親像」、すべて国宝指定です。

「無著像」。。。
これまで博物館、その他で数多く仏像を見て来ましたが、素晴らしい写実性です。生きているのかと思われるようなその姿には、ただただ脱帽。
運慶総指揮のもと、その一派によって作られ、運慶晩年の名作として名高い理由がよく分かりました。
何と言っても、その瞳に吸い込まれてしまう。
思い出すたびに余韻にひたる仏像様と言えるでしょう。

また、サイズは小さいのですが四天王立像の躍動感にも驚きました。実際最初は、持国天から目が離せなかったほど。

なぜか一番印象が薄かったのは「弥勒如来座像」ですが、あの狭いお堂の中に、ぎっしり7体、しかもとびきりの名作が安置されているというのは、さすが興福寺としか言いようがありません。

これまで見た仏像様の中でも、無著像はベスト5、いやベスト3に入ります。
私は山田寺の仏頭も大好きなので、興福寺様様です。

さて、念願の北円堂にも行ったし、次はいよいよ東大寺へ大仏以外の仏像様にお会いしてみようと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

@あべまつ様
こんばんは。
なんと、東京芸大美術館に出られていたとは。。。
普段も北円堂にこもりきりなのに、それは長旅だったのですね。
う~ん、確かにお堂の中は暗くて、もっと近寄りたかったなぁ。

@一村雨さま
やはり、共感していただけましたか!
一村飴様なら、きっとわかって下さると思ってました。

何と言うか、運慶の凄さがあの1対の仏像に全て現われているような
気がいたします。

No title

北円堂の弥勒如来、弥勒菩薩の56億7000万年後の姿で
堂々と座っておられますね。
ただ私も同じ運慶作の無著・世親像のほうが、人格を感じることが
できて、memeさん同様、愛着を感じます。

興福寺

こんばんは。
私が奈良に住んでいた頃を懐かしく思い出しました。
山田寺の仏頭を動かすと、祟りがあるとか、奈良の人から聞いたことがあります。
無著、世親像は去年だったか、芸大美術館にお出ましになったのですが、
北円堂にいるときより晴れがましいお姿に見えたものでした。
興福寺から東大寺へのお散歩道、大好きです。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。