スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月18日 鑑賞記録

昨日アップした平塚市美術館の他に2つの展覧会をはしご。

1.「中西夏之新作展 絵画の鎖・光の森」 渋谷区立松濤美術館

中西夏之と言えば、今や現代アートの大御所です。
4年近く画家が取り組んできた未発表作品を展覧するもの。白・紫・黄の3色だけで構成された世界は、タイトル通り絵画の鎖となって、一点一点がつながっているように感じます。

2階のサロンでケーキセットを味わいつつ、大画面を鑑賞するのは気持ちが良いです。松濤美術館は規模はそれほど大きくないのに、訪れるたびに我が家へ帰って来たような気持がします。
今では、都内でもっともくつろげる美術館のひとつです。
2階展示室の天井は、それほど高くないのに、大きな作品をおいても圧迫感を感じません。浮世絵、中国の書、現代アート、何を置いてもマッチします。白井晟一マジック?1980年と26年経過しても一向に古さを感じさせない。

*5月25日まで開催中。
oki様チケット、ありがとうございました。


2.「旅の仲間 澁澤龍彦と堀内誠一による航空書簡より」 ギャラリーTOM

中西夏之新作展より、私にはこちらの方が面白かった。
タイトル通り二人の往復書簡による展示。澁澤は瀟洒でシンプルな文章が読みやすく、堀内はヨーロッパ各地のスケッチが入った絵手紙が素晴らしい。

堀内誠一の作品はきっとどこかで目にしているだろうに、名前を聞いてもピンと来なかった。雑誌「アンアン」などを手がけたイラストレーターであり、絵本作家であり、グラフィックデザイナーでもある。
鮮やかな色彩で描かれたスケッチの数々。添えられた直筆の文字は小さくて細かくて読みづらい。
とにかく、紙面びっしりに書かれている。

対して澁澤は、どちらかと言えば言葉少ない。けれども、その文章は読みやすくすいすいと頭に入ってくる。さすが、エッセイストであり、文学者、作家だ。読ませる術を知っている。

ギャラリーTOMは、初訪問。内藤廣設計のギャラリーは、こじんまりとして、こちらも落ち着く。2階にはスツールが置かれているので、ゆっくり手紙を読むことができた。

*7月6日まで開催中。

これから松濤の美術館散歩が楽しみ。でも、帰りの渋谷駅周辺の喧騒は大の苦手。渋谷駅周辺を回避する手立てはないものだろうか。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

@OKI様
こんばんは。
いつも、行きは神泉駅を使うのですが、帰りは神泉に戻るのが億劫で
ついつい渋谷に出るのです。
それでも、半蔵門線駅はまだましで、JR渋谷駅の混雑ぶりには
ほとほと参ります。
だったら、帰りも神泉で渋谷と逆ルートに抜けるってのもありですね。

@はろるど様
あぁ、そんなバスが出ていたのですね。知りませんでした。。。
次回はぜひチャレンジします。
最大の問題は乗り場に迷わずたどりつけるかですが・・・(汗)。

No title

こんばんは。渋谷の喧騒は私も苦手です。歩道も狭いですし歩きにくいですよね。町並みも何となく落ち着きません。

毎回というわけではありませんが、最近は文化村へ行く際などに渋谷駅からの東急シャトルバスを利用します。
待ち時間等で結局歩くよりも時間がかかりますが、
本店前まで連れて行ってくれるので便利です。もしご存じなければどうでしょうか。もちろん無料です。
http://www.tokyu-dept.co.jp/toyoko/service/bus.html

No title

ニアミスですね、この日は僕はブンカムラ「薔薇空間」でした。
道路を規制してお祭りやっていたから渋谷駅周辺は大混雑ですね。
ギャラリーTOMでは「どうやってここを知りましたか」と聞かれたでしょ、皆さん聞かれるみたいですよ。
渋谷の雑踏を回避するのは簡単です、井の頭線で神泉駅で降りればよいのです。
松濤美術館、戸栗美術館への道案内もきちんとでていますよ。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。