スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酵素玄米講習 前編

Photo 掛川の城先生のご自宅でプライベート酵素玄米講習を受ける。

酵素玄米を知ったのは、雑誌「conscious」の記事で濱田美里さんという料理研究科の方がもちもちのお赤飯のような玄米ご飯として紹介されていたこと。
その後、濱田さんに酵素玄米について問い合わせしたところ「長岡式酵素玄米」という特殊な方法で炊く玄米だと教わった。 玄米は消化が悪そうと二の足を踏んでいたけれどこの酵素玄米は白米の4倍消化が良いと聞いてどうしても食べてみたくなった。

☆長岡式酵素玄米とは・・・
1升の玄米+小豆+塩を専用の圧力鍋で炊き、2升の保温ジャーで75度を保ちながら、玄米自体の酵素で発酵させていく、というもの。水道水は厳禁でカルキのないお水を使用する。
ぬか床のように毎日かき混ぜ、3日目から酵素玄米として食べられる。そのまま発酵し続け、永久に腐ることはない。一人なら一度炊けば1週間で食べきれる量なので、忙しい人にはもってこい。 ただ、これには、専用の圧力鍋や保温ジャーが必要で、一度講習を受けなくてはならない。また、2升の保温ジャーというのはけっこうな大きさのため、場所を選ぶのと初期投資(鍋+ジャー+小豆+塩等の購入に7万弱必要)が問題。

長岡式酵素玄米は、本部が埼玉にあり講習会も毎週日曜に開催されているけれど、私は、とある方のブログで城先生を知り、現在掛川在住とお聞きし、本日講習を受けるに至る。



城先生は、元広島大学の物理化学の教授を51歳で退職、現在65歳、今は可愛らしい奥様と自作自農生活をされているのだが、とにかく素敵なご夫婦で、お人柄の良さが溢れ出ていらっしゃった。

そして、講習。
と言っても堅苦しいものではなく、要は炊き方を教わったのだが、日頃炊飯器でしか米を炊いた事のない私には、圧力鍋で米を炊くという行為が非常に新鮮であった。
炊き方は略。
炊けるまでの間、城先生に酵素玄米の成り立ちや化学反応について教えていただく。

しかし、城先生が一番私に教えたかった事、それは酵素玄米の炊き方ではなく、幸せになる生き方(ストレスの中でも幸せになれる方法)であった!!
この日記を読まれている方、それは何だと思います?

答えは、「感謝」の言葉。
でも、ただ感謝するだけではないのです。
嫌な事があったら「ありがとうございます」
良いことがあったら「感謝します」
を声に出して言うことでツキを呼べるというのです。
さらに、汚いこと言葉を使わないことも大切。

この方法は工学博士「五日市剛」氏が「ツキを呼ぶ魔法の言葉」という著書の中でご自身の不思議な体験として、書かれています。

私はここで、はたと思い当たりました。
11月から現在まで仕事で度重なるミスが続いた時、己の運のなさを口に出していたことを。。。
嫌なことがあると、嫌なことを考える、するとまた嫌なことが起きる。不幸の連鎖を断ち切れなかった私。
でも、「ありがとうございます」の一言で不幸の鎖が断ち切れると言うのです。

このお話に出会えただけで、不幸の鎖が断ち切れたのではないかと思わずにはいられませんでした

何というタイミング、何という出会い。


話題が酵素玄米から逸れてしまった。

酵素玄米の蒸らしが終わり、城先生ご夫婦と昼食。
自家製味噌で作ったお味噌汁、お手製梅干等でいただいた初酵素玄米は本当に美味しかった♪♪♪
炊き立てと4日目とを食べ比べてみたが、やはり4日目で発酵が進んだものの方が甘みが増して美味しくなっていた。


この後、薪ストーブの上で焼いた焼き芋をいただき、これがまた甘くて美味しくて。。。

で、まだ話は続くのですが、今日はこのへんでおしまいにします。


大変長くなりました。
ここまで読んで下さった方ありがとう!Have a merry X'mas
!

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。