スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月7日 鑑賞記録

よく歩いた1日だった。そして、自分の方向感覚のなさに呆れる。

1日の振り返り。

御茶ノ水で所要。
ブランチを近江屋洋菓子店(お茶の水店)にて、すます。日曜はパンが一切ないので要注意。

おなかも満足したし、向かった先は大田区立龍子記念館。
1.「川端龍子と修善寺~伊豆市所蔵、近代日本画の巨匠の姿と共に~」
龍子の作品はあちこちで見かけるが、わざわざ西馬込の記念館に足を運ぶには訳がある。川端龍子の作品はこの記念館が、一番映えるのだ。先日の山種美術館でも鳴門の渦潮を描いた大作が展示されていたが、あの作品も記念館ならもっと見栄えがしただろうに・・・と思ってしまうのだ。それだけの何かがここにはある。

今回も大作「龍子垣」、「逆説・生々流転」など好感を持てる作品が目白押しだった。中でも、マイベストは「怒る富士」。墨の世界に、金彩色の稲光?と赤い富士山の姿が描かれている。黒、金、赤の3色を使用しているだけなのに、引き込まれる。黒々とした雷雲が妖しげに蠢く。

修善寺に龍子は別荘を持ち、長逗留することもあったと言う。今回は開館45周年記念展ということで、伊豆市より作品を借用しての展示。
龍子以外では、安田靭彦、横山大観らの作品があったが、やはり川端龍子の作品が一番素晴らしかった。
今回は、龍子公園が特別開館されていたので、外から龍子のアトリエや住まいを眺め、実際に庭園を散歩することができた。長縁に坐って、ぼ~っとお庭を眺めるのが心地よい。

*6月15日まで開催中。

2.「もうひとつの薬師寺展」 薬師寺東京別院
明日で会期終了。これまた、道に迷う。
真新しいビルが薬師寺東京別院だった。
向って一番右にあった平安時代の「十一面観世音菩薩立像のお顔が美しい。
大津皇子像もじっくり堪能。
仏画が3点あって、いずれもガラスケースに入っておらず、かなり近寄れたのが嬉しい。これも向って一番右にあった「二河白道図」鎌倉時代が、見ごたえがあり。金箔も残りもよく、細部まで描かれており、絵画として見所が多かった。

こちらの展示は明日で終了だからか、かなり混雑していた。

この後ギャラリーmomoで「佐藤栄輔展 アイスクリームを飲み込む」を見る。詳細は別途。ちょうどオープニングセレモニーが始まったばかりで、直接作家さんご本人とお話することもできた☆

ギャラリーmomoから、東京ミッドタウンへ向かう途中、写真家の荒木経惟と遭遇。さすが六本木。雑誌で見るのと同じ(当たり前)。そう言えば、先日のシャネル・モバイルアートでも荒木氏のエロチックな映像を見たばかりだ。

最後は21_21で「21世紀人XXIc.」展を見る。
これが出色の出来栄え。鑑賞記録の片隅では申し訳ないので、こちらも別途ご紹介予定。
過去2回の企画展を見ていないので、比較は難しいけれど、図録で見た限り、3回目となるこの企画展が一番素晴らしいように思った。

会場となっている21_21も今回初めて訪れたけれど、今まで実際に足を運んだ安藤忠雄建築の中で一番好き。地中美術館に似ているけれど、外観のデザインが抜群。今回の企画展は建物とぴたりとはまっていた。

コメントの投稿

非公開コメント

tsukinoha様

こんばんは。
龍子宅には、一歩一歩着実に近づいています。
1回目は、園内にすら入らなかったのが、今回は庭園まではクリアしました。
次回はいよいよ、ガイドツアーと思っています。

No title

こんにちは。
同日に行かれた方が多いようで・・・^^。
この記念館は龍子本人が設計した、日本ではじめての個人美術館とのことです。
ガイドさんの解説にくっついて庭園見学すると、美術館や日本家屋の建物のこと、などなどいろいろな謎!?が解き明かされ、興味深いですよ~^^。

No title

okiさま
龍子記念館は、気持ちよく作品を見ることができますよね。
今回は制服姿の女子高生が一人で作品鑑賞していて、印象深かったです。
記念館は草よりも、建物内部の方が気になってました。
一度中に入ってみたいです。

とら様
こんばんは。
とら様のスケジュールに比べれば、こんなのハードには入りませんよ~。
龍子は信仰心の篤い方で、愛妻家でいらっしゃったのでしょうか。
奥様お気に入りの修善寺に別荘まで建ててしまうのですから。

No title

相変わらずのハード・スケジュールですね。感嘆!!!
川端龍子の《怒る富士》と《影富士》が並んで展示されているので印象深いものがありました。富士も人間と同じですね。喜怒哀楽が激しい。龍子の性格はやはり《怒る富士》に近いものだったのでしょうか。

No title

おお、僕もこの日に大田区立龍子記念館初訪問しました。
大作を飾るにふさわしくスペースをゆったりととったとても感じのいい空間でしたね。
公園は手入れをしていないのか草ぼうぼうでなんだかー。
龍子は建築が唯一の趣味だったのですね、なかなか勉強になりました。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。