スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「綯交-フジイフランソワ一体こやつのアートはいかに」  豊田市美術館

フランソワ

名古屋に戻ったので、豊田市美術館の「綯交」展へ行って来ました。
少し前まで、企画展「ドイツポスター展」も同時開催されていましたが、今回は常設のみ。「綯交」展は
常設特別企画ということで、入場料はわずか300円!

この内容で300円はお安い。結論から入ってしまいましたが、早速展覧会を振り返り。

約50点、豊田市美所蔵作品はそのうち数点で、残りは作家ご本人の所蔵、個人コレクターからの借用である。
展示作品の中でもっとも古いのは1997年、新作はできたてのほやほやで2008年作だが、図録掲載が間に合わず、図録付録として200円で別売りされている。

さて、フジイフランソワさんはれっきとした女性。彼女は絵画世界のアーティストとしてだけでなく、雅楽奏者としての顔も持つ、多才ぶり。
今回は、アーティストトークと合わせてご自身が出演されて雅楽コンサートも同時開催された。

さて、作品鑑賞のポイント。

1.タイトルに注目
作品そのものと併せて注目すべきは、タイトルである。「待つ 去る」「とらやき」(どらやきではない!)、「コブコブラ」「ひょう流ひょうひょう」「やなぎにかえる」等々。
これらのタイトルは、作品に描かれた対象そのものを表していることに後で気づくのだ。ちょっとかわされた気分。
たとえば、「待つ 去る」には「松」と「猿」が、「とらやき」では、どらやきの皮の部分が虎の毛皮になっていたり。ブラックユーモア、思わずくすりと笑ってしまうようなタイトル付けは、ひねりがきいていて、絵が分からない人も楽しめる。

2.素材に注目
キャンバスも特製だが、注目すべきは画材。作家が使用するのは、「ルイボスティー」「エンジンオイル」「コーヒー」等、通常画材として用いることのない身近なものだ。
特にお気に入りは「ルイボスティー」とのこと。これらに共通するのは、色。褐色の古ぼけた色合い。古い色褪せた写真の色と言えば分かりやすいだろうか。
現代アートなのに、枯れた感じを醸し出しているのは、これらの画材によるもの。

3.江戸絵画の流用
流用、剽窃、どちらでも構わないけれど、作家ご本人は、「江戸絵画からの引用があっても、そこから先はあくまで自分の世界」と言い切る。
作品それぞれが、どの名画からの引用かを考えるのも古美術好きには楽しい。ちょっとしたクイズが出されているかのようだ。
琳派あり、応挙あり、芦雪あり、もっとも多く引用されているのはやはり若冲だろうか。若冲の鶏が、現代アートに見事にアレンジされて目の前に現れる。

作品からは、「間合い」を感じて欲しい、これも作家ご本人がアーティストトークで語られていること。
間合い、リズム、ひねりのきいたタイトル、どことなく作品から音楽性を感じる。名曲からの引用で「夜明けのスキャット」というタイトルの作品もあった。

作品には、日本画的な魅力もあるが、こまごまとしたかわいいキャラもたくさん登場する。動物も植物も2つずつ揃って恋を育む様子を描いた「池のこい図」(若冲の蓮池図がモチーフ)などは、その最たるもの。

200年にVOCA展奨励賞を受賞。2002年の水戸芸術館現代ギャラリーでの個展から、6年後の2回目となる個展は、展示室3つを使用した力が入った内容です。この作家、東京に出せば間違いなく売れる。

*6月27日(金)まで開催中。日本画現代アート好きの方にはおすすめです。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

愛知アートツアー (豊田編その2)

 豊田市美術館で開催中の「綯交 フジイフランソワ、一体こやつのアートはいかに。」...

コメントの投稿

非公開コメント

mizdesign様

こんばんは。
なるほど、デスクに置くのは良い手ですね。
そのアイディアいただきます!

「とらやき」にはまっちゃいましたね。

とらやき

こんばんは。
これが常設展扱いとは、豊田市美恐るべしですね。
もう「とらやき」が頭から離れません。
というか、モニターの横にそのポストカードが貼ってあります。
そこまで好きかと、自分でも不思議です。

ogawama様

こんばんは。
ogawama様の記事通り、面白い内容でした。
行jけて良かった!
私自身は作品から音楽をイメージすることはありませんでしたが、
企画展担当の学芸員さんが、そのように感じていらっしゃったようです。
山下裕二先生の所蔵品もちゃっかり並んでましたね。

No title

あ、やっと知っている人がナイマゼの記事を♪
楽しい展覧会でした。
嫌味のない巧みさで、独特の世界に引き込んでくれました。
センス、ですね~。
音楽性、言われるとなるほどと思います。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。