スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「チェ・ウラム Animal Machines」 SCAI THE BATHHOUSE 

会社帰りにふらりと、根津から徒歩でSCAI THE BATHHOUSE ヘ行って来ました。
お風呂屋さんを改築したギャラリーとして、つとに有名ですが、私は初めて。

例によって、道に迷いつつたどりついたのは7時20分前。
がらがらと引き戸を開けて目に飛び込んできたのは、巨大な金属製のシャンデリア風インスタレーションがどんと展示されていました。。
「うわ、きれい」。

しばらく眺めていると、機械製のお花が順番に結んで開いてをしています。
法則性のある動き。
機械の動く音がちょっと耳障り。
音が気になり始めると、きれいだったものが不気味にも見えてきます。
「食虫花に似てる」。。。

作品のもとになったドローイングともう1点機械彫刻が展示されていました。
ドローイングは繊細な感じ。

ギャラリーというのは、あっけない。
美術館や博物館での展示では量で明らかに負けている。
だとすれば、ギャラリーでなければ見られない作家、追っかけている作家に絞るのもコツなのかも。

まだまだ、ギャラリー初心者です。

*6月28日まで開催中。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

チェ・ウラム「anima machines」(SCAI THE BATHHOUSE)

SCAI THE BATHHOUSEで開催中のチェ・ウラム「anima machines」に行ってきました。 チェ・ウラムは以前、森美術館のMAMプロジェクトで見てました。 メカニカルな生命体ぽいのが動くのが気持ちよかった覚えがあるのですよ。 さあ、そんな期待をしつつスカイへ。 受付で

コメントの投稿

非公開コメント

No title

@ogawamaさま
スカイは煙突がわるので、目印となって救われました。
ラウムの作品には、見た瞬間思わず声を出してしまいました。
もっと、広い空間だったら更に見栄えしたかもしれません。

@あおひー様
こんばんは。
気持ち良さより、私は徐々に不気味さが増してきました。
動きはあった方が絶対面白いのですが、お花に、自分が
食べられてしまうような感覚があって。。。

No title

機械のはずなんですが、ランダムな挙動がすごく生き物っぽくて気持ちよかったです。
あの空間でお酒を飲んだら、かなり気持ちいいと思います。

まさに食中花..

きゃー、またこんばんは!
スカイは一番好きなギャラリーです(地元だし)。あの広さですから展示数は限られるのですが、いつもぐーっとはまってなかなか抜け出せません。
もちろんチェ・ウラム見ました、畏れを感じさせる美しさでした。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。