スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「大正の鬼才 河野通勢」 渋谷区松濤美術館

kouno

松濤美術館で開催中の「河野通勢」展へ行って来ました。
NHK「新日曜美術館」の特集通り、いやそれ以上に素晴らしい内容でした。

私の記憶の中の河野作品と言えば、自画像。
今回も出展されていますが、愛知県美術館所蔵の河野作品は「自画像」であったし、彼が師と仰いだ岸田劉生の関連で過去に見た作品も自画像や人物画が多かったと思います。

ところが、本展で公開された作品はそんな河野のイメージを大きく覆す作品ばかり。
ことに、2階に展示されていた宗教画(チラシにも一部採りあげられている)には驚きました。
例によって、松濤では展示順を無視して、2階へ向かってしまうので、最初に見たのが「アマゾン征伐」。
「えっ、これが河野通勢の絵なの?」
しばし、沈黙、絵の前で固まる。
次、「竹林の七妍」。日本にも、モローがいたのか!と思わせる繊細かつ色彩感覚。

今まで見ていた河野のイメージはこの2枚で吹き飛びました。

更に大作「蒙古襲来の図」、「婦人像」でも絵筆は冴えわたります。

圧巻なのは、奥のガラスケースに入っていた「新東京風俗図屏風」(左隻)。
明治の洋画家が浮世絵風の作品を描いていたとは知りませんでした。
でも、この屏風、明らかに浮世絵を意識しており、明治の洛中図と言っても過言ではないでしょうい。
今回は左隻のみの展示ですが、右隻共々そろって見せていただきたいものです。

作風はかなりめまぐるしく変わっており、前田寛治風の人物画もあり、同じ人物画でも初期の岸田劉生影響下の作品と比較すると、その違いは大変興味深いものがあります。

また、デューラーばりの銅版画も見逃せません。
個人的には「御茶ノ水橋」界隈の風景作品、「アダムとイブ」など宗教的なモチーフを描いた作品、いずれも魅力的です。

また、挿絵も多く手がけており、これらは先に見た「誌上のユートピア」展と重なることもあり、明治大正と続いた挿絵、装丁芸術の復習にもなりました。

とにかく、見どころ満載の内容です。
松濤からの帰路、渋谷の電柱に河野の宗教画をメインとした本展チラシが風になびいていました。
渋谷の雑踏と河野の宗教画、これほどアンマッチな風景もそうはないように思います。

*7月21日まで開催中。7月1日から後期展示となり、前期とわずかに作品の展示替えがあります。
この後、長野県信濃美術館へ巡回します(11月22日(土)~09年1月18日(日)まで)。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大正の鬼才 河野通勢(松濤美術館)

距離的には近いものの行ったことのなかった松濤美術館。 河野通勢って知らないし見たことないなあと思い、神泉駅から暑い中歩いていきました。 うわー!失敗。 こんないい建物だったんですね。 建物の中央がぽっかりと空いてて、地下から2階まで広がる空間。 入場料...

コメントの投稿

非公開コメント

あおひー様

こんばんは。
作風がバラエティー過ぎたんでしょうか。
浮世絵風のもの、宗教画、風景画何でもありでした。
2階のティールームでは、クロックムッシュが一推しです。

No title

こんばんわ。
TBありがとうございました。
ほんと時期によってえらく作風が違っててびっくりしました。
あの時期にあれだけの点数のキリスト教の宗教画を描いてたのって他にいないですよね。
次回は2階でお茶を飲みに行こうと思います。

oki様

お返事遅くなりました。
2階を先にしてしまう理由はただひとつ。
花より団子。
2階のカフェがお目当てになることが多いのです。
屋上庭園の河野作品も見て来ました。

No title

松濤に行かれると二階から観るというのはなぜ?
河野は、ハリストス正教会の信者だったのですね、宗教画が多いわけですね。
今回の展覧会は小金井のアトリエからの新発見作品が中心ということですが、まだまだ眠っているのですね。
memeさんは行かれたか、現代美術館の「屋上庭園」にも河野の作品が出ていますよ。

とら様

こんばんは。
上京したというのに、なかなかお目にかかれず残念です。
河野通勢の宗教画に強くひかれました。
これまで、劉生一派としか理解していなかったので、
個性的な作品の数々に圧倒されました。
私も再訪して、楽しんで来ます。

河野通勢ー鬼才の実像

執拗で意味ありげな風景や人物、まじめそうで時に驚くべき諧謔をこめた宗教画など・・・
河野通勢というのは、多彩というか多才で、不思議な画家だということが分かりました。
二度見に行きましたが、まだ十分に理解できず、なんとなく不消化です。
もう一度見に行って鬼才の実像にもう少し迫れればと思っています。

一村雨さま

こんばんは。
この展覧会は、この日のベストでした。
思わず図録を買って、じっくり論文共々堪能する予定です。
図録を見ると、松濤に出ていなかった作品もいくつかありますね。

No title

河野通勢という画家は幅広い画風を持っていたのですね。
私は、新日曜美術館の特集でこの画家を詳しく知ったのですが、
実際に多くの作品を見て、楽しめました。
渋谷の雑踏にはためく、ヨハネ像がミステリアスでステキでした。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。