スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琵琶湖文化館 その後の活動

今朝、日経新聞朝刊を読んでいたら、コラム欄に琵琶湖文化館の記事が目に入った。

本年3月末で休館し、その後1度か2度文化館のHPを見に行ったが、それきりになっていることを思い出した。
ちょうど、「日経5つ星の美術館」を読み終わり、公立美術館の財政面、運営面での苦境について、問題意識を感じた所だったので、タイミングが良かった。
コラム(手もとにないので記憶だけ)では、文化館ではHPを通じて現在も学芸員の方が再開に向けた活動を展開していることを紹介。さらに、県内の博物館(安土城博物館だったか)で、収蔵品の公開が決定したという内容であった。

帰宅後早速琵、琵琶湖文化館のHPを閲覧すると、前回より更にヴァージョンアップしているではないか。
収蔵品をHP上で様々な角度から紹介したり、これまでの文化館のあゆみをまとめた冊子を作成し、県内で無料配布している等々、学芸員の方の懸命な努力の成果が目に見える形で現われている。
さらに、今月24日からは「Akitu Blog」と名付けられたブログが立ち上がっていた。
学芸員さんが日々の活動を日記風の記事として発表されているのだが、こちらも1日単位の活動状況を知ることができ、親しみやすい博物館を目指す姿勢が感じられる。

できることなら、文化館が月例で主催している滋賀の文化財講座「打出のこづち」に是非とも参加してみたいものだが、いかんせん平日昼間では難しい。

閉館前に開催されていた「浮城鑑賞講座」も復活していただければなと思う次第。

群馬県立近代美術館の記念展で学んだ通り、美術館・博物館のお仕事は、作品公開だけでなく、教育・研究・作品保存等々幅広い。
これらの活動をより充実させ継続していくことで、必ずや文化館再開が実現すると固く信じている。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

@Akitu様
もちろん、HPの紹介などお安い御用です。
気持ちだぁでも、再開のお手伝いができれば幸いです。
地道な努力の結果は後から見えると信じています。

山村さま
はじめまして。
いつも、ブログを楽しく拝見しております。
コメントいただいて恐縮です。

琵琶湖文化館は滋賀県の仏教美術の宝庫です。いや日本でも3位もランウ
インしてもかしくない施設です。

No title

琵琶湖文化館の休館に心痛めておられる方がおられてホットしています。浮城特別講座、そして今回の打出のコヅチにも参加しています。これだけの内容を持つ博物館が再開されねばおかしいと思っています。

こんにちは

 はじめましてこんにちは Akitu といいます。
ブログを始めたものの、まだ良く分かってない部分が多く、
トラックバックの付け方を今、やっとできるようになりました。
 
 休館前から、当館のことを取り上げてくださりありがとうございます。
現在も少ないスタッフになってしまいましたが、引き続き近江の文化と
大切な文化財を守っていくための活動をしておりますので、
HPの紹介などご協力いただけたらうれしいです。

 ではではAkitu
 
 
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。