スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MAMアートコース第2回 「現代アートを買ってみる?ーアートマーケットの最新情報」

昨日、森美術館アカデミーヒルズで開催された掲題講演会に参加した。

以下森美術館HPからの引用
アートを「見る」だけではなく、身近な生活空間に取り入れるとしたら? アートのPRやファンドレイジング活動で活躍する辛美沙が、現代アートを「買う」ことの楽しさやその方法について、世界のアートマーケットの最新情報を交えながら語ります。
日時:2008年6月30日(月)19:00─21:00
出演:辛 美沙(アートフェア東京 エグゼクティブディレクター/Misa Shin & Co.代表)

辛 美沙
アートならびに建築関連プロジェクトのコンサルテーション及びマネージメントに関わる。1990年から1999年にわたりNYでの画廊運営、アートのPR及びファンドレイジングに関わる。その後拠点を東京に移し、アーティスト・イン・レジデンスの運営、森美術館等を経て現職。2000年から2008年まで、東京芸術大学においてアートアドミニストレーションの教鞭をとる。ニューヨーク大学大学院芸術経営学修士課程修了。


で、感想はと申しますと、上記で案内されている講演内容と乖離していたかなと感じた。その最大の要因は、講演内容が散漫になってしまっていて、最後まで単に「世界のマーケット情報」と「アートと様々なマーケットの関連性」といった巨視的視野での内容で、そのどれもが浅く広く語られるため、今更な~というお話も多かった。
どうせ、辛さんをお呼びするならもっと狭く浅くアートフェアの裏側や資金調達について語っていただいた方が余程面白かったのではないかと思う。

とどのつまり、最後まで何が印象に残るということがないのが残念。
強いて言えば、中国アート市場は過熱しすぎで危険ということだろうか。

最後の最後でアートと政治的市場との関連性がわずかにとりあげられ、これが一番興味深かったけれど、あまりに短すぎて。。。尻すぼみ。

帰りに、お土産としてアートフェア東京用に作成された布エコバックと「ART BOOK vol.1」が配布される。この小冊子の方がテーマに沿った内容で、さらに懐疑的な気持ちになった。

コメントの投稿

非公開コメント

ogawama様

こんばんは。
アンケートに思いきり、お客様の声を書いてきました。
今回はともかく、試みとして面白そうなので。また次回を
期待したいです・。

お疲れさまです

きっとmemeさんのレポが読めるから私はいいなあと、パスしました(どうせ半分しか聴けないし)。ありがとうございます~。
こういう意見て貴重です。
井上雄彦展に行った時、感想を送れるメアドのQRコードが会場に貼ってありました。
森美もお客様の声をどんどん吸い取って欲しいですね。

Tak様

こんばんは。
MAM会員なら500円の受講料でお土産付きだったので、贅沢は申せませんが、
もう少し的を絞れなかったのかなという疑問が一番大きいです。
期待が大きすぎたのでしょうか。
受け取り手にもよると思います。
満足された方も、もちろんいらっしゃるのではないかと。

MAMアートコース

こんにちは。

肩透かし喰らってしまわれたようですね。。。
MAMアートコースはまだ始まったばかりで
どんなものかと様子見しているところです。

今回のmemeさんの記事拝読する限り
かなりイマイチ感強いようですね。

うーーん。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。