スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高嶺格「The SUPERCAPACITOR/スーパーキャパシタ」 ARATNIURANO

新富町のARATANIURANOに初めて行ってみました。
地下鉄有楽町線新富町駅より徒歩数分。スペース自体はさほど大きくなく、むしろ手狭な感じを受けます。

その小スペースを使用して、高嶺格(たかみね ただす)さんの新作展「スーパーキャパシタ」を展開しています。
「スーパーキャパシタとは何なの?」という疑問にまずはお答えしましょう。
会場内の貼り紙、配布チラシによれば次の通り。

スーパーキャパシタは、電気を蓄えることのできる新しい蓄電装置、「電気二重層キャパシタ」の総称です。ウルトラキャパシタとも呼ばれます。
電気二十層キャパシタは、有機電解液とアルミや炭素を原料とした簡単な構造で、電池のように重金属をもちいないため、環境への負荷が少ないばかりか、資源枯渇の心配がありません。また充放電時のエネルギーロスが少なく、内部抵抗が非常に低いため、電池では不可能な瞬時の大電力の充放電も可能で、電池のように爆発を起こす危険性もありません。そして寿命は非常に長く、普通の電池の100倍以上は保つと言われています。

・・・と延々続くのですが、要はエネルギー問題、環境問題をテーマとして、専門外であることを自覚しながら、愉しくなるようなテーマパークみたいな世界を作りたかったのではないかと。

作品としては千代紙を使用した平面絵画やマヨネーズを使用した平面作品、ベニヤ?で作ったのかオブジェ等が出展されています。横浜トリエンナーレで見た衝撃の「鹿児島エスペラント」のような大がかりの作品を期待していくと、肩すかしとなるやもしれません。

他に、携帯待受画面になる画像のバーコードなども案内されていました。これはなかなかカッコいいです。


この後、11月には仙台で待望の国内個展が開催されるそうです。こちらは、今から楽しみ~。

*9月6日まで開催中

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「高嶺格 - The SUPERCAPACITOR/スーパーキャパシタ」 ARATANIURANO

ARATANIURANO(中央区新富2-2-5 新富二丁目ビル3階) 「高嶺格 - The SUPERCAPACITOR/スーパーキャパシタ」 7/12-9/6 私にとって高嶺とは謎めいた作家の一人ですが、そう言った意味においては今個展でも期待を裏切られることはありませんでした。近未来に汎用化も目さ

コメントの投稿

非公開コメント

はろるど様

おはようございます。
あの絨毯は、どうやって作成されたのか今もって疑問です。
多方向アートなのが、高嶺さんの魅力でしょうか。
会場が広い次回の展覧会は、やはり追っかけるべきかと考えてます。

No title

こんばんは。無知な私ははじめ、キャパシタ自体がネタかと思いました。
あれれ?と思っているうちに、いつの間にやら見入ってしまうのが高嶺さんの魅力かもしれませんね。

>11月には仙台で待望の国内個展

メディアテークですね。これを機会に行ってみようかと思っています。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。