スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ウィーン美術史美術館所蔵 静物画の秘密展」 国立新美術館

ウィーン

今回は、フランドル絵画にお詳しい方の解説付きで鑑賞(ありがとうございました)。
普段は訳も分からぬまま、漫然と眺めていることがほとんどなので、作品の意味するところをアドバイスいただけて、大変参考になった。
古典作品は苦手意識が強かったけれど、食わず嫌いではないけれど、多くの作品と接していくうちに何かしら見えてくるものがある・・・と妙に納得できたのが最大の収穫だった。

展覧会は次の4部構成。
第1章 市場・台所・虚栄の静物
第2章 狩猟・果実・豪華な品々・花の静物
第3章 宗教・季節・自然と静物
第4章 風俗・肖像と静物
様々な場面に描かれた静物を見て行くことで、その魅力の秘密を明かそうというのがテーマ。

印象に残った作品を挙げると。

コルネーリス・デ・ヘーム 「朝食図」
⇒ 右横に、絵に描かれた朝食を実際に再現したレプリカが置かれていたが、絵の朝食の方がおいしそうだった!

ヤン・ブリューゲル(父) 青い花瓶の花束
⇒ この手の作品は数あれど、完成度の高さはさすが。てんとうむしに意味はあるの?

ヤン・ブリューゲル(父) ヘンドリク・ファン・バーレン 「大地女神ケレスと四大元素」
ピーテル・ファン・アフォント ヤン・ブリューゲル(子) 庭園の花神フローラ
ヤン・ブリューゲル(父) 小作人見舞い
ヒリス・ファン・ティルボルフ 「農民の食堂」
ヤン・ステーン 「逆さまの世界」
ヘーラルト・ダウ 「医師」 「花に水をやる窓辺の老婦人」
最後の最後に、ベラスケス「薔薇色の衣装のマルガリータ王女」

マルガリータ王女を最後の最後に展示するという演出。お楽しみは最後までおあずけ。

マルガリータ王女ももちろん素晴らしいのだけれど、ベストはダウの「医師」。気に入ったのに、絵ハガキはショップに売られておらず、今では記憶も朧げで、作品に何の静物が描かれていたのかさえ思い出せない自分がもどかしい。
ただただ、医師の表情があまりにもリアルであったため、小品ながらとても気になった。

全体として、当たりはずれの波はあるかもしれないが、当たり作品を探し出すのは楽しい。
肝心の静物画の秘密に迫ることができたかは?です。
国立新美術館展示室は、古典作品には向かない気がした。単調な白い壁と同じく白っぽい(安っぽい)床が重厚な作品には不向きで、作品が浮いていた。せめて壁だけでも何らかの工夫はできないのだろうか。同じ国立でも展示に対する工夫は東博の足もとにも及ばない。

*9月15日まで開催中。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。