スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アネット・メサジェ:聖と俗の使者たち」 森美術館

東京進出に伴い、森美術館のフレンド会員になりました。
ということで、メンバーイベントの「MAMCウェルカムパーティー」に出席しました。
イベントは次の通り~森美術館HPより抜粋~。

《対談ギャラリーツアー「アネット・メサジェが紡ぐ、生の多面性」》
出演:高橋惠子(MAMC名誉会員/女優) 逢坂恵理 子(森美術館アーティスティック・ディレクター)

《オルガノラウンジ+松本力 ライブパフォーマンス》

■松本 力
1967年 東京都生まれ 東京都在住。多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン専攻卒業。一コマずつ手描きとビデオによるローテクのアニメーションを制作。絵による映像表現を目指す。国内外での展覧会や、オリジナル映像装置「絵巻物マシーン」シリーズのワークショップを積極的に実施している。
■オルガノラウンジ
本多裕史(vocal)後藤康進(guitar)小山朋也(programming)によるエレクトロニカ・バンド。
2007年にはH.P.FRANCE BIJOUXへの楽曲提供、2006年にはアニエスベー・パリコレクションの音楽を担当し、好評を博した。2008年6月、5枚目のアルバム「cos mos(コス・モス)」をリリース。

ミーハーな私は、女優の高橋恵子さんとお目にかかれる!とこの1点のみに集中していたので、その後のライブパフィーマンスの開催は会場に行くまで知りませんでした。

このパーティー事前予約はないので、飛び入りでも参加可能。
ギャラリーツアーは良いのですが、お二人の解説をズラズラ50名以上の観客が後ろについて行くというのは如何なものか?と疑問を覚えずにはいられません。
が、そんな芋の子を洗うような状態であっても、高橋恵子さんのコメントと逢坂さんの作品解説はなかなかに興味深かったです。
間違いなく、解説なしで漫然と作品を見るよりは良かった!と思います。


展覧会に進みましょう。

メサジェの作品は、一貫して身体、生死がテーマとして根底に流れています。
彼女は、蒐集癖があるらしく幼少の頃よりスクラップブックを作成するなど、日本の大竹伸朗を思わせる作品もありました。

しかし、過去見てきたどんなアーティストとも違うのは、造形・配色それぞれのセンスが素晴らしいこと。
とにかく、見せ方が上手い。
戦争や生死など、まともに向き合えば重いテーマも彼女の手にかかれば、ぬいぐるみや毛糸などのアイテムで一見とっつきやすく感じる。その錯覚こそが、彼女の作品にとりこまれた何よりの証なのかもしれません。

今回の最大の見どころは「カジノ」ではないでしょうか。2005年のヴェネチア・ビエンナーレの金の獅子賞を受賞した作品です。
森美術館では、一段上がった檀上から上からの視点で作品全体を見通すことができます。
ビエンナーレでさえ作品は同一地面で座って鑑賞する方式しか採用されていなかったとのこと。
今回、私は檀上から眺めて、逆に同一地面では見ることができませんでしたが、ふたつの視点から見た際の違いを確かめるのも一興でしょう。
なお、この作品時間の経過とともに、見えてくるものが変化していきます。15分はそのまま作品を見続けることをオススメいたします。

もうひとつ「黒い染み」。こちらも、視点を変えることで見えるものが違っていたように思います。

最初はとっつきにくいかもしれませんが、展覧会出口ではすっかりメサジェの世界に入り込んでいること請け合いです。

ギャラリーツアー終了後、ライブパフォーマンスが行われました。
松本氏のイラストレーションは初めて見させていただきました。アニメーション作家と言えば、村田朋㤗さんを思い出しますが、松本さんの作品はもっとアグレッシブでファンキーでした。
ライブパフォーマンスは、出たとこ勝負な所があったようですが、音楽と映像はマッチしていたと思います。

オルガノラウンジのライブが、アニエスベー青山店のリニューアルオープンパーティーにて行われます。関心おありの方は是非。

2008年8月31日(日)
会場:アニエスベー青山店
start 14:30-, 17:00-(2ステージ)入場無料
 
彼らのホームページは見ていて楽しいです。URLは以下。
http://www.organ-o-rounge.org/index.html

*11月3日まで開催中。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「アネット・メサジェ展」

森美術館で開催中の 「アネット・メサジェ:聖と俗の使者たち」展に行って来ました。 六本木ヒルズの展望台(東京シティビュー)と森美術館の入館料が一緒になっているせいで、展覧会目的で美術館に足を運ばれたのではないであろう方々時折見かけます。それでも折

コメントの投稿

非公開コメント

kano様

こんばんは。
上京の嬉しさのあまり、ついつい遊び歩く毎日です。
kanoさんとご一緒したワンダーウォールのこたつ作品は記憶していますが。
松本力さんの作品も一緒でしたか。。。
記憶ない。
kanoさんの記憶に残っていらっしゃるということは、それだけ印象的だった
ということでしょうか。

No title

ご無沙汰しております~。
相変わらずいろんなところへ飛び回っていらっしゃいますね!お元気そうで何よりです。

確か松本 力さんの作品、一昨年あたり渋谷のトーキョーワンダーサイトにご一緒した際に
観たと記憶しております^^
その時は知り合いの作家さんが出展されているので観に行ったような?
ちなみにその方の作品はこたつでした(笑)

Tak様

こんばんは。
オルガノラウンジのボーカルの声、素敵でした。

天空の水族館は、今晩アップするようしかけました。
金魚屏風が白眉でした。

No title

おばんです。

昨夜はお邪魔させていただきありがとうございました。
やっぱり「カジノ」

そしてオルガノラウンジの歌声。

で、天空の水族館も。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。