スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ジュリアン・オピー」 水戸芸術館現代美術センター

オピー

昨日、ブロガー仲間の皆様8名で「青春18きっぷの旅in水戸」に行って参りました。
本企画に際し、チケットプレゼントを企画された「UK-JAPAN2008」事務局、「美術館.com」様にこの場を借りて感謝を申し上げます。プレゼントに応募し、チケット当たりました!

さて、「ジュリアン・オピー」展は冒頭のUK-JAPAN2008のイベントに登録されています。
開催を心待ちにしており、漸く水戸芸術館にたどり着いた時には、気分は最高潮。何しろ本展は、オピーのアジア初大型個展と聞けば、気持ちも高まるというものです。

緑濃い芝生の向こうには、いきなりオピーのデジタル作品が見えて来ました。
「スカートとトップスで歩くスザンヌ」(2005年)。
モデル歩きで身体のラインも美しく、こちらも一緒に歩きたくなる感じ。芝の緑とオレンジの電光色
の対比もお見事。
こちらの芝生には、「5体のいろいろな動物」もありますので、お忘れなく。

さて、芸術館の中に入って屋内展示です。
水戸芸術館はこれで2度目ですが、前回体験した空間とは思えない会場の広さを感じます。展示の仕方が上手い。
平面作品、立体作品、映像にシルクスクリーンと様々な手段を使用して、彼の世界を作り出す様は圧巻です。

入口入ってすぐの展示室には、近美でお馴染みの映像作品「「日本八景」シリーズが4作品。隣のギャラリー7では、同じく映像「ホテルの窓からの眺め」(2007年)と対になっている「寝室の窓からの眺め」(2007年)絵画とがセットで展示。

そんないつのも展示風景以外に、オピーの新たな一面を見たのは、水戸のために作成した「石でできたシャノーザ」(2008年)。黒御影石は高級な墓石として有名ですが、墓碑ならぬポーズを決めるシャノーザが3体も。
御影石の彫りこみとオピーの絵が不思議とマッチしています。

もうひとつ、私のお気に入りは野外にもあったオピーの動く映像作品。
映し出される人物が勝手に動く作品もあれば、鑑賞者自らが作品の前で左右に動くことで、描かれている人物が様々な動きをする作品が面白い。何度も何度も行ったり来たりしてしまいました。

勝手に動く作品に見る人物の動きは、とても滑らかで違和感を感じない。それも、これもモデルを見るオピーの観察眼の鋭さ故かもしれません。

壁一面を使用したカッティングシートを使った作品もオピーらしい。黒い太い線は、町田久美も多用していますが、やはりオピーのそれとは異なります。オピーの黒太い輪郭線は浮世絵の影響によるものです。前述の「日本八景」シリーズなど見ていたら言わずもがな。

動いていないと物足りなく感じてしまうようになったら、あなたは相当のオピー好きです。

アメリカポップアートとも違う新たな表現方法をぜひ、ご自身で体験されてはいかがでしょうか。

9月6日、13日、20日、27日の毎週土曜日に会場で「ジュリアンオピーをもっとよく分かるための現代美術連続講座が開催されます。近くに住んでいれば、毎週通っていたはず。
定員80名 14時~15:30 講師は水戸芸術館の学芸員さんの交代です。

*10月5日まで開催中です。800ページもの驚きボリューム図録(電話帳と呼んでいます)も、購入可能な方はぜひ。

おまけ
同行されたブロガーの皆様の感想記事はこちら。9月1日現在。

・「あお!ひー」
http://blog.goo.ne.jp/aohie/e/9551f4779d3f8e0e1a6e4b494de5d00c

・「弐代目・青い日記帳」
http://bluediary2.jugem.jp/?day=20080831

・「confidential memorandum of ogawama」
http://ogawama.jp/blog/2008/09/post_605.html

・「mit MUSEUM」
http://d.hatena.ne.jp/jfo1501/20080831

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ジュリアン・オピー」 水戸芸術館

水戸芸術館現代美術ギャラリー(水戸市五軒町1-6-8) 「ジュリアン・オピー」 7/19-10/5 1958年にロンドンに生まれ、イギリスを中心に世界で活躍するアーティスト、ジュリアン・オピーの全体像を紹介します。アジア初となるオピーの大型個展へ行ってきました。   率...

ジュリアン・オピー(水戸芸術館現代美術ギャラリー)

大人の遠足、第二弾です。 美術ブロガーの皆さんと一緒に水戸まで行ってきました。 参加メンバーはTakさん&奥様、memeさん、mizdesignさん、pandaさん、ogawamaさん、はろるどさん。 いや~、これだけの人数で行くと楽しいですね~。 開催中のジュリアン・オピー展が...

ジュリアン・オピー展@水戸芸術館

水戸芸術館現代美術センターで開催中のジュリアン・オピー展に行った(10/5マデ)...

コメントの投稿

非公開コメント

はろるど様

こんばんは。
お返事が遅くなり、申し訳ございません。
水戸に行ったのが遠い昔のようです。
これまで断片的だったオピー作品が、まとめて見たことにより
整理できたような気がします。

No title

memeさんこんばんは。二週連続、立て続けにお世話になりました。
水戸、楽しかったですね!

>展示の仕方が上手い

本当にそれに尽きると思います。今回は水戸芸の企画力にも脱帽です。

No title

@ogawamaさま
先日はありがとうございました。
こちらこそご一緒いただけて、楽しい時間を過ごすことができました。
優しい人柄と豊富な知識は、別の方のことだと思われます。
いつか、そんな風になれたらと思うばかりです。

@あおひー様
こちらこそ、ありがとうございました。
図録の廉価版。。。なるほど名案ですがオピーがOKしないんでしょうね。
相当のこだわりの持ち主と見ました。

@panda様
お疲れ様でした。往復4時間の強行軍となりましたが、大丈夫でしたでしょうか。
オピーの踊るシリーズはぜひ、一家に一台欲しいです。
一緒に踊ります。

強運のご縁に感謝

memeさんの強運をお裾分け頂き、本当にありがとうございました。
でも電車乗ってチケット買っても本当に価値ある展覧会でした。
水戸芸術館でしか体験できない展示方法ですから。
meme in dancingが 私はお気に入りです。

No title

昨日はありがとうございました!
動くオピーの作品はどれも初めてで楽しめました。
これだけシンプルだけど、オピーにしか作れないんですよね~。
図録の廉価版が出して頂きたいものですね。

ありがとうございました!

今回は何から何まで、大変お世話になりました。
1日ご一緒させて頂いて、memeさんの優しい人柄と豊かな知識にすっかり魅了されてしまいました。
最初から最後まで、楽しかったです!
そうそうオピー、映像作品がすごく好きでした。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。