スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「丸山直文展 -後ろの正面」 目黒区美術館

maruyama
「one evening」 2008年

目黒区美術館で開催中の「丸山直文展-後ろの正面」展へ行って来ました。
この日は、画家の杉戸洋さんを迎えて、丸山さんと二人でアーティスト対談が予定されていたので、それを狙って2時ちょうどに入館。

2階の一番大きな展示室は既に定員80名を超えて100名ほどのギャラリーが集まっていました。
鑑賞の前に対談をお聞きすることに。
ゲストの杉戸洋さんは、名古屋在住の画家で、丸山さんとはほぼ同世代。
きれいな色を使うところは、丸山さんと似ていて、画風はもちろん違うけれど、私は杉戸さんの作品も好き。

で、対談ですがお二人ともあまり多弁ではないせいか、はたまたギャラリーを前に緊張されたのか、話はいまひとつ弾まない。。。
話題も新しく建てられたお二人のアトリエの話だったり、昔話だったり、昨年の広島現代美術館でのポートレイト展であったり、バラバラ。
ちょっとまとまってきたのは、丸山さんの作品がベルリンへ行ってから、変わって来たねというあたりと、人物を作品から除いてしまったらとか、展示会場へのこだわりのあたりでしょうか。

対談の会場となった目黒区美術館の2階で一番大きな展示室は、床も壁も真っ白。
これは丸山さんの意向で、
①ホワイトキューブの中で自分の作品を置いてみたかった。
②浮遊感が出るのではという目論見。
というある意味実験的な試み。
同じく2階の入って右最奥の展示室は、カーペットがはがされ、コンクリートむき出しの床になっていますが、これも丸山さんのお好みだそうです。
この奥の展示室は、ちょっと外国のギャラリー風といった感じです。

杉戸さんはこの試みに対して、真っ白な状態ではなく、通常の木のフローリング状態で作品を見てみたかったとおっしゃって、真っ白と木の床両方あれば、比べられたのにねというご意見でした。
確かに、木の床に置いた時との比較ができたら面白そう。

対談は1時間弱過ぎたところで、お暇して、作品鑑賞に入りました。
作品はほぼ年代順に展示されています。
丸山さんの作品は、各地の美術館で何度も見かけているので、近作の大半は既に見たことがある作品でした。本展のために描かれた作品3点+2点と今年の新作が計5点あり、こちらはもちろん初見ですが、特に2枚の「meltwater」シリーズ2枚が気に入りました。
この作品では過去に見られたような人物などが一切描かれていません。
そのため、むしろすっきりした印象を与えています。

同じ新作「appear」は前述のベルリン成果というか、ベルリンに行っていなければ出てこなかったであろう緑が存分に使用された作品です。こちらも、同じく人物等一切なし。むしろ、完全に抽象画のように見えます。

過去の作品は、これまであまり見たことはありませんが、やはり今の作風に通ずるものがあり、特段の違和感はありません。

1階では、丸山さんのアトリエが再現されており(この手法は小林孝亘さんの展覧会と同じ)、その中で本人が登場されて「appear」制作風景及び制作について語るDVDと過去の作品500点から91点を選んだシュウゴアーツ制作のDVDが放映されているので、こちらもお見逃しなく。

入口最初の展示室では、ドローイングがずらり。
このドローイングを眺めていると、丸山さんの文化服装学院⇒セツ・モードセミナーという服飾関係のご経歴が見事に現れていました。人物の描き方などが、デザイン画のようです。

ここまで、制作風景、過去の作品、ご自身の画家としての全てをさらけ出すことに対しても、対談で語られていましたが、丸山さんご本人は、「いろんな目で自分を見てもらえるのもまぁ良いかな」と覚悟を決めたそうです。
対して、杉戸さんは「僕にはできない・・・」とつぶやいておられたのが対照的でした。

*11月9日まで開催中です。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

丸山直文展-後ろの正面(目黒区美術館)

昨日、始まったばかりの「丸山直文展-後ろの正面」へ行ってきました。 普通に楽しめればいかなと思っていたら、なんと14時から丸山さんご本人のギャラリートークがあるとのことで参加してきました。 まだ、時間があるのでまずはひととおり見ることに。 2Fの大きな展示...

コメントの投稿

非公開コメント

あおひー様

確かに、ごっちゃりもせず、上手くまとめられていました。
作風の変遷が展示室を回っていくと、良く分かりましたから。

杉戸さんは、ぽそぽそっとお話する方で、作品から受ける
印象と近かったです。

No title

こんばんわ。
杉戸さんとのトークも面白そうですね。
あのスペースでよくここまで網羅出来たなあと感心しました。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。