スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「駿府博物館所蔵 日本画名品展」 町田市立博物館

rinkan
橋本雅邦 「林間残照図」

「駿府博物館所蔵 日本画名品展」、町田まで足をのばしました。
町田市立博物館に訪れるのは今回が初。
町田駅のバスセンター1番乗り場から「藤の台団地」行きの乗車して10~15分の市立博物館で下車。そこから、徒歩7分で目指す博物館に到着です。
もう少し近いと思っていましたが、読みが甘かった。ただし、バスは6分~7分に1本と頻繁に出ているので、便利です。

まずは、駿府博物館と展覧会の概要をチラシより引用させていただきます。
財団法人 駿府博物館は、静岡新聞社・静岡放送を創設した大石光之助氏が「県民に奉仕する社会教育施設の実現」を目指して、昭和45年に(財)駿府博物館を設立し、翌年に静岡市紺屋町に開館しました。
収蔵品は、近代日本画、墨蹟、創作版画、郷土資料など約千点あり、なかでも近代日本画のコレクションの素晴らしさは有名です。
今回(財)駿府博物館の全面的なご協力を得て、これら日本画の名品を展示いたします。


駿府博物館の名は知っていたのですが、まさか日本画の名品を持っていたとは。。。てっきり、静岡の郷土歴史博物館の類かと思っていた私が馬鹿でした。

というわけで、貴重なコレクションのうち、名品64点を一度に見られるまたとない機会!しかも、これが何と何と入場料無料という太っ腹な企画。
受付で、人数だけ申告すると展覧会の解説本と鑑賞のためガイド「日本画のおもしろさ」の小冊子2冊を渡されますが、こちらは帰りに返却する必要があります。もちろん購入可能。

鑑賞のためのガイドを手にしつつ第1展示室へ。
う~ん、いきなり名品ばかり。
・「初夏」「素秋」 児玉希望 
・「破墨山水図」 狩野探幽
・「狐婚礼」「達磨」「達磨下絵」 下村観山
・「駿府鳥瞰図」 土佐光成
他多数。
この小展示室では、1点1点ガイドに書かれた「日本画の技法」を読みつつ、鑑賞するといつもの倍は楽しめます。
日本画の技法と言えば、「朦朧体」くらいしか知りませんでしたが、「日本画のおもしろさ」のおかげで、筆法、輪郭線、墨と色、表装や画材にまで視点を広げて見ていくと、楽しい楽しい。
この部屋だけで、30分くらい居たような気がします。

それにしても、探幽の「破墨山水図」は小品ながら、良かったです。下村観山もこれまで好みではなかったのに、今回の上記3点は良かった。

ここで町田まで来た甲斐があったと大満足しましたが、大展示室が待っています。
冊子「日本画のおもしろさ」とはお別れし、ここから先はキャプションと解説に従って鑑賞を進めます。
明治以降の日本画壇、各団体所属の作家単位に作品が展示されていたのが特徴的。

およそ聞いたことのある日本画家の作品は全て出展されています。
清方、伊東深水、竹内栖鳳、小林古径、川合玉堂、平福百穂、木村武山、橋本雅邦、大観などなど。
更に、大阪画壇からは島成園「寮乃雪」が1点赤を主張した大阪らしい1点が出ていたのにも注目です。

気に入った作品は、数あれど敢えてあげるとすれば以下。
橋本雅邦 「林間残照図」 1903年 (上図)
横山大観 「仲秋の名月」 1953年 大観らしからぬ落ち着いた静かな印象の小品。
小林古径 「月」 大正初年 古径の若かりし頃の作品か。
木村武山 「滝見観音」 繊細な美しさ
下村観山 「春の朝」

結局2時間近くかけてゆっくりじっくり鑑賞。
本家本元の駿府博物館にも、今年の冬の青春18きっぷで是非行って来ようと思います。
ただ、駿府博物館では来月から山種コレクションの展示をするとのこと。一種逆転現象ですね。

明日10月26日11月3日まで開催中です。おすすめします。

コメントの投稿

非公開コメント

oki様

こんばんは。
ピラネージも見て来ましたが、こちらの日本画の方が断然オススメです。
11月3日は、版画美術館企画展も無料のようですよ。

No title

町田まで出られましたか!
ここは確かにいいですね。全国のカタログがおいてあり、読み放題ですし。
僕もチラシから、今回の展覧会はすごいのがでているとー。
同じく町田の版画美術館のピラネージと合わせていく予定。
版画美術館も常設は無料なんですよね、今は池田満寿夫ですかー。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。