スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スリランカ 輝く島の美に出会う」 東京国立博物館 表慶館

srirank

感想を書きづらい展覧会というものは、意外に多い。この展覧会もそのひとつであった。

スリランカはその昔セイロンと呼ばれていて、セイロンティーでお馴染みの紅茶で有名なお国柄である。隣国がインドなので、ヨガやアーユルヴェーダも行われている。文化的にはインドに限りなく近いというのが私のこれまでの知識。

そのスリランカの文化を僅かながらに伺う機会に恵まれた。向かうは東博表慶館。
今回は、表慶館の2階展示室も使用しての展覧会だった。表慶館には上京してから数度足を踏み入れたが、2階まで上がったのは今回が初めてで、改めて壮麗な建物ぶりに感動する。

展覧会は時代順の3部構成。
第1章 アヌラーダプラ時代(前3世紀~後11世紀)
第2章 ポロンナルワ時代から諸王国時代(11世紀~16世紀)
第3章 キャンディ時代とそれ以降

やはり仏像好きとしては、第1章、第2章の様々な諸像群に注目した。どういう訳か如来坐像がほぼ同じ大きさ、かつ、そっくりの形で、金太郎飴のごとく並んでいた。
今回の出展作のほとんどはスリランカの首都コロンボにあるコロンボ国立博物館からの出展。この如来座像も同博物館が所蔵している。

・「ヤクシニー」4世紀 ジェータバナ博物館蔵
ヤクシーは男神、ヤクシニーが女神で、古代インド神話に登場する鬼神。のちに仏教に取り入れられ護法善神の一尊となった。神と仏の差は肉体なのか?
ヤクシー像は、女性を強調したグラマラスなお姿をしている。豊穣や子孫繁栄の象徴なのだろうか。
神が仏教に取り入れられた例としては、来春東博にお目見えする興福寺八大衆もその一つ(いや、八つか)。

・観音菩薩坐像  9世紀 コロンボ国立博物館蔵
エキゾチックという表現はあてはまらない。やはり、日本の観音菩薩像とは違う。
くつろいだ雰囲気がとても良い。親しみやすい雰囲気を持つ。

・カーマとラティ立象 9世紀 コロンボ国立博物館蔵
男神と女神がそれぞれ背中合わせで張り合わされて一体となっている。
両神とも違和感を感じさせず、実にうまく作られている。珍しい。

第2章ボロンナルワ時代から諸王国時代
ここでは、ヨガで馴染み深いインドの神像にお目にかかれる。

・「ガネーシャ坐像とヴァーハナ」 コロンボ国立博物館 12世紀
ベストセラー本にもなった象姿をしたガネーシャと寄り添うように置いてあったネズミのヴァーハナ。
ガネーシャはともかく、ネズミは大きくてそれとは見えないのがご愛敬。

・「スーリヤ立像」  コロンボ国立博物館蔵 12世紀
太陽神像。ヨガの太陽礼拝「スリヤナマスカラ」のスリヤであろう。
そうか、ヨガのポーズはこの太陽神に対して礼拝している一連の動きなのだった。
そう言えば、ここ最近太陽礼拝のポーズしていないことを思い出す。

第3章 キャンディ時代とそれ以降
時代が新しくなるにつれ、ちょっと関心が薄れる。
ここでは、仏像よりも風俗、文化を示す工芸品、装飾品が展示メインとなっていて、ごった煮状態。
耳かきは万国共通同じ形態なのか。日本の耳かきとほぼ同じ形状であった。

寺院壁画の写真パネルが沢山展示されていたが、ちょっと臨場感には欠けた。
実際はもっともっと大きく素晴らしい遺跡であるのに違いない。もっと良い見せ方があったのではないかと思う。

*11月30日まで開催中。

コメントの投稿

非公開コメント

misasa様

こんばんは。
misasa様の日記拝読しておりました。
耳かき入れは記憶にありませんが、象のために作られた
象牙製の大きな浣腸が強烈でした。
こちらは、極めて実用的ですが象牙で作っているのは
何故なのか、聞いてみたいです。

No title

コレ、初日に行きました。
朝一番で入ったから、ご褒美でウイッキーさんのお出迎えがありました☆
最初に出ている、ちっちゃい像が私は好きでした。
それから耳かき入れでしたっけ、ああいう無駄な装飾品はイイですね~
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。