スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都国立博物館 平常展示

本来であれば、開催中特別展の「japan 蒔絵」でも見ようかと目論んでいたが、楽美術館の後に行った相国寺承天閣美術館で、めまいがして気分が悪くなり急遽予定を繰り上げて、東京へ戻ることにした。
それでも諦めきれずに、最後に立ち寄ったのが京博の平常展示。ご存知の通り、京博の平常展示館は間もなく建替工事に入るため閉館、絵画部門は今回を含めあと2回の展示で当分休止となる。

そのせいなのか、今回の平常展示はいつにも増して力が入っていたように思う。

まず、水墨画室では「あなたの知らない水墨画」を行っていた。今年になって新たに見つかった水墨画の名品の数々を一挙に展示。
狩野元信印「四季花鳥図屏風」など、目をみはるような作品ぞろい。
滋賀県の野洲市個人宅で発見されたと脚注にあったが、あれだけの屏風が見つかったお宅とは一体どんな方なのだろう。

近世絵画では、ご存知長沢芦雪特集~。
どれもこれも未見作ばかり。うはうはしてしまった。この時点でめまいは治る。
「茄子図」「月下桜図」「岩上猿図」さらには、「白梅図」と来た。芦雪の真面目に描いた作品ぞろい。

師である応挙の作品も並ぶ。
円山応挙 「唐子遊図襖」。応挙の描く犬や子供は愛らしい。この唐子図襖も沢山の子供が描かれているが、皆様子が違っていて、目の前の情景をスケッチしたかのよう。さすが、写実の鬼。以前は何とも思わなかったのに、金毘羅以来、自分の中での評価が高まった。

絵巻は京博お得意の分野。
4点のうち3点が「一遍聖絵」「法然上人絵伝」などの国宝、1点「桑実寺縁起」が重要文化財。しかもなが~く見せてくれいた。言わずもがな、素晴らしいに決まっている。

最後に仏画で1点。目が釘付けになった作品がある。
知恩院蔵「阿弥陀二十五菩薩来迎図」。
天女が舞い降りて来たjかのごとき作品。実に細かく美しい。当然のように状態も彩色も最良。
夢を見ているような仏画であった。

*ご紹介した作品は11月3日に展示終了していますので、ご注意ください。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。