スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都日帰り旅

17日の祝日、祇園祭で山鉾巡業があったその日、京都へ行って参りました。
目的は、祇園祭でなく(前日まで祇園祭であることを知らなかった。。。)
 1.東寺
 2.天ぷら 「点邑」での昼食
 3.京都国立博物館の特別展「美のかけはし」
行った順に並べてみました。

最初に向かったのは、東寺。
京都駅から近いのに、なぜかこれまで行けずにいたお寺です。先日読んだ見仏記でも、仏像の質・量共に賞賛されていたので、行きたい気持ちは高まるばかり。
門をくぐって、私が最初に見たのは、蓮のつぼみで一杯になった蓮池でした。お天気は、雨模様でしたが雨に濡れた蓮も美しかったです。もう少ししたら、つぼみが開花するのではないでしょうか。

早速講堂に向かい、引き戸を開けた向こうに見たのは、ものすごい仏像群。
思わず「うわ~」って声が出てしまいました。なんと、21体の仏像が一同に会しているのです。
しかも、どの仏像様も簡単に見過ごせないような素晴らしさ。
私が一番印象に残ったのは、入口から一番遠くにいらっしゃった「帝釈天」様。
その美男ぶりは、目を見張るものがあります。ポスターを買うかどうかかなり迷いましたが、大きすぎて貼るところがない・・・と諦めました。

次に金堂へ。こちらには、ご本尊の薬師如来さまと日光・月光両菩薩様がいらっしゃいました。
もう、見ているだけで心が安らいでいく(他のお客様がおっしゃっていました)その気持ちが、よく分かります。


お昼に予約した天ぷら「点邑」の時間が迫っていたので、早々に東寺を後に三条へ向かいました。
「点邑」は、京都の有名旅館「俵屋旅館」プロデュースの天ぷら屋さんです。
トム・クルーズも来店したとか。
私がいただいたのは、天ぷらコース。
「長芋のそうめん」を前菜に、早速カウンターの向こう側で揚げたての天ぷらを1品1品順番に出していただくコースです。
記憶では、海老、海老の足素揚げ、万願寺とうがらし(まるごと1本)、鱧の紫蘇巻き、生麩、加茂茄子、穴子(他にも出たような気がするのですが、記憶なし)。
最後に、天茶漬け、天丼、ご飯とお味噌汁、3つのうちいずれかを選択し、デザートで終了です。

素材が京野菜、生麩など、京都らしいものを使用していて、最後の天茶(私は天茶漬けを選びました)満足の美味しさです。
ちょっと量が物足りないような気もしましたが、腹八分ですよね。


で、ちょっと足りないおなかを満たす為に、堺町和久傳で和スイーツをいただくことにしました。
季節でメニューが変わるので、今回は何が食べられるのか、ワクワクです。
で、選んだのが「くるみもちの南瓜しるこ」。
これは、もう超オススメです。南瓜のおソース(?)の甘みが品良く、くるみもちにからまって、食感もお味も最高でした。

実は、旅の最後に再度堺町和久傳に行ってしまったのですが(1日2回も普通行かないよな~)、2回目は「できたてわらびもち(温かいデザート)」をいただきました。
個人的には、「くるみもち南瓜」の方がオススメですが、わらびもちも、これまでのわらびもちのイメージが覆されるようなお味であったことは、言うまでもありません。


国立博物館の感想は、また次回に。
20060719220620.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

嬉しいなぁ~

参考にしていただけるとは、書き手冥利に尽きます。
ぜひ、今年も京都一人旅にチャレンジしてみて下さい。
去年のてつを踏まないように、宿は経験者のオススメを選ぶべしです。

素晴らしきかな京都。

久しぶりにコメントさせていただきます♪
素敵な京都の旅行記、読んでいて私まで幸せな気分になりました。
美男の仏像様がいるなら、東寺は必見ですね(笑)。
仏像様のお顔なんて、恥ずかしながら今まであんまりじっくり見たことがなかったので・・・。
今度京都に行く機会があれば、この記事を参考にさせてもらいます!




カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。