スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ミシャ・クバル 都市のポートレイト」 豊田市美術館

昨日5時退社して、のぞみに飛び乗り名古屋入り。
今日は、愛知県内の美術館巡りをしたが、予定していた中京大学「Cスクエア」は、5時閉館で間に合わなかった。
事前準備不足である。無念・・・。

さて、気を取り直して豊田市美術館で開催中の「ミシャ・クバル 都市のポートレイト」展が良かったのでご紹介です。
ミシャ・クバルは、1959年生まれ、ドイツ・デュッセルドルフを拠点に活動するアーティスト。
私は名前を初めて聞いたが、これまで六本木やなぜか東京国立博物館(なぜ、近美でなく東博なのか?)で作品が紹介されたという。もちろん、私は見ていない。

クバルは、1980年代半ばから照明器具やプロジェクターなどが発する人工の光を使ったプロジェクトを発表してきた。
今回の展覧会では、クバルの代表作品の中から、「都市」をテーマに制作された11点が紹介されている。

どれも、斬新な視点で「都市」というテーマを捕らえている作品ばかり、表現方法としては「写真」「ヴィデオ」「スライド」と多様だが、決してテーマは外していない。

・「プライベートライト/パブリックライト」1998年 写真72点
72の家庭を訪問し、それぞれの家庭の居間にあった照明器具をサンパウロビエンナーレ出品作として借り受け、国際展会期中はモダンな円筒形の照明器具を代わりに使ってもらうように依頼。
ビエンナーレでは72の家庭から集めた照明器具と照明を替える前と後の室内をクバルが記録した写真72点が展示された。

この作品を見て思ったのは、照明器具一つとっても、個々の家庭の個性がもろに表れているということだ。ナショナリティ、アイデンティティーの多様性が72の写真を見ていると見事に浮き彫りにされている。
そして、円筒形の同一照明を使用している室内写真は没個性で、どの家庭も同じように見えてくるから不思議。非常におもしろい作品だった。

・「ダブル・スタンダード」1993年 スライド、プロジェクター
円、正方形、三角形など16種の幾何学図形の光と、方位を変えた世界地図の光が両壁に投射されている。
クバル曰く「地図を縦長に配置することで、世界地図が呼吸しているように見せようとした」と述べている。
個人的には、地図が呼吸しているようには見えなかったけれど、幾何学模様の展開と世界地図との連写が妙にマッチしていて、しばらく見飽きなかった。
認知心理学効果をねらっているのか、興味深い。

・「ステージⅢ プラトンの影」2008年 ヴィデオ、プロジェクター、銀の幕、アルミ製パイプ
この作品は今展覧会のマイベスト。
絶対おすすめの作品。
オラファー・エリアソンと比較するのは、いかがなものかと思うが、光を使用したアートとして秀逸。
ゆらゆらと揺れる光やもう一つの壁に写される映像?を楽しむ趣向。
様々に色が変わり、水紋のような動きを見せる影が非常に美しい。その中に、鑑賞者自身の影も映し込むことが可能。

ちょっとした浮遊感さえ味わえる。

・「グラスを通した都市/豊田」2008年 ヴィデオ
ヴィデオカメラの前に透明な丸いコップを取り付け、市内を走る自動車の助手席からクバルが撮影した映像。
豊田市美の高い天井と広い空間を利用し、眼鏡のように映像を左右2つ並べている。

日頃見ている豊田市の情景とはもちろん全く違う情景が眼前に展開されるのだが、万華鏡のようでもある。
私の隣で、おばあさんが付き添いの方に肩もみしてもらっていた。
現代アートの前で肩もみ・・・豊田市美ならではの光景かもしれない。

展覧会の図録はなく、代わりに展覧会記録とアーティストインタビューなどなど盛り込まれた展覧会DVDが図録代わりに制作されている。
お値段1200円。
ぐっと惹かれたが、振り切って帰ってきた。
SO COOLな展覧会である。おすすめです。

*12月25日まで開催中。

コメントの投稿

非公開コメント

misasa様

杉本博司さんは、金沢21世紀美術館で、現在旬な展覧会の真っ最中です。
BRITUSの特別号まで出てるほど。

展覧会は、金沢の後大阪の国立国際美術館に巡回予定です。
ぜひぜひ。

No title

杉本博司さん、チャンスがあれば見てみたいです。

箱マニアに水玉マニア(マニアって言っていいのか)
私も四角と丸(平面体)は好きだな~

misasa様

こんばんは。
2つ目の部屋というのは、あの照明取替写真の部屋のことですよね?
整然とした羅列が気に入りの原因だとすると、杉本博司あたりも
お好みに合うかもしれません。

オノ・ヨーコのプニュプニュ人体は、怖かったです。
手に水を付けてから触るという趣向も意味ありげで。
私は斉藤さんの作品が頑張っていたように思いました。
四角のキューブでできた人体が空飛んでたりとか。
ご本人は箱(立方体)マニアだそうです。

No title

私はその2日前、木曜に行ってきました。
何がいいかといって、二つ目の部屋、
写真の整然とした羅列が、好きです。

オノ ヨーコの
左右不揃いのくるぶしの造形も、好きです。

おめでとうございます。

プラトンの影を理解出来たのは貴方で8人目です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。