スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年 私が観た展覧会ベスト10

何と、こんなにアップが遅くなってしまいました。
僭越ですが、2008年度私が観た展覧会ベスト10です。
今年の選考基準は、2つです。
・ひたすら熱く感動したこと
・新鮮な驚きと発見があったこと


第1位 「金刀比羅宮書院の美」 金刀毘羅宮
<関連記事> こんなに書いてた・・・今更ながら驚きました。
金刀比羅宮へ 1泊2日<旅程>
金刀比羅宮への旅(1) プロローグ編
金刀比羅宮への旅(2) 高橋由一館
金刀比羅宮への旅(3) これから金刀比羅宮へ行かれる方のために
金刀比羅宮への旅(5) 宝物館編
やはり2008年は金刀比羅から始まったように思います。
こちらで、応挙の素晴らしさが初めて実感できました。足の冷える中、本物の光に照らされて、あるべき姿で拝見する襖絵や障壁画は日本美術再発見!でした。

第2位 「対決 巨匠たちの日本美術」 東京国立博物館
見たかった作品をかなり見せていただきました。
応挙と芦雪、若冲と蕭白、永徳と等伯など素晴らしい対決でした。対決という分かりやすい切り口も私にとってはありがたかったし、何より切り口はどうでも良くて、ただただあれだけの名品をかき集めて下さったことに感謝したいです。

第3位 「Blooming:ブラジル-日本 きみのいるところ」 豊田市美術館
久々に現代アートの展覧会で最初から最後まで楽しめる展覧会でした。豊田市美では、後述しますが、この他フジイフランソワの「綯交」も良かったです。

第4位 「シャガール 色彩の詩人展」 静岡県立美術館
年初に拝見した時から、必ず今年のベスト10に入れようと誓いました。
シャガールってこんなに凄かったの?良かったの?的驚きの連続。大壁画から版画までシャガール作品の全容をうまく展示してあったのも高評価でした。

第5位 「室町将軍家の至宝を探る」 徳川美術館
前期を見られなかったのが悔やまれます。前期も見ていたら、3位に食い込んでいたのは間違いありません。
いづつやさん同様、私も頭から「宮女図」が今も離れません。怒涛の室町将軍の至宝に脱帽です。

第6位 「KAZARI 日本美の情熱」  サントリー美術館
この企画展で様々な美術品の見方見せ方を学んだような気がします。
普段気づかない着眼点で美術品を見る喜びを改めて感じました。又兵衛の絵巻が素晴らしかったです。千葉市美の岩佐又兵衛展図録がほし~い(年末いきなり煩悩噴出)。

第7位 「村田朋康 夢がしゃがんでいる」 平塚市美術館
目黒美術館での個展より、私はこちらの方がはまりました(KINさん、ごめんなさい)。展覧会に入場した時から、観客は村田さんのツアーに参加したのです。美術館全体を旅館のように仕立てた見せ方も良かった。
年齢を忘れ、ガチャガチャと2階のジュークボックスにははまりました。

第8位 「丸木スマ展 樹・花・生きものを謳う」 埼玉県立近代美術館
スマさんの作品を見て、思わず涙が・・・。感動の回顧展でした。しかも、須田悦弘さんら現代作家との競演も見事。丸木美術館には一度行かねばと思います。

第9位 「大正の鬼才 河野通勢」 松濤美術館
河野通勢の作品は何度か目にしていましたが、実はこんな作品を描いていたのか・・・目から鱗の展覧会。2度拝見しましたが、何度見ても発見がありました。

第10位 「クロード・モネの世界」 名古屋ボストン美術館
印象派の集い主宰者ミズシー様からも、熱き1票を頂戴しています。
後述しますが、10位は迷いに迷いました。最後の決め手は、選考基準により合致していたから。私の知らなかったモネを見せてくれました。新国立美術館のモネ展を見ていなかったので、もし見ていたら、これが10位にはならなかったでしょう。
 
ということで、何とか10個に絞りましたが、2008年に観た展覧会の数は300を超えたと思われますが、早くも2ヶ月足らずでカウントをさぼったので、正確な数字は分かりません。
来年こそ、確実にカウントしようと今は思っています。。。

さて、ベスト10に入れるか最後まで悩みに悩んだ展覧会を次に挙げます。上から残った順です。
つまり、11位ってことですね。

「茶人のまなざし 森川如春庵の世界」 名古屋市博物館
最後の最後にモネと迷った展覧会。最終的に乙御前にモネが競り勝ったということでしょうか。新しいコレクターの発見と鈍翁との丁々発止のやりとりが良かったです。三井記念の展覧会を観て急速に、評価が小さくなったのが惜しまれます。あれとこれは別物のよう。

「觀海庵落成記念コレクション展 - まなざしはときをこえて -」  ハラミュージアムアーク
これまた、大変に素晴らしい展示でした。今年の「展示賞」を進呈したいほどです。コレクション展とあわせれば更に素晴らしい。単体では若干のパンチ不足かも。

「ライオネル・ファイニンガー展」 愛知県美術館
これまた、感動の内容でした。こんなバウハウスの画家がいたとは目から鱗。でも10位に入れなかったのは、これだ!という作品がなかったからです。全体の流れ、作品は非常に好印象でした。

で、この他の素晴らしかった展覧会(分野別、お気に入り順)
リンク貼りが間に合いません。関心がおありの方は、お手数ですがブログ内の検索をご利用いただければ幸いです。

<古美術>
・「崇高なる山水 中国、朝鮮、李郭系山水の系譜」 大和文華館
・「ボストン浮世絵名品展」 名古屋ボストン美術館、江戸東京博物館
・「八犬伝の世界」 千葉市美術館
・「国宝 大絵巻展」 九州国立博物館
・「大琳派展」 東京国立博物館
・「暁斎展」 京都国立博物館
・「国宝 法隆寺金堂展」 奈良国立博物館

<日本画>
・「速水御舟-新たなる魅力-」 平塚市美術館
・「杉本健吉展」 愛知県美術館

<西洋絵画>
・「コロー展」 国立西洋美術館
・「ロシア絵画の黄金時代」 東京富士美術館
・「レオナール・フジタ展」 上野の森美術館
・「ヴィルヘルム・ハンマースホイ」 静かなる詩情 国立西洋美術館

<現代アート>
・「綯交 remix」 豊田市美術館
・「ジュリアン・オピー」 水戸芸術館
・「塩田千春 精神の呼吸」 国立国際美術館

<陶芸、彫刻など>
・「ハマヤキ故郷へ帰る 横浜-東京-明治の輸出陶磁器」 神奈川県立歴史博物館
・「生誕100年 夢と記憶の画家 茂田井武展」 ちひろ美術館東京
・「聖なる酒器 リュトン」 MIHO MUSEUM
・「岩崎家の古伊万里 -華麗なる色絵磁器の世界-」


最後に、勝手な賞を作ってみました。

・08年度美術館賞 静岡県立美術館
この1年、常にレベルの高い展覧会を行っていること。利用者の声からの改善提案が着実に実行され、実現できない場合も利用者へのフィードバックがなされていること。
更に、いつ行っても幅広い世代の観客が多く見られること。閑散としていたことがない。
以上の理由から公立美術館の理想形ではないかと本日現在思っています。


ということで、いよいよ本年も残すところ数時間となってまいりました。
今年1年、拙ブログをご高覧いただきありがとうございました。

それでは、皆様どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

(参考)2007年のベスト10はこちら↓
http://memeyogini.blog51.fc2.com/blog-entry-221.html#comment_area

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ゲージュツ見てある記」、2008年のまとめ!

2008年を振り返って「ゲ~ジュツ見てある記」の月毎のリストをつくってみました。こうしてインデックスをつくってみると、見て回った美術展は約80、例年以上に美術館へ足を運び、自分でも数多く観たなという感慨があります。それは自分の時間が少しとれるようになったこと...

2008年 ベストテン 展覧会 

いよいよこのベストテンを選ぶ時がやって参りました。 12月に入ると頭の隅っこでどの展覧会がベスト10に入れるべきか、 悩ましくも、楽しくも、うろうろ迷い悩みます。しかし、決めました。 今年のベストテンは・・・

雲の切れ間に散りばめたダイアモンド~今年のアート展10本!

イギリスで体調悪くしていた人にこのラーメンを見て元気 を出してもらおう。(あの、

キーワード 2008

 今年のアート・街関連を三つのキーワードで振り返ってみます。(2007年、200...

2008年 私が観た美術展 ベスト10

自分の心の中に深く残った展示の順に並べています。美術館、博物館での展覧会「ベスト10」です。 「2008年 私が観た美術展 ベスト10」 1 「大琳派展 - 継承と変奏 - 」(其一+まとめ/酒井抱一/光琳、乾山/宗達、光悦/波対決/風神雷神図/中期展示/平常展琳派/おすすめ...

プレイバック 2008 (美術篇)

というわけでまとめです。 街を使った展示 ◎横浜トリエンナーレ2008 ◎ルーフトップパラダイスと多摩川アートラインプロジェクト ◎Akasaka Art Flower 08 (赤坂サカス他...) アートフェア 1. 101東京コンテンポラリーアートフェア (末広町 旧練成中学校) 2. 東京コン

2008年展覧会ベスト10!

さあ、年も押し迫って参りました。 ということで毎年恒例の展覧会ベスト10。 「内容としてよかった」、「何度も通ってしまった」、「衝撃が大きかった」なんて具合に何を基準にするかによってランキングは随分と変動しそう。 そこで決めました。 今回は「純粋に楽しい...

わたしの見た2008年展覧会ベスト10

今年もいよいよ終りですね。 遅ればせながら2008年度のわたしのベスト10を挙げようかと思います。 正直言うと、10で済まないところですが、そ...

2008年 美術展ベスト10

今年も行きます。選考基準は「自分が盛り上がった順」です。 【美術館篇】 1.ボス...

2008年美術館巡りを振り返る(展覧会ベストテン)

今回は、「展覧会ベストテン」です。 美術館巡りは、常設展で美術館の所蔵品をじっくり堪能するのが基本だと考えています。 とはいうものの、館所属の学芸員が企画する(と思われる)特別展は、ふだん見られない名品が一堂に集まるので、いつも楽しみにしています。 た...

印象に残った美術展2008年

 みなさん、ご機嫌いかがですか。用事があったり、いろいろあってこのところ、絵をみに出かけていません。しばらくブログも放置していたら、結構のんびりしちゃって、「このままフェイドアウトするのもいいのでは」との悪魔の甘い囁きに乗ってしまおうかななんて思っ...

2008年 展覧会ベスト10

子年も今日を入れ残すところあと3日。 素人の分際で、誠に僭越かと存じますが、今年もまた毎年恒例の拝見した展覧会の中から「ベスト10」を選んでみました。アホのように毎週毎週時間さえあれば美術館・博物館へ出かけているので10コに絞り込むのえらく苦労しまし

今年の展覧会ベスト10

今年の選考基準はogawamaさん同様、「自分が盛り上がった順」。メジャーな作品であるが、長らく追っかけていて、やっと見ることができたというような観点で選んだものもあるので、今年のアートシーンの総括にはならないかと思う。あくまでも個人内的評価です。1 秋野不...

コメントの投稿

非公開コメント

なでしこ様

あけまして、おめでとうございます。
東西に動けるのは、自宅が名古屋にあるからこそ!
ということで、東海道中心の移動になっています。
なでしこさんも、今年はいろんなアートに関心を持って
ぜひぜひ楽しまれてくださいね☆

とら様

> まさしく2008のオオトリ!

⇒ ありがとうございます!
 最近台風とかいろいろ言われて、若干めげてましたので
 嬉しいお言葉です。

今年もご指導よろしくお願いいたします。

mizdesign様

こんばんは。

> 東京3、愛知3、その他4という分散具合がフットワークの軽さを象徴してますね。
> 京博の「暁斎展」がランク外へと押し出されたのは意外でした。

なるほど、自分で数えてなかったので、改めて上手く分散
させていたことに自分で感心しました。知らなかった。。。
暁斎は良かったのですが、年末になったらなぜか記憶から抜け落ちてました。
インパクトが薄かったんでしょうか。

はろるど様

おめでとうございます!
体調は戻られましたでしょうか?
さて、東西には動くのですが、関東以北には全く行けていません。
なかなか心惹かれる展覧会がないというのも理由ですが、
今年あたり、東北にも足を伸ばしたいなぁと思っております。

豊田市美術館、ご一緒にいかがですか?

KINさま

おめでとうございます。

> 私が絶対村田さんのは目黒だ!と言うのに対し、
> 平塚の方がイイ、と言う意見が出る、こう言う
> 差が出るのが現代アートの楽しみなんだなぁ、

へへ。挑戦してみたかったんですね~。
でも、平塚の方が良かったのはホントです。
今年は200より少ないとか書いてないで、どんどん行きましょうよ、どんどん。

No title

あけましておめでとうございます。
memeさんの移動距離、行動力はすごいです。
更に濃い内容のブログもアップされて、睡眠も十分とられているなんて。
やはり、デキルヒトは、時間の使い方が違います。

No title

本当に幅広い(地域、ジャンルそれぞれ)!
私が絶対村田さんのは目黒だ!と言うのに対し、
平塚の方がイイ、と言う意見が出る、こう言う
差が出るのが現代アートの楽しみなんだなぁ、
と改めて、思いましたね。
さぁ、今年も楽しむぞ~。

No title

熟慮されたベストテンですね。
まさしく2008のオオトリ!
今年も良い展覧会に恵まれますように。

フットワーク

こんばんは。
東京3、愛知3、その他4という分散具合がフットワークの軽さを象徴してますね。
京博の「暁斎展」がランク外へと押し出されたのは意外でした。

本年もよろしくお願いします!

No title

おめでとうございます。ベスト10へのコメントありがとうございました。

さすがに全国を渡り歩かれておられるmemeさんだけあって、
東西に幅広いベストですね。
豊田のブラジルの絶賛レビューは楽しませていただきました。
今年こそデビューします。

>08年度美術館賞 静岡県立美術館

同感です。決して魅力ある建物でもなく(失礼!)、ロケーションこそ見事ながらも利便性が良いとも言えない中で、よくぞあれほど好企画ばかり続くものかと感心させられますよね。
とりあえず朝鮮絵画は静岡で見るつもりです。

本年もどうぞ宜しくお願いします。(先日は大変失礼しました。本当に申し訳ありません…。)

コニ-様

あけまして、おめでとう☆
仕事にも慣れて来たとのこと、良かったね。
あまり急がず焦らず(・・・まるで自分に言い聞かせているかのよう)
ゆっくりプライベートも復活して行きましょう。
今年もコニーさんにとって素敵な1年になりますように。

lysander様

年末のビッグなご紹介には驚きました。
もう40ですからね~。
ぜひ、豊田市美におでかけください。
静岡まで来られたなら、あと一息です。
4月はヤノベケンジ展ですが、関心おありならぜひ!

あおひー様

あけまして、おめでとうございます。
1位は、やはりこれにしないとな~と反則技に近いですが、
金刀比羅に決めました。

あおひーさんとの昨年遭遇率は恐ろしい物があります。
行動パターンが近いのでしょうか。
今年もまたどこかでお会いするに違いありませんね。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。

すごい~!

明けましておめでとうございます!
アートに疎い私ですが、いつも、「ホホーッ~」と感心しながらブログ拝見しています。
2008年に観た展覧会は300を超える!?
さすがの行動力です☆
私も仕事にも慣れてきて余裕が出てきたので、また何か始めたいな。
今年も宜しくお願い致します。

No title

おはようございます。
金刀比羅宮や觀海庵はこちらで拝見しなければ
行けないところでした。豊田市美術館にも食指が
動きます。
今年もこちらの記事を楽しみにしています!

No title

おおー!
こんぴらさんが一位!
ほんとみんな尋常ではなかったように思います。
遠方まで行ったというのはもちろんですが、やはり価値のある内容だったと思います。

memeさんの行動を知るまではけっこう無理して動いてるほうだと自負してたのですが、わたしはまだまだひよっこでした。

今年もよろしくお願いいたします。

遊行七重様

こんばんは。
先日千葉市美の図書室で又兵衛展図録を拝見しました。
確かに図版、特に絵巻は小さかったです。
でも、展覧会を観ておらず、他にまとまった作品集もない
ようなので、1冊欲しいなぁと探しています。
こればかりは、縁ですね。
遊行七重さんには、関西方面の情報をいつも参考にさせて
いただいており、感謝感謝です。
良いお年をお過ごしくださいませ。

ogawama様

今年は、お世話になりました。
来年もどちらかの展覧会にご一緒したいですね。
いや、展覧会でなくお茶でもお食事でも。
素敵な展覧会にめぐり合えます様に!
良いお年を~。

Minnet様

こんばんは。
Minnet様が、名古屋の展覧会を記事にして下さるのが嬉しくて!
東京に来て改めて、愛知県の美術館レベルの高さに気づきました。
特に公立美術館の頑張りが目立ちます。
こちらこそ、来年も記事を楽しみにしております。
良いお年をお過ごしくださいませ。

キリル様

ありがとうございます。
フットワークは良いのですが、内容が伴わないのが悩みです。
早く内容もしっかりした記事が書けるようになると良いのですが。。。
静岡県美は、常設も良いし、ロダン館もあります。
2月からは「朝鮮絵画と日本」が巡回しますので、ぜひお運びください。
来年もよろしくお願いいたします。

Tak様

昨日疲れて、アップできずこんなに
ギリギリになってしまいました(涙)。
年内に間に合わないかも~と焦りました。

> (肝心の記事書いていないこと判明)

→ えっ、でも旅行記は拝見した記憶が。
  つまり、旅行記で終わってしまった???

こちらこそ、今年は本当に本当にお世話になりました。
おひげ、剃ってしまわれましたか?

No title

こんばんは
KAZARIよかったですよね♪大好きです。
>千葉市美の岩佐又兵衛展図録がほし~い
あれは私見ですが、展覧会のよさほどには、
図録がついていってなかったのです。
かなり画面全体が小さかったので、わたしは、
買わなかったです。惜しいけれども。

お疲れさまでした~

金刀毘羅宮が堂々の1位ですね。
どれだけの好き者が、memeさんの記事を見て香川に駆け付けたか!
memeさんの情熱と行動力にはいつも感服してます。
現代アートが結構お好きと聞いて、親近感も。
来年も、よい展覧会をたくさん観ましょう♪

No title

こんばんは。
今年もmemeさんの丁寧な記事を大変参考にさせていただきました。
ベストテン入りしたラインアップを見るにつけ、memeさんの展覧会鑑賞の幅広さに感服いたしました。一位の「金刀比羅宮の書院の美」、私は藝大美術館で見ましたが、香川で見たかったです。襖絵や障壁画は現地で見るのが一番ですね。
今年は名古屋地区の展覧会が充実していたのも印象的でした。
今年一年間ありがとうございました。来年もまたよろしくお願いいたします。

No title

こんばんは。
金刀比羅宮での書院の美がすばらしい体験だったというのが伝わってきましたよ。静岡県立美術館にも興味津々です。
毎回同じようなことで恐縮ですが、そのフットワークで出会われるすばらしい展覧会を来年も楽しみにしています。
来年もよろしくお願いします。

No title

こんばんは。

お待ちしておりました。
金刀比羅宮は別格の感ありましたね。
TDLなんかよりも何百倍も楽しい!
「こんぴら、ふね、ふね~♪」の歌が
頭から離れません。。。
(肝心の記事書いていないこと判明)

来年もどうぞ宜しくお願い致します。
良いお年をお迎えください。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。