スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プライスコレクション「若冲と江戸絵画」展 東京国立博物館

かねてより楽しみにしていた「若冲と江戸絵画展」を先週の土曜日見に行きました。
翌日の23日(日)NHK教育「日曜美術館」の特集で取り上げられるのを知り、その前にと馳せ参じた訳です。

さて、前評判通りの素晴らしい展覧会でしたが、ガラスケースなしに日本画を楽しめ、更に舞台で使用する照明装置を使って光の明度照度を変化させ、光による作品の変化を楽しめることが最大の魅力です。

私は、この光による作品変化を楽しめる第4室を一番最後にしてしまったのですが、最初に見に行けば良かったかな~というのが唯一の後悔です。
第4室にたどり着く前に、エネルギーを消耗し、疲れてしまいました。

もっと、ゆっくり光の変化を楽しみたかったです。
金泥、金箔というのは、いかに光によってその表情を変えるものか、息を飲む美しさです。

本展覧会で若冲作品は、やはり目玉だったと思いますが、意外にも私の心を捕らえたのは、2点ほどあった幽霊画です。

・幽霊図     永沢芦雪筆 
・柳下幽霊図   呉春(幽霊) 松村景文(柳)

日本の幽霊は足がないのが定説のように言われますが、その起源となったのがこの芦雪の「幽霊図」?って本当でしょうか。
この絵を見ている時に、私の背後にいたご老人がお孫さんらしき方に、上記のようなお話をされていたのです。
前にいて、思わずなるほど~と思っていました。
芦雪の幽霊図、うらめし度100%です。怖さ、リアルさ、日本の幽霊らしさを存分に発揮する美しい絵です。

芦雪というのは、面白い画家ですね。幽霊画もあれば、「白象黒牛図屏風」のようなダイナミックな構図の絵も描く。
新たな発見です。

この展覧会は、京都、福岡に巡回後来年の4月には愛知県立美術館で開催されます。私も再度見に行くつもりです。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。