スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめての美術館8 「空は晴れているけど」 ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション

ぐるっとパスを使って、水天宮のミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクションに行って来た。
開館10周年記念展として新人作家による版画展を先月から開催している。

半蔵門線・水天宮駅の3番出口を出たら右手すぐに目指す美術館は見えてくる。ガラス張りのファサードが目立つので分かりやすい。
入口手前が小さなカフェになっていて、出品作家の資料(作品集)などお茶を飲みつつ眺めることができる。

1階は、浜口陽三の作品がメイン。初期のモノトーンのものから多色刷りのカラーメゾチントまで、浜口陽三の作品を愛でる。私は彼の作品が好きなので、かなり時間をかけてじっくり見た。
アスパラガスの作品は先端部分が人間の顔に見えてくる。
今回一番のお気に入りは「うさぎ(ピンク)」(1954年)。初期の作品だが、ピンクが使っているように思えない程、うっすらピンクが出ている。

地下の展示室にはらせん階段を使って下りて行く。
今回は杢谷圭章、小野耕石、元田久治の3名の若手作家による版画展。実はお目当てはこちら。

小野耕石は、3名の中で最若手の1979年生まれ。
3月には資生堂アートギャラリーでも個展が予定されている。
彼の作品は版画を超越し、立体作品と進化を遂げた。ピンのような粒粒の集合体が、実は100回もインクを重ねた集積体だなどと言われても「へっ?」としか思えない。
一体全体どうやったら、あんなきれいなピンが出来上がるのだろう。。。

・「徒花」 2008年
虫の抜けがらのように壁にくっついている。単純に平面にピンの粒が並んでいるより、こちらの方が面白い。
「タイトルなし」の正方形の積み重ねと三角形を六角形に見立てて並べてあるオブジェも良かった。
崩れそうで崩れていない。重ね方にも工夫がある。

元田久治は、身近な都市を廃墟に見立てた版画作品を手がけている。
・「Indication Tokyo Station 」 2007年
・「Indication National Stadium」 2008年
東京駅や国立競技場?を廃墟に仕立てた作品。いずれも共通しているのが無人。
人気のない廃墟は遠いようで近い未来だったりして、どこか不安になる。その一方廃墟特有の美しさがあるのが怖い。
後者は、蓮池が広がっていた。

元田の場合は、リトグラフだけでなく、絵画ミクストメディアも数点あり、こちらの方が私は良かった。
実に緻密な線を描く人。

杢谷圭章は、前述の2人と比較するとどうしてもインパクトが薄くなってしまう。
ただ、3人のコンビネーションは絶妙で、立体系、緻密系と来たら、抽象系でしょうということで、抽象的な作品をアクアチント、ドライポイントを使用して描いている。
特徴的なのは、カラーと単純な線だけのドライポント2点を1点としてセットで見せているところ。
これはこれで面白いと思う。

*2月22日(日)まで開催中。おすすめです。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

空は晴れているけど ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション

14日の朝日朝刊の文化欄に「ネオ若冲」として、池田学、元田久治、山口晃、篠原愛という中堅・若手画家が紹介されていた。その中で、ちょうど元田久治の作品が、人形町のミュゼ浜口陽三に出ていることを思い出し、急遽出かけることにした。この展覧会は、ミュゼ浜口陽三...

コメントの投稿

非公開コメント

一村雨様

ミュゼ浜口陽三は気に入りました。
落ち着きます。
次回は入口のカフェでお茶したい。
ところで、朝日の記事が気になります。
篠原愛さんが分からない。。。

No title

ニューオータニに行った後、朝日の記事のことを思い出して
また逆戻りしました。半蔵門からはすぐでした。
あそこの螺旋階段の雰囲気が好きです。
徒花、どうやって作ったのかとずっと考えていました。
結局、分かりませんでしたが~
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。