スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「狩野派と近世絵画展 後期展示」 相国寺承天閣美術館

kano

前期展示に続いて、京都の相国寺承天閣美術館の後期展示を見て来ました。

今期は、第一展示室のメインが狩野派一門による三十幅の列祖像で、行けども行けども禅師の肖像画が続くのにはさすがに、腰がひけました。
見ようによっては楽しめるのかもしれませんが、生憎禅僧についての知識もないため、鑑賞のポイントが分からない。
しかし、この列祖像は開山忌にかけただけで、今回が初公開!という実に貴重な作品群なのです。
元々、寛政の御所造営にあたった狩野派一門の宿舎が相国寺で、彼らが仕事を終えて帰る直前、当時の相国寺僧侶たちが達磨太師から開山までの30名の祖師たちを描いてくれるよう依頼し、快諾を得、描かれたもの。

顔の向きまで考えて描かれようで、一列にずらりと並べると壮観な景色でした。

私にとってのメインは、上記の祖師象ではなく、やはりこの人、本阿弥光悦の赤楽茶碗銘「加賀」です。
畠山記念館で光悦の「雪峯」に惹かれましたが、「加賀」も同じ重要文化財で、こちらは「雪峯」とは異なり、筒型をしています。

中央の茶室「夕佳亭」(金閣寺のある茶室の再現)の茶席は、野々村仁清作のものが多く使われていました。
残念ながらこの「夕佳亭」、中のお茶碗や茶杓、水指など遠くてよく見えない。もう少し近寄れるようにするとか工夫して欲しいなと毎回思います。

続いて第二展示室。
こちらの方が興を惹かれる作品が多く出ていました。

・「中商山四皓図 左右山水図」 三幅対 狩野元信筆
元信-永徳の祖父と言った方が分かりやすいかもしれませんが-の見事な三幅の水墨画。
あまりに素晴らしいので、そばにあった探幽の作品(後述)の印象が薄れるほど。

・「杜子美図」 狩野探幽筆 石川丈山賛
探幽らしい、線の美しい作品。でも、先日見た畠山の唐子図の方が好きだなぁ。

・「百猿図」 山本探山筆
狩野派の画家、山本探川の系列画家だろうか。
百匹いるかどうかまでは数えられなかったが、かわいい猿満載の作品。

・「花下遊楽図屏風」 重要文化財
たばこと塩の博物館で見たような風俗画。たばこと塩の展覧会に出ていたか確認したが出品されていなかったので、目にするのは初。
こちらは、狩野派作品ではないが、狩野派が活躍した時代の作品と言うことで特別展示されていた。
同じく、俵屋宗達の「蔦の細道図屏風」(昨年開催の東博・対決展に出展されていた)に再会。
何度見ても良いものは良い。

第一展示室に続いて、名碗がズラズラと並んでいた。
こちらでは「堅手雨漏茶碗」 箱書紅心宗慶が気になった。
この堅手茶碗、小林古径が所持していたという。

これらの名碗を見ていたら、茶碗、やきものや茶道具を鑑賞するための最低限の知識を得たくなり、今週とうとう「すぐわかる茶の湯の美術」(東京美術)と「やきものの楽しみ方完全ガイド」(池田書店)を購入してしまいました。
tyanoyu

来るべき「田中丸コレクション」展までに、何とか知識を蓄えようと俄か学習中です。

*3月29日まで開催中です。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。