スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年2月7日 鑑賞記録

今日は明日の茨城行きを控えているので、かる~くしようと思っていたのに、勝手に身体が動いて結局いつものようにハードなメニュー(以下)になってしまった。
なぜ、まっすぐ家に帰れない?!

・「アーツ&クラフツ展」 東京都美術館
ウィリアム・モリスの提唱したアーツ&クラフツ運動の紹介とヨーロッパでの影響、そして日本の民藝運動の紹介と3部立て。
民藝運動についての紹介を「三國荘」の再現展示でうまくまとめていた。
聞きしに勝る濃い内容の展示だった。これは最低2時間は見ておいた方が良い。

・黒田記念館  *木曜・土曜のみ開館なので要注意。
初訪問なので、別途記事にする予定。

・「童画の世界-絵雑誌とその画家たち」 国際子ども図書館
別記事を書いたので、こちらをどうぞ。オススメです。

・イェッペ・ハイン 「Kuru Kuru」 SCAI THE BATHHOUSE
哲学的な感じのインスタレーション。ギャラリーという閉ざされた空間では、その良さが発揮できないような気がした。

・東京国立博物館 東洋館
お目当ては中国絵画コーナー。現在は特集陳列「梅花」を開催中。
「紅梅図」 金農筆 清時代をはじめ、梅を題材とした作品ばかり集めた展示で季節感漂う。
同じく特集展示の「インド細密画」もオススメ。
インドの神話にちなんだ題材やその技法、緻密さぶりは新鮮であった。こちらは前期・後期と展示替えがあるので、後期も見に行くつもり。

・「さわひらき展」 オオタファインアーツ
これも良かったので、別記事でご紹介。こちらをどうぞ。

・「佐々木加奈子展」 資生堂アートギャラリー
静岡県立美術館の「風景ルルル」の出展作家だったので、作品の記憶はまだ新しい。
今回も映像3作品&写真を組み合わせた展示。
同じく映像作品だったさわひらき展の後だったので、ちょっと組み合わせが悪かったかも。
私には馴染めない作風であることが、今回認識できたかな。

2/13~3/14まで恵比寿のMA2ギャラリーで個展「drifted」を同時開催。
両展に共通するモチーフは「ボート」?案内に掲載されている写真は美しいが、見に行くか迷う所。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。