スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生誕100年記念「土門拳の昭和」 日本橋三越新館

domon

昨日から始まった「土門拳の昭和」展へ行って来た。
何しろ、土門拳は私の大好きな写真家なのだ。どうしても彼の作品を見たくなって、そのためだけに山形の土門拳記念館まで行ったことさえある。
でも、なかなか回顧展をやらないなと思っていたら、今回の生誕100年記念展が漸く開催された。

冒頭は、土門の名作「室生寺」シリーズの大判から始まる。続く仏像写真。

そこで、観客をぐっと引きつけておいて、後は年代順+テーマ順での展示が続く。
最初期の伊豆シリーズや戦前の彼の作品は全く見たことがなかったので、とても新鮮だった。

しかし、やはり彼の才能が光り始めるのはアメリカのグラフ誌「LIFE」に掲載された当時の外務大臣宇垣一成の写真「日曜日の宇垣さん」からではないだろうか。
無論それまでの写真でも被写体のとらえ方、特に感心したのは早稲田大や東京高等女子師範の卒業アルバムの写真など、に才能を感じるけれど、やはりこれこそ土門拳の写真!と思ったのは宇垣さんの写真であるように思った。

戦中(1941年)から撮影を開始した「文楽」シリーズは土門本人の思い入れとは裏腹に、個人的にはあまり好感が持てない。

戦後の彼が撮り始めた写真こそ、私にとっての土門拳の写真。
夜の銀座、戦後の日本の街角をとらえた写真も、悪くない。
でも、子供たちを被写体にした作品群にはかなわない。
なぜ、あんなにも生き生きとした表情をその一瞬をカメラでとらえられるのか。神業だ。

江東区の子供達を中心として、日本全国でこどもたちの様々な様子をカメラにおさめている。
子供ばかりを集めたコーナーは見ているだけで、顔が微笑んでしまう。
すごくいい!

そして彼の代表作としてこれまた有名な「筑豊のこどもたち」に続く。
廃坑となった『筑豊の街のこどもたち』を撮影した写真集を1部100円で刊行。1000部を売り上げる。
そして、その続編『るみえちゃんはお父さんが死んだ』を完成後脳血症で倒れる。

この病気回復後、35ミリカメラの使用が肉体的に無理となったため、大型カメラを使用し、古寺、仏像、古美術作品などを撮り始めることになる。

様々な写真家の撮影した仏像写真を見るが、私の一番好きな仏像写真は土門拳撮影のもの。
会場内の最後に土門拳関連の映像コーナー(14分)があり、そこで彼の助手を務めていた藤森武氏のコメントがあり、彼の仏像写真の凄さの秘密は全て「ライティング」にあるとおっしゃっていた。
「ライティング」だけは必ず自分が決めて調整していたそうだ。

土門の写真に惹かれて中宮寺の弥勒菩薩像を見に行ったことがある。
実際に菩薩像と対面し驚いた。
写真の方が美しかったのだ・・・。
あれ、写真の方が奇麗だった?
実際以上に美しく気品に満ちた写真だったのである。

私の土門拳好きはこの体験から更に拍車をかけることになった。

今回も仏像シリーズの出展もあるが、デパート会場なのでちょっと雑然感は否めなかった。
大きな写真は天井が低く、会場が狭いこともあり、写真が映えない。

むしろ、こういった会場では4ツ判?写真というのだろうか、小さめの写真の方が見やすい。
土門が撮影した各界の著名人の人物写真がもっとも多く展示されていたように思う。

印象的なのは志賀直哉、川端康成、富本憲吉、奈良岡朋子らの写真。

想像していたより展示数が多かったので、初期の作品から「ヒロシマ」はじめ有名シリーズ作品まで、彼の回顧展に相応しい内容だったと思う。
平日の夜だった割に、観客が多かったので土日は混雑必至かもしれない。

*3月8日まで開催中。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「土門拳の昭和」@日本橋三越本店

 日本橋三越本店新館7階ギャラリーで開催された生誕100年記念写真展「土門拳の昭...

日本橋三越で「土門拳の昭和」展を観た!

「しんこ細工 浅草」(昭和29年) 日本橋三越で「土門拳の昭和」展を観てきました。土門拳生誕100年を記念しての写真展です。デパートの主催で集客力があるとはいえ、さすがは写真界の巨匠、たくさんの人で混雑していました。土門拳は昭和10年から脳血栓で倒れる昭

土門拳の昭和  日本橋三越ギャラリー

memeさんのブログで知った展覧会。これは奈良から戻ったら真っ先に行こうと思っていた。入江→土門って、いい流れだ。室生寺のコーナーから始まる。先週末、この寺に出かけたとき、弥勒堂の国宝「釈迦如来座像」にさほど感動しなかったのだが、土門拳の写真を見て、「おま...

コメントの投稿

非公開コメント

mizdesign様

花粉のない時期で、次回の特別公開がある際にでも
お出かけされてはいかがでしょう?
かつてあった柵がなく、かなり仏像に寄れますよ。
でも、写真撮影は不可ですが。

No title

こんばんは。
土門拳が撮る仏様は本当に表情豊かで、実物を観ても気づかなかった一面を見せてくれますね。
生き生きとした室生寺金堂の仏様をみて、また室生寺に行きたくなりました。

@あべまつ様

お返事遅くなり、申し訳ございません。
土曜はやはり混んでいましたか。
もう少し、展示方法が演出的だったら、
もっと感動したかなと思います。
酒田市の土門拳記念館を再訪したくなりました。

@oki様
4月から日本橋三越は閉店時間が1時間早くなり
19時閉店となります。
仕事帰りに行くには、ちょっと厳しくなるのが残念ですが
仕方ないですね。

No title

こんばんは。
今日行ってきました。土曜日ということもあって、沢山のお客様。ギャラリートークも開催されるとかで熱気ムンムンでした。
知っている写真家でしたが、これだけ沢山の作品を見たのは初めてで、すっかり魅了されました。リズム感溢れ、どれもが躍動感溢れていました。
いい時代、も感じました。珍しく写真集求めました。

No title

えっ、伊勢丹のアイカードで、三越入れたのですか!
アイカードなら僕も持っていますが、いつもギャラリーで招待券つきの
チラシもらっていました。
これからそんなことしないですみます、教えてくれてありがとうです、
memeさん!

oki様

こんばんは。
私は19時頃会場に入ったのですが、メディアの取材の
方はいらっしゃらなかったです。

三越ギャラリーは伊勢丹のアイカードを持っているので、
無料で入館しています。

No title

おっ、ニアミスですね。
僕が行った時間帯はメディアがカメラ携えて取材にきていました。
僕も土門好きです、はるばる町田市立博物館まで展覧会みにいったこともー。
記事にされているように、日本工房時代から土門は土門であったのですね。
意外なのはチラシ見ると招待券つきではないですね。
memeさん、9百円払ってご覧になった?
けどその価値ある展覧会ですね。油彩画からリハビリスケッチまで堪能しました!
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。