スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「川端康成生誕110年 川端康成コレクション展」 松坂屋美術館

「川端康康成コレクション展」に行って来ました。
川端康成と言えば、ノーベル文学賞を受賞した作家、「雪国」「伊豆の踊子」の作家としても著名です。
本展は川端を作家としてでなく、「美術コレクター」という一面にスポットを当て、そのコレクションを展観するものです。作品の多くは、財団法人川端康成記念会の収蔵品が出展されています。

私個人として、川端のコレクションで印象深いのは国宝指定されている与謝蕪村と池大雅の「十宜図」「十便図」です。昨年の東博開催「対決展」にも出品されていたのは記憶に新しい所。
それでは他のコレクションは?と言われると、東山魁夷との交流くらいしか思い浮かばず、さりとて川端康成の目利きぶり、美術コレクターとしての一面は聞き及んでいたため、どんなものが出ているのかと楽しみにしていました。

松坂屋美術館では作品リストの準備がありませんでしたが、前述の財団法人川端康成記念会HPに展覧会の作品リストが掲載されています。
注:リスト掲載作品のうち、一部展示されていない作品もあります。

さて、全体としてそのコレクションの質はすこぶる高いというのが感想です。借金を重ねて美術品を買ったというのもなるほど頷けるというか、これほどの物を集めるのに、どれだけお金がかかったのか、借金額も相当なものだったのではないかと邪推してしまうほど。

そして、川端の集めたものたちは、どれも私の好みにもマッチしていて、こんなものが手許にあればと思わずにはいられませんでした。
とりわけ、欲しいと思ったのは大好きな古賀春江の絵画作品です。
こんなにたくさん古賀春江の作品を持っていたとは全く知りませんでした。どれも素敵な絵なのですが、中でもチラシに掲載されている「煙火」は古賀春江らしいパウル・クレー調の絵画で良かったです。

絵画では、これまた私の好きな渡辺崋山の「桃花山山禽双つ孔雀図」 もあり、この他江川担庵などの作品にまじって、東山魁夷や小林古径らの近代日本画家のコレクションや草間弥生の初期作品までありました。

書では良寛。
良寛の書も年始の東博で拝見し、その良さに感じ入ったばかり。

この他、縄文時代の土偶(土偶好きなのまで一致)や聖徳太子立象、ロダンの「女の手」など素敵な作品がずらずら出て来ます。ロダンの彫刻はあちこちで見かけますが、それほど感銘を受けた記憶がありません。ところが、この川端所有の「女の手」には妙に魅力を感じました。
その大きさがロダン作品とは思えぬほど小さいのですが、小さくしかも手だけの彫刻なのに、そこから醸し出す不思議な力あれは、一体何なのでしょうか。

また、今年の1月に発見されたばかりという与謝蕪村の文机も展示されていました。
2月の新聞報道によれば、「写真家の故土門拳氏が文台に見入る川端を撮った写真が昨秋、滋賀県であった企画展で展示された。これを見た蕪村研究の第一人者、藤田真一・関西大教授が「蕪村の文台」と気付き、川端邸内にある川端康成記念会に捜索を依頼。桐箱に納められた状態で1月初め見つかった。」とか。

土門拳の写真が文机発見のきっかけになったとは・・・驚きです。

会場内には川端の書斎が再現されていて、黒田辰秋の漆作品などと併せて拝見できます。

今回の展覧会は川端所有のコレクションにのみ焦点を当てていますが、来月より千葉市美術館で開催される「大和し美し 川端康成と安田靫彦」展では両者の交流に目を向け、それぞれのコレクションを250点で展観する企画展です。こちらも楽しみになってきました。

*3月15日まで開催中です。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。