スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「第28回 損保ジャパン美術財団 選抜奨励展」 損保ジャパン東郷美術館

「第28回 損保ジャパン美術財団 選抜奨励展」に行って来ました。
私は今回見に行くのが初めて。

出品作家である奨励賞受賞作家(36名)と推薦作家(26名)の計62名による各作品が展示されている。
ほとんどが未知の作家さんばかりであったが、岩田壮平、篠原愛など、わずかに知った名前もあった。

以下が印象に残った作品。

・長内さゆみ 「秋の水辺」 2007
この作品は、抜群にうまかった。私の後に入場された見知らぬ男性客が隣で「上手いっ!」と感嘆の声をあげておられたので「本当にお上手ですよね」とその後しばし2人並んで作品に見とれていた。

・岩田壮平 「花泥棒」 2008
この方の作品はどれも「花泥棒」というタイトル。以前見たのと全く同じなのだろうか?
描かれているものは大きな赤い花とその花を手にもって自転車を漕ぐ若い男性。でも、構図が違うような気がしたけれど、それを確かめる術がなかった。今回はガラスケースがなかったので、作品により近付け、膠彩特有のてらっとした感じを確かめることができた。

とこのお二人で終わってもよいくらいなのだが、あと数名の作家さんとタイトルのみ挙げておく。
・益村千鶴 「Lasting song」
・渡辺まり 「ギャロップ」
・大矢加奈子 「line-girls」
・安田正弘 「横臥裸婦(閑雅)」
・森川美紀 「Jiufeng」
・ましもゆき 「前夜祝」

*3月29日まで開催中。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

第28回 損保ジャパン美術財団 選抜奨励展

損保ジャパン東郷青児美術館 2009年3月7日-3月29日 まずは本展覧会の趣旨をオフィシャル・サイトから引用しておく: 全国の推薦委員より推薦された若手作家と、美術団体が開催する公募展で「損保ジャパン美術財団 奨励賞」を授与された作家の作品約80点を一堂に展...

「第28回 損保ジャパン美術財団 選抜奨励展」 損保ジャパン東郷青児美術館

損保ジャパン東郷青児美術館(新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン本社ビル42階) 「第28回 損保ジャパン美術財団 選抜奨励展」 3/7-29(会期終了) 損保ジャパンの奨励展へ行くのは今年が三回目です。会期最終日に駆け込んできました。 本年の受賞作は以下の通りです。

第28回損保ジャパン美術財団選抜奨励展

memeさんが「抜群にうまい」とおっしゃった作品が気になってしまって、最終日の昨...

コメントの投稿

非公開コメント

YCさま

コメント&TBありがとうございます!

今回のような公募展にはVOCA以外行ったことがありませんでした。
大きな絵画作品の海に酔うというのは感覚的にとてもよく分かります。
私にとっては麻痺してくるって感じに近い。

最初に見た長内さんの作品は鮮烈で、睡蓮大好きなのでとにかく嬉しかったです。

はじめまして!

memeさん、こんばんは。
初めてコメント&TBさせて頂きます。
公募展に行くと、100号台の大きな絵画作品の海に
酔いそうになりますが、その中でこうして選ばれるのは
確かにどれも力作ばかりだと思いました。
長内さんの睡蓮は見事でしたね。

ogawama様

こんばんは。
こんなダメダメ記事でもお役に立てて良かったです。
早めに書いてるのだけが取り柄って、ちょっと情けない私。
銀座のメグミ・オギタギャラリー行かれたことありますか?
今のホーリー・ファレルはじめ、狭い空間ですが
良い作品を出しているのでぜひ一度覗いてみてください。

私も

memeさんの記事で興味をひかれて、最終日に駆け込んできました。
私も日経展で岩田さんが気になったのです。
意外と収穫が多く、行って良かった!と思います。
memeさんのおかげです。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。