スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「うつわ U-Tsu-Wa」 21_21DESIGN SIGHT

utsuwa

21_21DESIGN SIGHTで開催中の「うつわ U-Tsu-Wa」展に行って来ました。

少し前にテレビ東京系列の「美の巨人たち」で出品作家のひとりであるルーシー・リィーの特集が放映され、実際の作品を観たいなと思ったのです。

実際行ってみて、ルーシー作のボタンは色合い、形とも素敵でした。
器はと言いますと、素敵だったと思われますという曖昧な印象しかありません。
なぜなら、肝心の器がよく見えなかったのです!

他の2人の作家エルンスト・ガンペールとジェニファー・リーの2人も素晴らしい作品だったと思いますが特にジェニファー・リーの作品はルーシー同様、よく見えませんでした。

最初の展示室はガンペール作品オンリーの展示。
流木などを使用した器で、その木肌や元の形を活かして制作された器は個人的にはとても気に入ったのですが、通路から作品までの距離が遠すぎます。

これがもっと顕著なのは、次の広い展示室にあったルーシーとジェニファーの器。
驚くべきことに、一方の壁面(観客が立っている場所の先にある壁)からは水が流れおち、プール状の展示台にも水が張られています。
その水面に器がひとつひとつ置かれています。
たとえて言うなら、器を蓮の花に見立てたということかもしれません。

しかし、片方からしか水面を眺めることができないため、水が流れている側に近い器は遠くて色とおぼろげな形しか判別できない。
せっかくの器ですから、上から、左右の側面からじっくり眺めたいのに、近寄ることすらできません。

ということで、ルーシーとジェニファーの器は遠くからしか見ていないので、多分素敵だったのだと思うとしか言いようがないのです。

会場が21_21デザインサイトなので、展示演出に凝ったのでしょうが、展示に懲りすぎて、肝心の作品が観客にきちんと鑑賞できないというのはちょっと不満です。
美術館ではないと割り切ってしまうしかないのかもしれませんが。

冒頭に挙げたルーシー作のボタンはケースに入っていて近くでじっくり眺めることができました。
また、ボタンを使用した三宅一生の洋服も展示されていて、こちらは良かったと思います。
しかし、この内容と展示数で入場料千円はお高い気がしました。

*5月10日まで開催中。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

21_21 DESIGN SIGHT 三宅一生ディレクション「U-Tsu-Wa/うつわ」展を観てきました。

今日は体操教室の帰り お友達同士でミッドタウンでお遊び。 さて解散となったときに息子が 「びじゅつかんよってかえる!」 ア...

「U‐Tsu‐Wa/うつわ」

21_21 DESIGN SIGHTで開催中の 「U-Tsu-Wa/うつわ― ルーシー・リィー、ジェニファー・リー、エルンスト・ガンベール」展に行って来ました。 ミッドタウン内サントリー美術館では「薩摩切子展」、21_21 DESIGN SIGHTではこの「U‐Tsu‐Wa/うつわ」展と奇しくも同

コメントの投稿

非公開コメント

KIN様

> 空間を愉しむにはイイ展覧会でしたが、器の作品を
> 愉しむにはちょっと物足りなかったですね。
⇒ちょっとどころか、相当もの足りてないです!!

> そしてあのインスタレーション作品だけで1000円、
> お高いです!(私は1時間も居ませんでした)

⇒ 全く同感です。六本木価格と思って諦めたけど。

これは

空間を愉しむにはイイ展覧会でしたが、器の作品を
愉しむにはちょっと物足りなかったですね。
安藤さんのインスタレーション作品が二つある、と
言う印象しか残りませんでした。
そしてあのインスタレーション作品だけで1000円、
お高いです!(私は1時間も居ませんでした)

せいな様

安藤さんの建築、美術館はいくつか行ってますが
地中美術館と21_21はなかなか良いなと思っています。
でも、今回は肝心の作品がろくに見えないというのが
私は一番不満で、どなたかも書いてましたが、せめて
1周できるようにするとかして欲しかったです。

No title

デザインサイトは安藤さんが建物に対してものすごく思い入れがあるので
美術展を観るというより建築を見るという概念のほうがいいのかもしれません。
ちなみにこちらのギャラリーはご存じでしょうか。
ここでは安藤さんの展示をかなり頻繁に行うので興味があればぜひ。
http://www.toto.co.jp/gallerma/ex081003/index.htm

Tak様

こんばんは。

まさか、遠距離双眼鏡が必要な展覧会だとは
思ってもみませんでした。
雰囲気を味わうには良いかもしれませんが、
1点1点じっくり見たい場合は・・・。

No title

こんばんは。

噂では来年、新美術館でルーシー・リーの
展覧会開催するそうなので、そこでじっくり拝見しようかと。
まさか新美術館にまで安藤さん来ないでしょうから。。。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。