スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「平泉~みちのくの浄土~」 世田谷美術館

hiraizumi

世田谷美術館で開催中の「平泉~みちのくの浄土~」へ行って来ました。
珍しく私としたことが、出遅れて気が付けば会期終了まで残り1週間となってあせりました。

この日は夏日を記録する好天で、そのせいもあってか砧公園の人でも多かったのですが、世田谷美術館に入ってびっくり。
会場、相当混雑してます。あ~、やっぱりもっと早く行けば良かった。。。公開先に立たずです。

ぎゅうぎゅう、ずらずらと列が並ぶ場内を上手くすり抜け、きっちり作品は鑑賞することができました。

ブログ「はろるど・わーど」のはろるどさんも記事に書かれているように、本展の見所は、「第1章みちのくの古代・みちのくの仏たち」で展示されている東北地方の仏像と「第3章 輝きの浄土~中尊寺の至宝」で紹介されている金色堂内の仏像群および中尊寺経の3つに集約されていると申し上げても良いでしょう。

東北地方の仏像は、なかなか現地で見ようと思っても所蔵先が点在していて難しいもの。
今回は、黒石寺の四天王立像のうち持国天、広目天や、勝常寺の同じく持国天、広目天立象、岩手天台寺の聖観音菩薩立像、如来、伝吉祥天立像、岩手・浅井智福愛宕神社の毘沙門天立象などなど気づけば第1章は作品リストのほぼすべての作品にチェックが入ってました。
中央や西国の仏像とは異なり、東北地方の仏像はどこか異国風な表現を感じました。

同じく仏像では、今回のメインである中尊寺金堂西北壇上の仏像群。文字通り金キラでしたが、こちらは学生時代に東北地方を旅して以来の再会です。
あの頃は仏像に興味なかったよなぁと思い出に耽りつつ、拝見しましたが、私は勢至菩薩立像が好きです。

最後の中尊寺経。
こちらもかねてより見たかった国宝の金銀で経文を記す装飾経の名品中の名品。
奈良博でも装飾経はいくつも見ているけれど、やはり中尊寺経は素晴らしいの一言に尽きます。
見返しの絵と金字、銀字で使用されている金・銀の量、発色などを自身の鑑賞ポイントとしていますが、どれをとってもこれまで見て来た中でも最上位に属します。
美しい。華麗。溜息ものでした。
仏像ともども、図録で見なおしては惚れ惚れしてます。

更に「金光明最勝王経金字宝塔曼荼羅図」(国宝)も1巻のお経となる文字を使用して塔をかたどり、周囲には細かい浄土の様子が絵で表現され、こちらも大変見ごたえがあり、食い入るように見て来ました。平安後期のものでこれだけ状態が良いのは、めったと外に出さなかったのでしょう。

他には「第2章 仏像平泉~みちのくの中央・朝日差し夕日輝く~」の遺跡出土品、中でも「白磁水柱」文化庁蔵(重文)、かわらけ、烏帽子、さいころ等々、よくぞこんなものがと考古学的興味が掻き立てられました。
「訶梨帝母坐像」の素朴さ、「鉄樹」毛越寺蔵(重文)、これは平安後期のまさにアートを意識した彫刻ではないかと驚嘆しました。
造形的にも、現代アートとして展示されていたら平安のものだとは分からないのではないでしょうか。

2階の常設展として使用するスペースも今回は、特別展にあてられていましたが、その最初にあった仏像群にも驚かされます。
「思わず複製ですか?」と係の方にお尋ねしてしまった「騎師文殊菩薩半跏像」や「四眷族立像」(いずれも重文)など平安時代後期のものとは思えぬ鮮やかさ、あれは近代に補修されたのでしょうか?

最後は「第4章 祈りとまつり」で、今に伝わるお寺の行事や芸能を紹介。これはこれで、平泉文化を紹介する上で、重要なパートでした。

会場が狭いせいか、作品リストや章だて通りの展示がされておらず、全体の内容が理解しづらかったのは残念ですが、大量の作品群で展開された本展は私の想像をはるかに超えた素晴らしい内容でした。できることなら仙台市博物館で本展を拝見したかったですが、とりあえず貴重な作品を集めて公開していただいたことに感謝したいと思います。

*4月19日まで開催中です。
チケット売り場に、列ができていましたので時間に余裕をもっておでかけください。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「平泉展」

世田谷美術館で開催される 特別展「平泉~みちのくの浄土」の報道内覧会にお邪魔して来ました。 東京展公式サイト 昨年から今年にかけ、仙台市博物館、福岡市博物館を巡回しやっと都内で公開されることになった、みちのくの仏さまたち。よくぞお越し下さいました...

「平泉 - みちのくの浄土 - 」 世田谷美術館

世田谷美術館(世田谷区砧公園1-2) 「平泉 - みちのくの浄土 - 」 3/14-4/19 中尊寺金色堂の諸仏(西北壇)を寺外で初めて公開する他、関連の仏像や資料などで「平泉の魅力」(ちらしより引用)を紹介します。世田谷美術館で開催中の「平泉 - みちのくの浄土」へ行っ

コメントの投稿

非公開コメント

21世紀のxxx者様

こんな凄いの出しちゃうんだという点に関しては同感です。
更に、これだけよく集めたなと関係者の方々の熱い思いが
伝わってくる内容でした。

はろるど様

世田谷美術館は、駅から遠いのでどうしても敬遠しがちになります。
バスなど使用すると、徒歩より時間がかかるくらい迂回するし。

箱の問題はありましたが、個人的には間に合って良かったです。

No title

私もこの展示を観ましたが、最初の部屋にいきなりハイライトとも言える仏像があって感動しました。こんな凄いの借りてきちゃうんだ!ってw
今年は本当に仏教関連の展示が充実していますね。
またTBさせて頂きましたm(_ _)m

No title

こんばんは。リンク恐縮です。やはり仙台博の方がスペースに余裕があるのでしょうか。箱が内容に追いついていないかなという気はしました。

>出遅れて気が付けば会期終了まで残り1週間

いやはや本当に珍しいです。私の中ではとらさんとmemeさんは会期初日のご鑑賞というイメージですので…。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。