スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イサムノグチ庭園美術館

大阪でのオラクルカードWSの翌日、京都で1泊し、翌日四国に向かいました。
目的は、香川県の牟礼にあるイサムノグチ庭園美術館
これまたずっと行ってみたかった美術館です。
イサムノグチは、世界的に有名な彫刻家(故人です)で、日本人の父親とアメリカ人の母親から生まれました。
作品としては、彫刻もさることながら和紙を使用した照明器具「あかり」シリーズの方が日本人にはよく知られているかもしれません。

この美術館は予約制、しかも火・木・土の週3日の営業なので、なかなかハードルが高く、しかも鉄道の最寄駅からも遠く車でないと、一人で行くにはきつい場所にありました。
ところが、今回徳島にいる従兄弟が、車を出して私を連れて行ってくれるというので、是非是非ってことで行って来ました。

私は3時の回(1日3回のグループ見学制)でしたが、最初に「イサム家」というイサムノグチが住んでいた家を外から見学です。
庭に、さりげなく置かれた石の彫刻、絵に描いたような苔。
そして、移築したという古民家の中のインテリアもイサム色満載で、古いのに新しいという絶妙なバランスを保っています。

裏に回って、丘を登っていくとそこは、瀬戸内海が見える絶景、イサムノグチのお墓があります。

後半は、彫刻がそこかしこに置かれている彫刻庭園と代表作「エナジーヴォイド」を展示するためにわざわざ運んできた展示蔵の見学です。
同行した従兄弟は、彫刻庭園と周囲の風景から「宇宙を感じる。日本じゃないみたいだ」と言っていました。
確かに、彫刻からあふれる雰囲気で、日本が日本でなく、ただの宇宙の一部だということを感じさせるのです。

正味1時間の見学でしたが、良い経験ができました。
連れて行ってくれた従兄弟に心から感謝です。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。