スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「横山大観と木村武山」 野間記念館

buzan

野間記念館で開催中の「横山大観と木村武山」に行って来ました。
「なぜ、横山大観の名前の方が展覧会タイトルの先にあるのか?」と言う疑問は、展覧会を見終えてから感じたこと。
何しろ、内容としては圧倒的に木村武山を中心としたもの。
私の個人的な印象としては、武山の作品の作品の方が大観のそれを凌駕していたように感じます。

木村武山は、茨城県笠間出身。最初、川端玉章に師事しました。
色彩感覚に優れ、写実的な描写力と古典に学んだ素養とを基礎とした花鳥画や歴史画を得意とし、晩年には仏画も多く手がけるようになりました。
大観創立の日本美術院には明治31年に参加しましたが、大観よりも東京美術学校で師事した下村観山との関係による所が大きかったと大観自身が語っています。

そうは言っても、再興した日本美術院にも参加した武山は、やはり大観と同じ時代に日本画を築いた重要な画家の一人であったと言えるでしょう。

日頃、美術館や展覧会でなかなかまとめて見ることのできない、大観や観山ほど知られていない木村武山の作品を一挙に堪能できる貴重な機会です。

印象に残った作品は以下。まずは木村武山から。
・「慈母観音」 
・「観音」 
いずれも観音を描いた作品。狩野芳崖の悲母観音に影響を受けたと考えられる2作品。武山の特徴である華麗な色彩、蕩けるような背景の描写が観音の優美さを引き立てている。
一方で主役の観音は精緻に描かれ、技術の粋を見せる。

・「錦魚」 
金泥と緑青との重ね合わせが絶妙な効果をあげている。この作品は構図が面白い。右側に水草が縦に長く描かれていて右上から左下へ視線が流れる。視線の先には、白い睡蓮の花が錦魚の赤白とのアクセントになっていた。

・「旭光双鶴」 
これ以上縁起の良さげな作品はあるだろうか。中央に真っ赤に燃える旭日がどんと構え、その傍らに立派な鶏が2羽。竹まで添えられていた。

・「金波」 
武山の作品としてはちょっと珍しい作風。尾形光琳の「波図屏風」を思い出した。

・「十二ヶ月図」全3種類×12枚
十二ヶ月図が全部で3シリーズもあって楽しかった。一点一点が武山の目線を感じる。特に秋草、金魚、雀などがお気に入りのよう。
「稲に虫」(10月)などは、虫が稲の反対側に描かれていて、変わった視点から描くなぁと感心した。
普通は正面から見た時、葉の上に虫が乗っているところを描くのではないか。

ここからは大観作品。
・「春雨」 
作品を見た時、雨の香を感じた気がした。それほどに、春の雨の様子が強く鑑賞者に訴えかけてくる作品。

・「夜梅」
妖気をまず感じた。夜に見る白くおぼろげに浮かんだ梅の花というのは、何と妖しい魅力にあふれているのか。画面から立ち上る気配が怖かった。

・「大正大震災大火災」
こちらは、『大正大震災大火災』という講談社から出版された本の表紙原画。文字通り、震災時に発生した火の手が、猛り狂ったように街を包んでいる。表紙だけで、迫力が伝わる。


同時開催で、先日弥生美術館で拝見した挿絵画家の樺島勝一の原画展も開催されています。
*弥生美術館での鑑賞記録はこちら
こちらでは、弥生美術館で拝見できなかった作品「太平洋魔城」などの原画もズラリと並んでいて、これまら凄い!併せて楽しめました。

それにしても、これだけ楽しめて入館料500円はお得。しかもスタンプカードがあって、2回行くと(スタンプ2つ)3回目は無料!今回は私もスタンプカード特典で無料でした。
次回の「近代日本の花鳥画~花と鳥の肖像~」も楽しみです。

*5月17日(日)まで開催中。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

横山大観と木村武山 講談社野間記念館

前回のこの美術館での「帝展期の東京画壇」で、木村武山の「光明皇后」を見て、この画家の万葉の昔の時代のような色遣いがすっかり気に入ってしまった。今回も、まず「慈母観音」↑と「観音」が出展されている。「慈母観音」は、狩野芳崖の「悲母観音」を連想するが、やは...

大観と武山/樺島勝一

「大観と武山」展を見に、野間記念館に行った。 無論これがメインではあるが、併設展「誌上の光彩」シリーズの「樺島勝一」を見るのも目的だ...

横山大観と木村武山 @野間記念館

 野間記念館の前庭には枝垂桜が咲き誇っていた。 ここでは、今まで、竹内栖鳳、川合玉堂と見てきたので、横山大観を見ると近代日本画家のベスト・スリーを見おることになる。ただし、今回は、一緒に日本美術院を立ち上げた木村武山との競演である。  横山大観の作品の...

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 木村武山展 様

はじめまして。

> 茨城県北茨城市、五浦天心記念美術館において、今回初めて単独の「木村武山展」が開催されています。12月4日までです。

上記展覧会開催は来週あたりに、伺う予定です。
素晴らしい内容とのことで、益々楽しみになりました。

今年は茨木近代美術館で念願の武山の杉戸絵を見ることができ、非常に感動しました。
記事にできなかったので、五浦に行ったら合わせて感想を書きたいと思います。
今後ともよろしくお願い致します。

木村武山展

はじめまして。木村武山びいきのものです。
茨城県北茨城市、五浦天心記念美術館において、今回初めて単独の「木村武山展」が開催されています。12月4日までです。
本当に素晴らしい、圧倒的な絵でした。特にその色彩の美しさは奇跡的です。これほどまでに美しい色彩を創造できる人間がいたことに感動しました。
私としては残念なことですが、かなり空いていますので、じっくりみられます。是非ご覧ください。

一村雨さま

観音さまの絵というのは、冒頭の2幅並んでいたものですよね。
あの2牧は最初見た時、華麗ではっと息を飲みました。

遊行七恵さま

おはようございます。
武山には、なぜ脚光を浴びなかったんでしょうかね。
技巧的にも色彩も、構図もどれも良いところが沢山あるのに。
地元の茨木あたりで武山展やっていただきたいです。

樺島作品は、さすが講談社!ならではの展示でした。

No title

私も大観よりも武山の方が気に入りました。
あの観音様の絵が一番好きです。

こんばんは
始まりの頃に楽しんで、このGWに再訪するつもりがならず、memeさんの記事で「再訪した気」になりました。
見応えありましたね~
武山は先輩たちに比べて目立ちにくかったようですが、その作品には素晴らしいものが多く、引けをとるもんではなかったな~と思いました。

樺島の本郷さんのシリーズにはドキドキしましたよ!
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。