スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「金氏徹平 溶け出す都市 空白の森」 横浜美術館

teppei

横浜美術館で開催中の「金氏徹平 溶け出す都市 空白の森」展へ行って来ました。
若手現代美術家による初の個展ということで注目されています。金氏徹平さんは1978年の京都生まれで、彫刻科専攻。

私自身は金氏徹平さんのお名前も作品も知らず、本当にこの展覧会で初めて接した次第です。
訪問時は、たまたま運良く金氏さんご本人が会場で制作を行っておられ、そのお姿をじ~っと見守っていました。
まるで、積木で工作してるみたい。
みたいというのは正確ではないですね。
積木で工作そのものです。
様々な形の木製部材を木工用ボンドか瞬間接着剤の2種類とで次々に積み上げ、作品を形作っていらっしゃいました。
作品制作されていたのは、エスカレーターを上がってすぐの広い空間。
コーヒーのシミシリーズが展示されています。

今回の出展数は作品リストによれば124を超えていました。
あれだけの広い展示室を膨大な作品で埋め尽くしたのは圧巻です。
その創作エネルギーは凄い!
積木に夢中になっていた少年時代のままなのかも。
好きでないと、こんなに作れない。

最初の展示室では本展のために制作された最新作≪White Discharge≫シリーズによって、室内は冬景色になっていました。
既存の製品を再構築して、新たな形を作り出すのが金氏の手法。
本当に様々なものが白い樹脂でくっつけられ、雪が降り注いだのか、それとも白い液体が噴出したのか。
dischargeの意味は、この場合「放電」「放出」「流出」で良いのか。
「空間にいろんなものが流れこんでは出て行くのが面白い」「形の面白さの追求」作家自身の言葉です。

初めて手がけたというアニメーション映像≪Tower≫。
こちらは、効果音もセットされている。しばらく眺めていたが、どこが最初で終わりなのかが分からない。30分程度の映像がループで流れている。
こちらは、もう少しひねって欲しいかな。

最後の展示室では過去の作品が勢ぞろい。
最近見たムーミン人形が使用されていたのが印象的。

「見たことあるようでいて、何だか分からないものをつくりたい」という作家の意図通りの内容でした。


この後、コレクション展を拝見しましたが瀧口修三とアントニ・タピエスによる詩画集≪物質のまなざし≫や日本画コーナーでは下村観山の「春日野」「山村の朝」、鏑木清方の風景画「暮雲低迷」、御舟の「麦」など名作がぞろぞろ。更に小林清親や川瀬巴水、伊東深水の木版画を久々に拝見できたし今回の日本画コーナーはとても良かった。企画展だけでなくこちらもお見逃しなく。

*5月27日まで開催中。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「金氏徹平:溶け出す都市、空白の森」(横浜美術館)

今日(5/27)まで開催されていた、「金氏徹平:溶け出す都市、空白の森」(横浜美術館)に行ってきました。なぜか鑑賞順路を間違って、珈琲のシミ・シリーズ?のコーナーから鑑賞してたのですが、どうしても「シミ」以上に想像を膨らませられず、このままずっと、ダメ(好

金氏徹平:溶け出す都市、空白の森(横浜美術館)

先週、今週と2週にわたって引越しを行ってたのでずっと行けてなかった美術館。 今日、ようやく引越しが完了! (とはいえ、これからの整理が大変。。。) というわけで、遅いお昼ご飯でビールを飲んで、美術館へ行こうと。 一番行きたかったのはネオテニージャパンなの...

「金氏徹平 - 溶け出す都市、空白の森 - 」 横浜美術館

横浜美術館(横浜市西区みなとみらい3-4-1) 「金氏徹平 - 溶け出す都市、空白の森 - 」 3/20-5/27(会期終了) すっかり行きそびれていましたが、会期末に慌てて見てきました。横浜美術館で開催されていた「金氏徹平 - 溶け出す都市、空白の森 - 」へ行ってきました。...

コメントの投稿

非公開コメント

なでしこ様

私が行ったのもライブパフォーマンス開催の日ではなく
どしゃぶりの雨が降った日の遅い時間。
係の方に伺ったら、ちょくちょく美術館にいらっしゃって
制作されていたそうです。

私が行った時はコーヒーのシミシリーズの積木を接着されてました。
単にくっつける訳でなく、どの形にしようか試行錯誤されてる様子を
拝見してきました。

日本画は仰る通り私も○たくさんでした。

あおひー様

こんばんは。
私はコーヒーのしみ系シリーズと映像に今後の期待を
していきたいです。
積木系くっつけアートですね。

はろるど様

こんばんは。
金氏さんの作品自体には正直あまり惹かれず、その有り余る
制作エネルギーに感動しました。

日本画は今回良かったですよね~。

No title

ライブ・パフォーマンス、必見だったのに見逃して後悔しごくです。
制作されてたのは、どのシリーズの作品でしたか?
もしよろしければ、教えてください!

横浜コレクションは、日本画のお部屋がほんとに良かったですね。
作品リストに、いっぱい丸つけちゃってました。

No title

横浜美術館の空間があんなふうになるなんて不思議です。
金氏さんは苦手意識があったのですが、今回かなり好きになりました。
今後の展開がたのしみです。

No title

こんにちは。memeさんが行かれた時は金氏さんが製作中だったのですね。
私は思いっきり会期末でしたが、本当におもちゃ箱の中を歩いているような感じで楽しめました。アニュアルで少しひっかかっていたので、こちらで一気に惹かれたというところです。

常設も良かったですね。今回は日本画が超当りでした。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。