スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入谷葉子展 「お山の家」 neutron tokyo

neutron tokyoメインギャラリー(1階)と2階で開催されているのは、入谷葉子展 「お山の家」。
3階の櫻井智子は水墨画を手法としていたが、入谷は色鉛筆を画材とした平面絵画とコラージュ作品が数点展示されている。
作品画像、作家プロフィール等はこちら

展覧会タイトルは「お山の家」なのであるが、入谷特有の色の選択と使い方で、お山の家っぽい感じは受けなかった。
むしろ、空想上の世界、非現実的な感じ。

個人的には家やそれに関するモチーフを描いた作品よりも、植物「ツバキ」や「ツツジ」などを描いた小品が良かった。
色鉛筆で描いたとは思えない重厚な印象を受ける。
色鉛筆と言うと、どうしても薄い軽いといったイメージがあるが、その先入観を裏切られるのが心地よい。

一番好きだったのは五重塔を描いた作品。
正面右寄りに五重塔を描いて、ちょっと構図も工夫されている。

今回のneutron tokyoは櫻井智子の個展といずれも満足感があった。京都のneutronにも機会を見てぜひ、一度行ってみたい。

*5月31日(日)まで開催中。日曜日も開廊しています。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。