スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐藤 雅晴 「ピンクのサイ」 Gallery Jin Projects

sato

Gallery Jin Projectsで開催中の佐藤 雅晴「ピンクのサイ」展に行って来ました。

佐藤さんの作品は、今年の春に川崎市の岡本太郎記念美術館で「第12回岡本太郎現代芸術賞展」でアニメーション作品「アパター11」を初めて拝見し感銘を受けました。日本の続く「101TOKYO Contemporary Art Fair」のGallery Jin Projectsで映像ではなく、平面作品を発見。

今回の個展では、101で見た平面作品を含む新作10点が展示されています。
彼の平面作品は実写からトレースされ、切り取られた現実世界をデジタルで記号化し実写とはまた違う雰囲気を持つ情景を作品化。写真でもなく絵画でもない不思議なデジタルアートです。

路上に捨てられたカツラ、監視カメラにとまる蝶など現実的なようで非現実感を醸し出す。
≪Coffee≫ 2009年 (上図)
≪Clearman≫ 2009年
この2点が一番佐藤さんらしくて良かったです。

でも、やはり平面作品より最初に見たアニメーション作品の新作をぜひ見たい。
次回の個展でアニメを期待したいと思います。

アニメーションと言えば、表参道のルイ・ヴィトンの前を通りがかったら、ウィンドウディスプレイが村上隆キャラでデコレートされ、とても賑やかだったので覗いてみました。
中には巨大パンダのぬいぐるみ、もちろん村上隆デザイン作品がどっかと1階中央に鎮座しています。このパンダキャラについつい誘われるように奥へ進んで行くと、アニメーション作品が流れているではないですか。
このアニメ『SUPERFLAT FIRST LOVE』も村上隆プロデュースだそうですが、大変よくできています。
思わず最初から最後まで2回通しで見てしまいました。
村上作品は苦手でしたが、このアニメは別格。パンダと中学生?高校生の少女が時空を旅するファンタジーでキャラがとっても可愛いのです。
携帯で配信されていますので、ご興味おありの方は一度ご覧になってみてください。詳細は以下です。
http://www.kaikaikiki.co.jp/news/list/superflat_first_love1/
 
<関連記事>
第12回岡本太郎現代芸術賞展」 岡本太郎記念美術館

*Gallery Jin
2009 年5月9日(土)~6月6日(土)
12:00~19:00(最終日は17:00まで)
休廊日:月・火曜日 

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。