スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「三井家伝来 茶の湯の名品」後期展示 三井記念美術館

mitui

三井記念美術館で開催中の「三井家伝来 茶の湯の名品」後期展示を見て来ました。

「さすが三井様、良い物をお持ちで・・・」などと数寄者の間で会話が弾みそうな品々ばかり。
いつもは小出ししている茶の湯の名品をど~んと出して来ました。
日本橋の三井タワー移転後、館蔵の茶道具を一堂に公開するのは今回初とのこと。
確かにどれもこれも、目移りしてしまうようなお道具ばかりです。

美術館の館蔵品は、北三井家(惣領家)、新町三井家、室町三井家の寄贈品が中心ですが、各三井家所蔵の茶道具にはそれぞれ特色があるとのこと。
展覧会チラシを見るまでちっとも分かりませんでした。
どうせなら、各家所蔵品による違いをもっと明確化した展示にできなかったのかなと思いました。

雑誌で読んだ担当学芸員さんのコメントによれば、本展でひとつの冒険をされたそうです。
国宝志野茶碗「銘卯花墻」を展示室3(茶室如庵を模した空間)にひっそりと置いたこと。
お供に展示されているのは、一山一寧筆「一山一寧墨蹟」のみ。

国宝というキャプションは遠く離れた所にあるので、気付かない人は気付かないで終わったりして。
かくいう私も志野茶碗はあまり好みではないので「ふぅん」と通り過ぎ、後であれがかの有名な国宝茶碗だと気付いた次第。

国宝茶碗より、やはり好みは光悦黒楽茶碗「銘雨雲」。
何度も見ているのに、何度見ても良い。
東博の「対決展」を彷彿とさせるように同じく黒楽茶碗の名品、長次郎作「銘俊寛」が出ています。
他に「大名物 粉引茶碗 三好粉引」の白色がとろけそう。
この大名物粉引は大ぶりで、たっぷりしている。こんなお茶碗で一服頂戴できたらどんない素敵だろう・・・と妄想してしまいます。

展示室4では茶室にかける軸ものや花入れが中心の展示。
前期、後期と絵画は入れ替わりがあったようで、前期を見逃したのが残念。展示替えがあるなんて知らなかった~。
「六祖破経図」梁楷筆は、南宋絵画で人物画の最高作だとか。
「祇園祭礼図」(桃山~江戸時代)は作者不明ですが、描写は細かく見どころ多し。

「古銅桃底花入」はまるで鶴のように細首で枯れた味わいがあります。
粉引(私は粉引が好きらしい)、備前、青磁、黄瀬戸と様々な窯で作られた花入れの名品が続きます。これほど素敵な花入れが並んでいる光景はかつて見たことがない。
垂涎ものでした。

明治20年の明治天皇献茶会茶道具の展示は、これぞ!というものばかり。
冒頭、藤原定家筆「小倉色紙」鎌倉時代が飾り、野々村仁清「色絵鶏香合」、長次郎作黒楽茶碗「銘面取」、千利休作茶杓、与次郎作「日の丸釜」と三井北家が誇る茶道具の優品の数々。
あまりにメジャーブランドばかりで、遊びがないのが難点。さすがに、明治天皇茶会で遊びは禁物か。

展示室5では、各家所蔵の茶入、茶碗、茶杓、棗がぎっしりと展示されています。
これだけ見ればもうおなかいっぱい。

茶道具というのは取り合せが面白いのであって、ひとつひとつ見るだけだとどこかもの足りません。
茶の湯と言えばお気に入りは畠山記念館ですが、こちらは展示室全体が茶室のように感じられる展示で、作品数は少なくても毎回のお道具や軸もの屏風の取り合わせが楽しいのと対照的。

三井でも、取り合わせで見せてくれるような展示をして欲しかったですが、それは贅沢というものでしょうか。これだけの名品ですからね~。どれだけでも取り合わせが考えられます。

展示室6では、茶入用の仕覆、名物裂が少しだけ。
展示室7で、これでどうだ~って感じで、三井家と関わりの深い表千家関連中心の展示がされています。ここでは、やはり長次郎作「黒楽口寄香炉」が大変印象的でした。
長次郎作の香炉とは目がパッチリ覚めるほどの驚きです。

香炉であっても長次郎は長次郎。小ぶりで締まった感じのやきものです。

最後は過去にも拝見したことのある三井北家高福ら当主愛用の茶箱が5点展示されていました。
この小さな茶箱に茶の湯の魅力が凝縮しているようで、本当に素敵です。
愛らしい茶道具の数々を持ち歩いて茶を楽しむ。風流風流。

*6月28日(日)まで開催中です。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

三井記念美術館で「三井家伝来 茶の湯の名品」展を観た!

三井記念美術館入口 三井記念美術館で「三井家伝来茶の湯の名品」展を観てきました。日本を代表する豪商三井各家に伝わった茶道具の名品を集めた展覧会です。茶の湯に関わる美術品は、北三井家、新町三井家、室町三井家から三井文庫に寄贈されたものが中心です。特

「三井家伝来 茶の湯の名品」展

三井記念美術館で開催中の 「三井家伝来 茶の湯の名品」展に行って来ました。 美術館、博物館にはそれぞれ「得意分野」があります。 三井記念美術館は言うまでもなく茶道具を中心とした美術工芸品がそれにあたります。ある意味他の追随を許さない内容の展覧会。...

コメントの投稿

非公開コメント

あべまつ様

こんばんは。
破綻のなさすぎる所が欠点と言ったら怒られるでしょうね。
あまりにもネームバリューの高い作家のものがそろって
いたので「さすが、三井」となりました。

これだけあると、侘び茶って難しくないでしょうか。

No title

こんばんは。
私もさすが三井家!と唸ってきました。
ちょっと品が綺麗すぎて、崩れた伊賀、志野などがあると
浮き立ちました。

Tak様

こんばんは。

本当に。
数寄者たちの会話が聞こえてきそうな
垂涎ものの内容でした。
眼福です。

No title

こんばんは。

「流石、三井殿!!」と
声上げたくなりますよね。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。