スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年6月13日 鑑賞記録

日々頭痛との戦い。ノーシンホワイトって毎日飲んでいても大丈夫何だろうか・・・?
動き回って疲れたので手短に。明日はゆっくりしようと自分に言い聞かせる。

・「富岡重憲の蒐めたもの」 早稲田大学會津八一記念博物館 
・「近世文藝の輝き-早稲田大学所蔵近世貴重書展-」 早稲田大学大隈記念タワー125記念室
この2つの展覧会、特に貴重書展は大変面白かった。後日アップ予定。
よって、この2つで予定外に時間を取り午前中はこれで終わり、昼食も大隈記念タワーでとる。

・「松浦家とオランダ残照」 五島美術館
平戸・オランダ通商400周年記念展。松浦家に伝わる茶道具が良かった。鎖国関連資料はお勉強にはなったが、美術というより歴史研究資料としての価値が高い。

・「魔法のクレパス」 桐蔭学園メモリアルアカデミウム ソフォスホール
日本近代以後のクレパス名品画を100点集めた展覧会。冒頭は熊谷守一で始まっていた。期待してはるばる青葉台まで足を伸ばしたが、何かが不足していた。作品リストも全て揃っていたのに。やはり作品が小品だったから?でもクレパス画が見たくて行ったのだから、それは分かっていた筈。

・「芳年 ≪風俗三十二相≫≪月百姿≫」 後期展 太田記念美術館
芳年の肉筆画、一番最初にあった1枚(牛若丸が背負われていて姿は見えない)素晴らしかった。これで、月百姿すべてを見ることができたが、三十ニ相、それぞれ面白みがあって、芳年の才能の豊さが推し量られる。

ここからはギャラリー。

・窪田美樹 「かげとりと、はれもの」 hpgrp GALLERY
はろるどさんの「おすすめです。」に弱い私は、やはり行かずにはおれず覗いて来た。ちょうど作家さんがギャラリーにいらっしゃってお話を伺うこともできてラッキー。説明を伺わなければ、もっと滞在時間が短くすぐ出てしまったかもしれない。私は「かげとり」より[はれもの」派かなぁ。
窪田さんは、削っていて楽しくなるような家具を選ばれているそうです。

・「ロバート・ハインデル展」 代官山ヒルサイドフォーラム
代官山、全くご縁がないので、ヒルサイドまでの道のりを迷ってしまった。ロバート・ハインデル展は先週、珍しくTV東京の「美の巨人」で紹介されていて気になったので行って来た。ogawamaさんは既にご覧になられていて、そちらの記事も拝見しやはりこの目で見ようと、閉館ぎりぎりセーフ。
予想以上に沢山の作品数が並んでいた。作品リストがあったのかなかったのか、少なくとも受付では渡していただいていない。メモを取る時間もなく、ただ作品を鑑賞するが、それで充分ではないか。
死の前まで、作品と試行錯誤されていた様子がよく分かった。良いなと思った作品も数点ある。歌舞伎や能役者を描いた作品は興味深い。バレエとは全く違うとらえ方をされていた。

・「青木良太展」 TKG代官山
TKG代官山最初で最後の訪問となった。
これはとても良かったので別途、この後すぐ書きます。 

コメントの投稿

非公開コメント

ogawama様

ハインデルの私の印象はアメリカ人らしい~でした。
うまく申し上げられないのですが、うまいんだけど、軽い。
濃厚にビジネスの香がいたしました。
注:決して作品が悪い訳ではないのですが。。。

ハインデル

ハインデル、私としては物足りなかったです。
もっともっとバレリーナを見たかった~。
でもバレエや舞台を愛する熱情にはとても共感しました。

はろるど様

かげとりは、立体を把握するのが苦手な私の脳みそでは
付いていけませんでした。
説明を伺っても、元の形がまるで浮かばない・・・。
はれものは分かりやすかったです。

頭痛は、本日ついに頭痛外来を受診しましたので、治療のめどが付きそうです。

No title

こんにちは。窪田さんはどういうわけか毎度の展示に接しているので、今回も慌ててみてきました。memeさんははれもの派でしたか。私はかげとりの方が好きみたいです。

青木さんの展示、今度こそ見てきます!休みと知らず、一度前の日曜に行ってしまいました。

お体無理なさらないで下さいね。頭痛は色々しつこいので…。(何のアドバイスも出来ずに申し訳ないです。)
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。