スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野村 仁展「コスモ・クロノグラフィー」 日本橋高島屋美術画廊X

日本橋高島屋美術画廊Xで開催中の野村 仁展「コスモ・クロノグラフィー」に行って来た。
今回の展示は太陽や月の運行、銀河の光などをモチーフにした写真作品約15点を展覧している。
nomura


野村作品と言えば、先日、東近美の「ヴィデオを待ちながら」展で映像作品を3点ほど拝見したばかり。それ以前は、豊田市美などで今回の個展同様、天体の写真作品を拝見していた。豊田市美での展覧会名は「宇宙御絵図」だったが、宇宙というイメージに彼の作品はしっくりくる。

それにしても、野村仁の写真は美しい。
撮影の仕方を魚眼レンズを使用したりと工夫が凝らされているが、太陽や月、地平線の動きをここまで芸術的に美化させるのは彼ならではと思う。
自然に撮影して、これほど美しい色が出せるのだろうか?
実際以上に光の色が美しく見える。

写真作品をして物理的な印象を与える。彼の制作意図には何があるのか気になる。

野村仁は現在国立新美術館でも「変化する相-時・場・身体」展を開催中。
今回の個展を拝見して、やはりこの回顧展は外せないと感じた。個人的には、映像より写真作品の方が好きだ。
写真だけではない、多様なメディアを使用した彼の表現を国立新美術館で堪能したいと思う。

*7月6日(月)まで開催中。最終日は午後8時閉場。

コメントの投稿

非公開コメント

はろるど様

こんばんは。
ギャラリーでは、買う買わないは全く別として
必ずプライスチェックします。
すると、別の楽しみ方もできてくるので面白い。
コスパが良いかどうかの判断を勝手に自身でするのも良いですよ。

ところで、今日根津のギャラリーJINに行かれましたよね。
珍しく芳名録にお名前書かれていたので驚きました。
ギャラリーの方になぜ、そうなったかも伺って納得。
どっちが早く記事アップするでしょうね。

No title

こんばんは。先ほど駆け込みで見てきました。
写真だけ並ぶとそれはまた美しくて見事ですね。
プラネタリウムにでも行った気分で楽しみました。

お値段もしかと目に焼き付けて参りました。
勉強になりました…。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。