スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「芳年 - 『風俗三十二相』と『月百姿』」 太田記念美術館

YOSHITOSHI

こちらは、会期が今月26日で終了してしまった展覧会。
待ちに待った「芳年-『風俗三十二相』と『月百姿』」展である。都合、前期・後期併せて計3回見に行った。『風俗三十二相』と『月百姿』の全作品を展示するなど、この先いつあるか分からない貴重かつ稀有な展覧会。

私は血みどろと言われようと芳年ファンである。線が美しい。構図も大胆、デザインセンスがある。
風俗三十二相は過去にも千葉市美だったかで全点拝見したが、月百姿全作品展示が貴重だった。
画像は、「とらさんの美術散歩」様HPで「月百姿一覧表」がとら様コメント付きでまとめられています。

改めて、図録を振り返りつつそれぞれのシリーズでのマイベストを選んでみた。

<風俗三十二相>
「いたさう」
「あつさう」
「くらさう」
次点
「けむさう」
作品としての良さは別として気持ちが伝わってきたのは「かいたさう」。どっちにしようか迷う姿にわが身を重ねる。

<月百姿>
こっちは難関。何せ、100枚もある。私のベスト10。
「大物海上月 弁慶」
「卒塔婆の月」
「悟道の月」
「南海月」
「名月や来て見よがしのひたい際 深見自休」
「源氏夕顔巻」
「たのしみは夕顔だなのゆふ涼男はててら女はふたのして」
「雨中月 児嶋高徳」
「はかなしや波の下にも入ぬべしつきの都の人や見るとて」
「舵楼の月 平清経」

この2シリーズ以外のお楽しみとして、芳年の肉筆画、初期作品、縦大判なども併せて展示されていた。
特に肉筆画の「雪中常盤御前図」は最高。そのまま持ち帰りたいほどだった。
他に「袴垂保輔鬼童丸術競図」、「源牛若丸 熊坂長範」などの武者絵が好みだった。私は芳年作品でも武者絵が一番好み。次に美人、幽霊画が良いと思う。どうしても見たい慶応大学所蔵の幽霊画、三井記念での今年の展覧会に出てこないだろうか。

*本展は終了していますのでご注意ください。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

芳年ー「風俗三十二相」と「月百姿」(後期) @太田記念美術館

 月岡芳年の「月百姿」は、この数年追っかけている。この展覧会の「前期」で99点を見たことになり、完全踏破まであと1点になっていた。自作の「月百姿 一覧表」も完成してリーチ状態である。 その最後の1点《猿楽月》が今日からはじまる「後期」で見られることになった

コメントの投稿

非公開コメント

歯磨き様

はじめまして。
コメントありがとうございます。
「背筋がぞくぞくとするような感動」よく分かります。

私は彼の作品で一番ぞくっとするのは、慶応大学所蔵の「幽霊之図」(肉筆)。
国書刊行会から出版されている「芳年妖怪百景」に掲載されています。
図版も美しいので、ぜひご覧になってみてください。

No title

後期だけ見ることができたので、前期の分はどこかで会えることを期待します。図録見てへらへらと楽しんでます。

芳年は、あるときに背筋が続々として、以来、大ファンになりました。どこかに書いてありましが、今の時代を生きていたらすごい漫画家になれたでしょうにね。

いまはネット時代で、このように有り難い情報が座っていて取得できますが、ネット時代前のアートラバーは情報収拾に苦労されたんでしょうね。

とら様

こんばんは。
ベスト10決まったら、ぜひ教えてくださいね。
とら様セレクション、気になります。

No title

こんにちは
ベストテン!
月百姿ではベストワンは不可能ですが、ベストテンならいけそうです。
じっくりと考えて見ます。
KOの展覧会も楽しみですね。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。