スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「うみのいろ うみのかたち」 ブリヂストン美術館

ぐるっとパスを使用してブリヂストン美術館に行って来ました。
現在同館ではテーマ展示「うみのいろ うみのかたち」と夏にぴったりのテーマ展示を行っています。

前回のテーマ展示マティスの時と同様に、今回も立派なカラー刷りのミニパンフかつ作品リストをいただいて会場入り。

「かたち」「いろ」「モティーフ」「イメージ」の4部構成で「海」というテーマを通し、コレクションの中から30点を選び、その種類と表現方法の多様性を紹介するものです。
展示作品画像はこちらをご覧ください。

<Shapes かたち>
何度か見ている青木繁の≪布良の海≫をさしおき、ぐっときたのは和田三造≪海≫。
波が岩にあたってしぶきをあげている様子が描かれた大作です。
青木のやや穏やかな海とは対照的に、こちらはかなり荒い海。和田三造描く海の色が気になりました。緑の入れ方が、私の好きな海の色に近い。

藤島武二≪淡路島遠望≫1929年、≪ナポリ湾≫1908-1909年、≪潮岬海景≫1931年
藤島作品は3点出ていましたが、遠景の淡路島を描いた作品のみのっぺりと平面的でのんびりした風景を描いています。他の2点は小品ですが、絵の具を厚めに塗った粗いタッチの作品。
私はのっぺり淡路島より、≪ナポリ湾≫が好みでした。

<Colors いろ>
海を描いた色に秀でる作品と言えば、まずはモネ≪黄昏、ヴェネツィア≫1908年頃。
ブリヂストン所蔵品のモネの中では圧倒的にこの作品の色に惹かれます。海の色より、黄昏時の空の虹のような色のグラデーション。

安井曾太郎≪内海上空≫文藝春秋の1954年8月号表紙絵
小品ですが、画面を単純化しているので、一見何が描かれているのか分かりづらい。
よく見ると飛行機の窓から見た瀬戸内海の景色と飛行機の翼だということが分かってきます。
マティスの影響を受けているのでしょうか。

金山平三 ≪港≫ 1945-56年
金山平三は不勉強で初めて知る作家さん。前にも拝見したことがあるかもしれませんが、記憶にない。
モネ、藤島武二と続き、一転してこの金山の≪港≫は写実的な港の風景を俯瞰して描いています。
落ち着いたややグレーがかった配色も他の作品とは一線を画し、とても印象的。
金山作品はまとめて見たくなりました。

ピエール・ボナール≪海岸≫1920年
ボナールはここ1年くらいの間にどんどん好きになってきました。
この≪海岸≫も右端の犬が愛らしく、見ているだけでのんびりとした感じになれる1枚。

<Motifs モティーフ>
古賀春江 ≪海水浴の女≫ 1923年
これはとても見たかった1枚。古賀春江ファンとしては1枚でも多く彼の作品に接したい。ピカソの影響を受けているようで、思わず伝説の≪アヴィニヨンの娘たち≫を思い起こさせる。
キュビスム的な水着姿の女性のとらえ方が特徴的。雲の形にも要注目です。

ポール・シニャック ≪コンカルノー港≫ 1925年
「いろ」のコーナーに入れても良いのではと思うほど、明るい色彩。

藤島武二 ≪港の朝陽≫1943年
昭和天皇の即位を祝うための作品依頼を受けた藤島は日の出をテーマに多くの作品を描きました。
本作もその1枚。今回藤島作品は最後のイメージ以外で全てに出ていたけれど、海をよく描いていたのだろう。

<Images イメージ>
ここでは必ずしも海をテーマとして描いた作品だけを紹介していない。ただ「海」をイメージさせる何かを持っている作品たち。

古賀春江≪涯しなき逃避≫
今回もっとも印象深かった作品。解説によれば本作はドイツ人医師の著書「精神病者の絵画」に掲載された絵をもとにしているそうだ。
画面中央を横切る水平線のような直線と空間を浮遊する生物は古賀自身が追加したモティーフ。
彼のシュルレアリスム的作品。
ポスターになりそうなデザインセンスを感じる。
古賀春江≪感傷の静脈≫1931年も未見作品。これだけ普段見られない古賀作品を見ることができて大満足。

ザオ・ウーキー≪07.06.85≫1985年、≪21.9.50≫1950年
やはり、海を感じさせる抽象絵画と言えばこのザオ・ウーキーの≪07.06.85≫が一番。
何度見ても吸い込まれるような群青色と白と他に様々な色の組み合わせによって大画面を構成。
今回、初期の作品(小さめ)も展示されていて、船を感じさせる模様が描かれているような、こちらも素敵な作品でした。


本展に関連して土曜講座「海を描く画家たち」(全4回)が開催されます。1回あたり2時間(14時~16時)。古賀春江に関する講演「古賀春江と海のイメージー絵画と詩をめぐる考察」が開催されるので、早速チケットを購入(400円)しました。
詳細はこちら

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「うみのいろ うみのかたち」

ブリヂストン美術館で開催中の テーマ展示「うみのいろ うみのかたち-モネ、シスレー、青木繁、藤島武二など」展に行って来ました。 ブリヂストン美術館が誇る内外のコレクションの中から、暑い夏を吹き飛ばせ!!とテーマを「海」に絞り開催されている企画展。...

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
twitter
最近のエントリ
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。